2018年05月20日 千葉県野球場

横浜vs明秀学園日立

2018年春の大会 第70回春季関東大会 二回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

横浜、完封目前から内海の逆転2ラン!好投手・細川を攻略し、意義ある1勝



好投を見せる細川拓哉(明秀日立)

 選抜2勝の明秀学園日立(茨城2位)と、横浜(神奈川1位)。ともにタレント揃いのチームということもあり、千葉県野球場の内野席はほぼ満員。試合は横浜板川 佳矢(3年)、明秀学園日立細川 拓哉(3年)と両エース同士の投げあいとなった。

 細川は選抜を経験して安定感がだいぶ増した。テークバックを大きく取ってから投げ込むストレートは常時138キロ~142キロを計測。1イニングに10球前後は140キロ台を計測しており、速球の威力は本物だ。速球だけでなく、コントロールも安定。外角球へのコマンド能力が非常に高く、県大会で強打を発揮してきた横浜打線はなかなか捉えることができない。

 変化球の切れ味も鋭く、125キロ前後のスライダー、フォークも低めに決まっていく。細川は左打者のひざ元にフォークを投げられるのも大きな強み。ピッチングにスキがなかった。

 先制したのは明秀学園日立。3回裏、7番細川がストレートを捉え、レフトが一歩も動けない場外本塁打を放ち、1点を先制。

 だが板川も細川に本塁打を打たれた以外はほぼ完ぺきなピッチング。4月と比べて気温も上がった影響か、体全体の動き、腕の振りが素晴らしく、常時135キロ(最速140キロ)前後でも球速表示以上に勢いを感じさせ、両サイドへ厳しく決まっていく。120キロ前後のスライダーも低めに集まり、テンポも速く、考える暇を与えない。強打の明秀学園日立打線は沈黙し、細川の本塁打以降、なかなか安打が出ない。6回裏、1番明秀日立増田陸の場面で自己最速の140キロを計測。ついに板川も140キロの大台に達したのである。

 横浜は走者を出すものの、細川の粘り強い投球の前にあと1本が出なかった。試合は1対0と明秀学園日立がリードのまま9回表を迎えた。

【次のページ】 横浜vs明秀学園日立(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
スポニチ大会で登場なるか?出場チームから6人の高卒選手が! 【ニュース - 高校野球関連】
ドラフト候補と騒がれた横浜出身のルーキー2名の活躍に注目 【ニュース - 高校野球関連】
第1029回 高卒プロ入り7名は過去5年と比較しても最多。2020年の神奈川高校野球は人材面では大豊作だった【大会展望・総括コラム】
第156回 2018年U-15代表の現在地。期待通りに成長した剛腕や予想以上の成長を見せた技巧派サイドなど多種多様!【高校野球コラム】
横浜隼人vs加藤学園vs国士舘【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
横浜隼人vs東京実vs滑川総合【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
第150回 「打撃だけなら歴代No.1」佐倉シニア時代の恩師が語る横浜・度会隆輝【高校野球コラム】
東海大相模vs横浜【神奈川県 2020年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第137回 福原、畔柳、藤森…2018年U-15代表のコーチが語る逸材たちの素顔【東日本編】【高校野球コラム】
東海大相模vs相洋【神奈川県 2020年夏の大会 令和2年度神奈川高等学校野球大会】
星槎国際湘南vs相洋【神奈川県 2020年夏の大会 令和2年度神奈川高等学校野球大会】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第1057回 高校時代は藤平・石川に隠れる存在だった北山比呂(日本体育大学)はいかにしてプロ注目右腕になったのか? 【2019年インタビュー】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第996回 「もう一度甲子園に」偉大な先輩の背中を見て学んできた韮澤雄也(花咲徳栄)【前編】 【2019年インタビュー】
第917回 村田賢一(春日部共栄) 大活躍の源は『鋭い観察力』と『強敵と戦うワクワク感』【後編】 【2019年インタビュー】
第882回 目指すは「取手の山岡泰輔」 リベンジ実現し、5年ぶりの甲子園へ 中山航(藤代)【後編】 【2019年インタビュー】
明秀学園日立 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
第70回 春季関東地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る