2018年06月03日 西京スタジアム

下関国際vs宇部鴻城

2018年春の大会 第130回 春季中国地区高等学校野球大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

1年生・関山が決勝打! 下関国際が昨秋に続き、2季連続の中国大会決勝進出



吉村英也(下関国際)

 準決勝第2試合は、今春のセンバツに出場し、今大会も優勝候補の一角に挙げられている下関国際と、昨秋県8強、今春は3位に食い込む活躍を見せ、春は2年連続となる春季中国大会出場を果たした宇部鴻城(山口3位)の対戦。両校は、春季山口大会の準決勝でも対戦し、その時は下関国際が6-4で勝利。夏に向けても重要な意味を持つ再戦が、中国大会準決勝で実現することとなった。

  

 先攻・宇部鴻城、後攻・下関国際。先発は、宇部鴻城が背番号10の左腕・油川貴都、下関国際が背番号9の吉村 英也

  

 1回表、宇部鴻城打線が吉村 英也の立ち上がりを攻める。1番立石 佳紀、2番・古川胤志の連打を起点に、2点を先制。

  

 追う下関国際は、直後の1回裏一死後、2番・木村 大輝が右前打で出塁し、すかさず二盗成功。二死後、4番・鶴田 克樹、5番・吉村 英也の連続四死球で満塁とした後、6番・濵松晴天の放った打球が守備の乱れを誘い、その間に二者生還。すぐさま試合を振り出しに戻す。

  

 立ち上がりに失点を許した両投手だったが、2回はともに三者凡退。3回は1安打ずつ浴びたものの、後続を打ち取り、徐々に落ち着きを見せていく。

  

 5回まで両投手がスコアボードに0を刻み、2-2の同点のまま、試合は後半へ。

 

【次のページ】 下関国際vs宇部鴻城(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
下関国際が9回に逆転勝ち!初のベスト16を決めた大会11日目の4試合を徹底レポート【選手権大会】 【ニュース - 高校野球関連】
日大三vs奈良大附【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
下関国際vs創志学園【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
下関国際が9回に逆転で創志学園を下す!【甲子園 二回戦】 【ニュース - 高校野球関連】
第756回 【11日目見所】 ベスト16入りを決める4校は?創志学園vs下関国際など実力校同士の対決に注目【大会展望・総括コラム】
下関国際vs花巻東【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第750回 【5日目見所】横浜が登場!一番の注目は創成館vs創志学園の好投手対決!!【大会展望・総括コラム】
第744回 記念大会は3学年で実力派が集結!甲子園を沸かせる剛腕たち(投手編)【大会展望・総括コラム】
第708回 3度目の正直で優勝旗を掴んだ広島新庄!春季中国大会を振り返る【大会展望・総括コラム】
第81回 決勝進出校が、都合8度という山口県のしぶとさ【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
広島新庄vs下関国際【2018年春の大会 第130回 春季中国地区高等学校野球大会】
宇部鴻城vs石見智翠館【2018年春の大会 第130回 春季中国地区高等学校野球大会】
第534回 宇部鴻城 嶋谷 将平選手「高い吸収意欲と悔しさを糧に」 【2017年インタビュー】
第458回 神宮をどよめかせた天才ショートストップ!嶋谷将平の華麗なる守備の秘密 【2016年インタビュー】
宇部鴻城 【高校別データ】
下関国際 【高校別データ】
第130回 春季中国地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る