2018年05月04日 高知県立春野運動公園野球場

大手前高松vs明徳義塾

2018年春の大会 第71回春季四国地区高等学校野球大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

明徳義塾、いまだ癒えぬ「センバツショック」



明徳義塾の4季連続優勝を防いだ大手前高松選手たちがハイタッチ

 まず、明徳義塾の4季連続四国大会制覇を止め、初の四国大会決勝進出を決めた大手前高松について触れたい。

 この試合で目立ったのは10人全員が出塁した攻撃面の集中力。特に4回表二死一・二塁から「1・2打席目は左脇が空いていたので、ヘッドを抜いて上からしばくイメージで打った」3番・内田 峻太(3年・中堅手・右投右打・177センチ76キロ・高松市立国分寺中出身)による左翼ポール際への高校通算10号逆転3ランは、洞察と右手を最後に押し込んだ技術力も含め称賛に値するものであった。

 また、2番手で3回から7イニングをロングリリーフした中村 公俊(3年・右投右打・174センチ75キロ・高松市立木太中出身)も公式戦最速の139キロストレートをうまく見せ球にし、スライダー・チェンジアップを決め球とする配球で明徳義塾打線を散発7安打、無失点に封じた。

 逆に翻ればこの試合において、明徳義塾は「四国王者」らしい風格をほとんど見せられなかったということ。中でも四国大会代表順位決定戦・高知商戦で先発の林田 大成(2年・左投左打・174センチ62キロ・福知山市立日新中<京都>出身)は先発4回6安打5失点。センバツ後に外野手から投手復帰した服部 遼馬(2年・左投左打・173センチ65キロ・明徳義塾中出身)も2回を投げ1失点と流れを作れず。「ボールのキレもないし、オドオドしている」。試合直後はベンチ内で久々に超大型の雷を落とした馬淵 史郎監督も、この2人について語る時は怒りを通り越し、やや悲し気な表情を浮かべていた。

 「市川頼み」。振り返ればこれもセンバツ前から明徳義塾が抱えていた問題である。市川の調子次第、グラウンド上にいるいない次第で試合内容が大きく変化する「センバツショック」を克服しない限り、彼らの夏は甲子園での上位進出はおろか、高知大会9制覇すらおぼつかないと言わざるを得ない。

(取材・写真=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
秋春夏とすべて優勝チームが異なった昨シーズン!混戦・香川を制するのは? 【ニュース - コラム】
第791回 「混戦・香川」を制するのは誰だ!【大会展望・総括コラム】
「4強」を打ち崩すのはどのチームか?!秋季高知県大会2回戦以降の展望! 【ニュース - コラム】
第789回 高知「4強」を超越するため、立ち向かう「挑戦者たち」【大会展望・総括コラム】
第13回 明徳義塾・市川 悠太「侍ジャパンU-18代表」で学んだこと【四国発】
第756回 復活傾向の市川悠太(明徳義塾)自身の野球人生をかけ、強気勝負で駆け上がる 【2018年インタビュー】
第771回 2017~2018シーズン高校野球振り返り(徳島・高知編) 「復活への胎動」徳島県、「戦国時代、序章へ」高知県【大会展望・総括コラム】
第762回 侍ジャパンU18代表 投手陣考察 「吉田輝星に負担をかけない構成を考える」【大会展望・総括コラム】
高知商vs明徳義塾【高知県 2018年夏の大会 第100回選手権高知大会】
明徳義塾vs高知中央【高知県 2018年夏の大会 第100回選手権高知大会】
大阪桐蔭vs大手前高松【2018年 練習試合(交流試合)・春】
大手前高松vs聖カタリナ学園【2018年春の大会 第71回春季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs松山聖陵【2018年春の大会 第71回春季四国地区高等学校野球大会】
第636回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)目指すは春夏連覇と「ドラフト1位」【後編】 【2018年インタビュー】
第635回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)手探りの先に見えた「市川スタイル」【中編】 【2017年インタビュー】
第637回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)マウンドに上がれなかったセンバツを糧に【前編】 【2018年インタビュー】
第623回 西浦 颯大(明徳義塾ーオリックス) 「原点に返り「00」から始めるプロ野球選手の道」 【2017年インタビュー】
大手前高松 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】
平成30年度(第71回)春季四国地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る