2018年05月18日 小牧市総合運動場野球場

いなべ総合vs中京学院大中京

2018年春の大会 第65回春季東海地区高等学校野球大会 一回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

「野球にはシナリオがある」いなべ総合が筋書き通りのサヨナラ勝ち



サインと攻め方の確認をするいなべ総合バッテリー
    

 試合後、開口一番いなべ総合の尾崎英也監督は、「大変な試合でした、疲れたね。でも、そうなるかなと思ったらその通りの展開になりました」と、サヨナラ勝ちの試合を振り返った。

  

 初回の攻防は中京学院大中京は2安打したものの、木戸投手を攻めきれず無得点。その裏いなべ総合は、一死から四球の梶君を一塁に置いて3番梨本君が中越二塁打して一塁走者が帰って先制点が入る。比較的あっさりと1点が入ったという印象だったのだが、これが試合の進行とともに、ことのほか重くなっていく。

  

 いなべ総合は木戸君、中京学院大中京は2年生の不後君と、タイプは異なるが両左腕がお互いの持ち味を出しながらの投手戦という展開となっていった。不後君は体幹もしっかりしているという感じで力強さがある。木戸君は切れ味のよさと制球力があり、投球度胸もよく見た目以上に三振の奪える投手でもある。

  

 そんな二人の投げ合いは7回まで0が並んでいく展開となった。その間に中京学院大中京は5回に6番片山君とった。林君の連続安打で無死一二塁、バントで進めて一死二三塁という逆転気があったが、このピンチで木戸君は踏ん張って連続三振で切り抜ける。ここが、一つのポイントにもなるところでもあった。

 

 もしかしてこのまま“スミ1”で行ってしまうのではないかとさえ思える展開だったが、いなべ総合は8回、9番の渡邊颯斗君の中前打とバントと四球、梨本君の中前打で一死満塁とする。ここで不後君はやや力んだか、押し出しで2点目が入った。8回の裏でもあり、この1点止まりではあったが、試合展開としても大きな得点だったかなという感じもした。しかし、いなべ総合の尾崎英也監督はベンチで、そうは思っていなかったという。「あのチャンスで1点止まりやったから、このまますんなりと行くとは思えなかった。ランナー一塁でボール3になった時に、何かちょっと嫌な気がしたんやけれども、それが当たって同点2ラン、そういうもんだなと思った」と、9回に一死一塁で中京学院大中京の7番林君の同点2ランが飛び出したシーンを振り返った。

 

 しかしその裏、いなべ総合は失策の走者をバントで進め、二死二塁からここまで無安打だった一番の森君が遊撃手の頭上を破るタイムリー打で二塁走者が帰ってサヨナラ勝ちとなった。

 

 終盤はもつれたものの、結局1点差でクロスゲームをものにしたいなべ総合。尾崎監督は、「投手がよく投げた、木戸が県大会から成長したところを見せてくれましたが、いろいろあった試合でした。1点の怖さも改めて知ったし、粘り強いというところも見せられたし、得るところは多かった」と、最終的には追いつかれながらもサヨナラ勝ちが出来たということで、「簡単には逃げ切れないようになっている」というストーリー通りになったことを感じていたという。

 

 そして、「野球は筋書きのないドラマというけれども、実はシナリオはあるんですよ。野球は神様が仕組んでいますから、その神様に気に入られるようにしていかないといかんのです。そのためには、個々の力は劣っていても、この力を集結していけば何とかなる。そのためには、ウチのようなところは“THE 高校野球”と言われるような試合をやっていかないといかんのです」と、チーム力としての勝利を強調していた。

 

 一方、中京学院大中京の橋本哲也監督は、「相手投手にきっちりと投げられた。配球が上手い投手と聞いていたので、センター中心にしっかりとはじき返していくように指示をしたのだけれども徹底しきれなかった」と、木戸君を攻略しきれなかったことを悔いていた。

 

(取材・写真=手束 仁

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
阪神の未来の正捕手候補・藤田健斗(中京学院大中京出身)がファームで奮闘中 【ニュース - 高校野球関連】
8回に逆転満塁弾!岐阜県・三重県高等学校野球交流試合は大垣日大が制す 【ニュース - 高校野球関連】
第1219回 いなべ総合の環境が最適だった。最速146キロ右腕・伊東邑航の最大の武器は「強い向上心」と「ゲームメイク能力」 【2020年インタビュー】
第1219回 山田哲人の打撃フォームを模倣して本塁打量産。三重県屈指の大型捕手・田所宗大(いなべ総合)の決意【後編】 【2020年インタビュー】
第1218回 控え選手中心の中学時代からプロ注目の大型捕手へ。田所宗大(いなべ総合)の着実な成長ステップ【前編】 【2020年インタビュー】
第114回 広まる独自大会開催の動き いなべ総合・尾崎監督は提案とボトムアップの重要性を語る【高校野球コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第1006回 県立岐阜商を打ち破るのはどの学校?ベスト4入り3校がいる西濃地区など各地区で激戦模様!【春季岐阜県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第4回 岐阜聖徳学園(岐阜) 「名物練習はロッキー!県立岐阜商を倒して県8強以上、そして甲子園へ!」【冬が僕らを強くする2020】
第4回 ミスター完全試合・槙原寛己が振り返る金村義明との対決。報徳は怖そうな奴がいっぱいいた【中編】【甲子園のヒーローに会いに行く】
第1073回 岐阜を代表する二刀流・元 謙太(中京学院大中京)。来季は同世代の投手に負けないピッチングを目指す! 【2019年インタビュー】
第1045回 アイツは真ん中に構えるだけでいい。剛腕・赤塚健利の持ち味を引き出した藤田健斗の操縦術【後編】 【2019年インタビュー】
履正社vs中京学院大中京【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
中京学院大中京vs八戸学院光星【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
星稜vs中京学院大中京【第101回全国高等学校野球選手権大会】
中京学院大中京vs作新学院【第101回全国高等学校野球選手権大会】
中京学院大中京vs東海大相模【第101回全国高等学校野球選手権大会】
いなべ総合 【高校別データ】
中京学院大中京 【高校別データ】
第65回 春季東海地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る