木更津総合打線、国士舘自慢の左3枚看板を攻略!7回コールド勝ち!



先頭打者本塁打を打った東智弥(木更津総合)

 木更津総合(千葉1位)vs国士舘(東京2位)の一戦。木更津総合は県大会で多くの好投手を攻略し、勝ち上がってきた。国士舘石井 崚太(3年)、井田 尚吾(3年)、草薙 柊太(3年)の左3枚看板がウリである。県大会を見ても左投手の対戦経験はほとんどないが、勢いに乗った木更津総合打線に投手の左右は関係なかった。

 1回表、1番東 智弥(3年)が国士舘の先発・石井の出鼻をくじくレフトへ先頭打者本塁打を放ち、1点を先制。さらに二死二塁から5番野尻 幸輝(3年)がレフトへ適時打を放ち、2点目を挙げる。

 1回裏、国士舘は先発の野尻から一死二、三塁のチャンスを作り、4番門間 大樹(3年)の遊ゴロで1点を返す。

 石井は左スリークォーターから常時130キロ中盤のストレートと125キロ前後のスライダーを低めに集める投球で2、3回を0に抑え、4回表も野尻を空振り三振に打ち取るなど立ち直りの兆しが見えた。

 だがここから木更津総合は6番太田 翔梧(3年)、7番大久保 貴揮(3年)の連打でチャンスを作り、8番小池も良い当たりの中飛で二死一、三塁。ここで9番大曽根 哲平(3年)が高めの直球をとらえレフトスタンド最前列に落ちる3ランで5対1と突き放す。この本塁打で大曽根とナインが大喜びを見せた。

 先発の野尻は初回に1点を失ったが、2回以降は立ち直った。野尻はテークバックが小さく、体の捻りも小さく、すぐに打者へ正対する「野手投げ」だが、余計な力みが入っていないのが野尻の良いところ。テンポが非常に速く、コントロールも安定しているので、守っている側からすれば守りやすい。これはずっと三塁を守っていて内野手の心理が分かっているからこそできる投球だろう。

 135キロ前後のストレート、120キロ前後のスライダー、チェンジアップを低めに集めるピッチングで、5回まで1失点に抑える投球を見せた。