2018年08月05日 阪神甲子園球場

星稜vs藤蔭

第100回全国高等学校野球選手権記念大会 一回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

小関順二が徹底分析 ストップウォッチレポート

数字で藤蔭を圧倒した星稜


 私が計測するストップウォッチでは星稜藤蔭を圧倒した。まず走力を打者走者の各塁到達タイム「一塁到達4.3秒未満、二塁到達8.3秒未満、三塁到達12秒未満」で見ていくと、これらのタイムをクリアしたのは藤蔭の1人1回に対して星稜は3人5回。この走力が3回の勝ち越し機に生きた。

 1対1で迎えた3回裏、星稜は先頭の9番山本 伊織(2年)が四球で歩き、1番の東海林 航介(2年)がバントで送り、このときの一塁到達が3.76秒。1死二塁になって打席に入った2番河井 陽紀が2ボール1ストライクから放った打球は右中間を抜く三塁打打となり、このときの三塁到達が11.76秒。これで2対1とリードし、続く3番内山 壮真(1年)が二塁打を放って1点、さらに5番竹谷 理央(3年)がライト前に弾き返して1点加え、序盤にして4対1とリードした。

 投手は星稜がU-18日本代表候補の奥川 恭伸(2年)に対して、藤蔭は大分大会でベンチ入りすらしていなかった吉村紘宇(3年)を先発に立てた。吉村は1回裏、2つの四球をきっかけに併殺崩れで先取点を許し、3回に3点を許したのも先頭打者の四球がきっかけだった。187センチの長身から投げ下ろす最速139キロのストレートは数字以上の威力があったがコントロールが不安定で、さらに外角一辺倒のピッチングでは打者の踏み込みも許してしまう。3回の1死二塁の場面で2番手の市川晃大にマウンドを譲り、その市川に対しても星稜打線は7安打を絡めて5点を奪い、勝敗を決した。

 投手陣に目を向けると、先発の奥川は8回を投げ、4失点されながらストレートの最速が150キロ、最終回の1イニングだけ投げた寺西 成騎(1年)は186センチの長身を生かした力の投球で最速が143キロを計測した。速ければそれでよしということではないが、スピードは変化球を生かす第一要素でもある。

 速いストレートに狙いを定めた藤蔭打線は奥川のストレートをよく捉えた。2回表には5番打者が140キロのストレートを捉えたところからチャンスを作り、8回には2死二塁の場面から4番奥園 颯(3年)が148キロのストレートをセンター右に弾き返して1点返している。右打者が横変化のスライダーを追いかけなければもう少し拮抗した戦いになっていたと思う。

 最後のストップウォッチの要素とは捕手の二塁送球である。星稜山瀬 慎之助(2年)は奥川のクイックタイムが1.2~1.3秒と遅いこともあり、3つの二盗を許しているがイニング間の二塁送球で1.8秒台が3本あり、2回に二盗を阻止したときには1.97秒という矢のような鋭い送球だった。これらのタイムはもちろん超高校級と言っていい。

 さて、ここまで名前を挙げた星稜の選手の多くが下級生だったことに気づかれただろうか。投手の奥川が2年、寺西が1年、捕手の山瀬が2年、二塁手の山本2年、遊撃手の内山が1年と、センターラインが見事に下級生で形成されているのだ。

 石川大会で5本のホームランを放った南保 良太郎、4本のホームランを放った竹谷、さらに打率5割の鯰田 啓介という3年生も注目されているが、今年の星稜はあくまでも主力が1、2年生の下級生たちである。ちょっと気が早いが、来年甲子園大会に出場すれば、優勝候補の一角に名前が挙げられるだろう。

(記事=小関 順二

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
決勝戦は15回では決着がつかずに再試合へ!【秋季北信越大会・22日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
星稜vs啓新【2018年秋の大会 第139回北信越地区高等学校野球大会】
星稜・啓新が決勝進出!準決勝2試合を徹底レポート!【秋季北信越大会】 【ニュース - 高校野球関連】
星稜vs東海大諏訪【2018年秋の大会 第139回北信越地区高等学校野球大会】
星稜vs松本第一【2018年秋の大会 第139回北信越地区高等学校野球大会】
第752回 来年、日本のエースになるために。修行に臨む金沢の怪腕・奥川恭伸(星稜) 【2018年インタビュー】
第762回 侍ジャパンU18代表 投手陣考察 「吉田輝星に負担をかけない構成を考える」【大会展望・総括コラム】
第40回 藤蔭高等学校(大分)【28年ぶり2回目出場】【第100回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
済美vs星稜【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第28回 星稜高等学校(石川)【2年ぶり19回目出場】【第100回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第753回 【8日目見所】星稜vs済美、浦和学院vs仙台育英など名門同士の対決に注目!【大会展望・総括コラム】
第741回 ミレニアム世代の有力野手が一挙集結!大会を沸かせるバッターたち【大会展望・総括コラム】
星稜vs金沢学院【石川県 2018年夏の大会 第100回記念 石川大会】
第660回 奥川 恭伸(星稜)「全国・世界の頂への第一歩」 【2018年インタビュー】
第456回 森山 恵佑選手(星稜-専修大)「理想の打撃実現は、無駄な力を抜くことから」・後編 【2016年インタビュー】
第455回 森山 恵佑選手(星稜-専修大)「野手ではなく、投手としてプロ注目だった高校時代」・前編 【2016年インタビュー】
第15回 甲子園総括コラム~意図がある前進守備~ 【2014年選手権大会】
星稜 【高校別データ】
藤蔭 【高校別データ】
第100回全国高等学校野球選手権記念大会 【大会別データ】

応援メッセージ (4)

星稜   2018.08.05
頑張れ
星稜星稜頑張れ!くらら 2018.08.05
奥川投手、ナイスピッチング期待してます。
藤蔭開幕戦!なると 2018.08.05
狙っても中々引けないトコ。とにかく悔いのないいい試合を…
星稜頑張ってくれ!!臼杵動物園のゴリラ 2018.08.04
遠い地の果て大分から応援してます。星稜に優勝してもらわないと困る!
臼杵パワーー!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る