2018年06月03日 西京スタジアム

下関国際vs宇部鴻城

2018年春の大会 第130回 春季中国地区高等学校野球大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

1年生・関山が決勝打! 下関国際が昨秋に続き、2季連続の中国大会決勝進出



吉村英也(下関国際)

 準決勝第2試合は、今春のセンバツに出場し、今大会も優勝候補の一角に挙げられている下関国際と、昨秋県8強、今春は3位に食い込む活躍を見せ、春は2年連続となる春季中国大会出場を果たした宇部鴻城(山口3位)の対戦。両校は、春季山口大会の準決勝でも対戦し、その時は下関国際が6-4で勝利。夏に向けても重要な意味を持つ再戦が、中国大会準決勝で実現することとなった。

  

 先攻・宇部鴻城、後攻・下関国際。先発は、宇部鴻城が背番号10の左腕・油川貴都、下関国際が背番号9の吉村 英也

  

 1回表、宇部鴻城打線が吉村 英也の立ち上がりを攻める。1番立石 佳紀、2番・古川胤志の連打を起点に、2点を先制。

  

 追う下関国際は、直後の1回裏一死後、2番・木村 大輝が右前打で出塁し、すかさず二盗成功。二死後、4番・鶴田 克樹、5番・吉村 英也の連続四死球で満塁とした後、6番・浜松 晴天の放った打球が守備の乱れを誘い、その間に二者生還。すぐさま試合を振り出しに戻す。

  

 立ち上がりに失点を許した両投手だったが、2回はともに三者凡退。3回は1安打ずつ浴びたものの、後続を打ち取り、徐々に落ち着きを見せていく。

  

 5回まで両投手がスコアボードに0を刻み、2-2の同点のまま、試合は後半へ。

 

【次のページ】 下関国際vs宇部鴻城(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
3年連続優勝か?それとも3季連続優勝か?実力校がひしめく山口大会を分析! 【ニュース - 高校野球関連】
第931回 下関国際の3連覇か?高川学園の3季連続優勝か?宇部鴻城など実力校も上位進出を狙う!【山口大会展望】【大会展望・総括コラム】
新チーム結成時からの目標はただ一つ「甲子園で勝つ!」岩国商業(山口)の冬の取り組みに迫る! 【ニュース - コラム】
第50回 岩国商業(山口)強豪を破り中国大会出場を決めたチームが見せる「本気の声掛け!」【冬が僕らを強くする2019】
第820回 動画で振り返るミレニアム世代のトップランナー!根尾昂(大阪桐蔭)が見せた圧倒的身体能力とひりつくような熱気【大会展望・総括コラム】
第189回 2018年高校生でドラフト指名から惜しくも漏れた選手たち【ドラフト特集コラム】
大阪桐蔭vs下関国際【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
第759回 【準決勝展望】日大三vs金足農、済美vs大阪桐蔭 激戦が予想される2試合のポイントは?【大会展望・総括コラム】
日大三vs下関国際【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
下関国際vs木更津総合【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
報徳学園vs愛工大名電【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
日大三vs奈良大附【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第534回 宇部鴻城 嶋谷 将平選手「高い吸収意欲と悔しさを糧に」 【2017年インタビュー】
第458回 神宮をどよめかせた天才ショートストップ!嶋谷将平の華麗なる守備の秘密 【2016年インタビュー】
宇部鴻城 【高校別データ】
下関国際 【高校別データ】
第130回 春季中国地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る