2018年05月03日 高知市営球場(高知市総合運動場 野球場)

明徳義塾vs松山聖陵

2018年春の大会 第71回春季四国地区高等学校野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

不完全燃焼な「ドラフト候補対決」



高校通算31号の3ランを放った谷合 悠斗(明徳義塾)

 この試合、高知市営球場のネット裏スタンドにはNPBの担当スカウトが詰め掛けていた。その数実には全12球団13名。お目当てはもちろん、明徳義塾の最速146キロ右サイド・市川 悠太(3年・右投右打・184センチ74キロ・高知市立潮江中出身)と松山聖陵の最速147キロ右腕・土居 豪人(3年・右投右打・191センチ80キロ・宇和島市立城東中出身)との「ドラフト候補対決」である。

 しかし……。あえて厳しいことを記せば、両者の投球内容はそんなスカウト陣の目を満足させるには程遠いものだった。市川は結果的には最速144キロを出し7回完投したものの、サイドハンドにおいて必須事項のリリース時における手首の立ち方や、左手グラブ抱え込みにもアバウトさが目立ち6四死球4失点。特に風に翻弄された初回はともかく、先頭打者の6番・眞榮城 隆広(3年主将・遊撃手・右投左打・172センチ68キロ・那覇ボーイズ<沖縄>出身)に甘いストレートを右中間三塁打され、二死後に9番・土居に右前へ落とされた6回表の4失点目は「軽率」のそしりを免れないものであった。

 対して、左腕・前里 祐(3年・左投左打・171センチ74キロ・浦添ボーイズ<沖縄>出身)、根本 大蓮(2年・右投右打・188センチ松山市立港南中出身)に続き3回裏途中から登板した松山星稜・土居も然り。成長痛などもあり、センバツ後の練習試合登板が1試合のみ(4月22日・智辯和歌山<和歌山>戦・6回1失点)だったエスケープゴードはあるにせよ、ストレートは最速141キロ止まり。2度の登板で3回3分の2・計65球を投げて3安打3四死球3奪三振1失点の内容以上に、球威のあるボールが10球程度しかなかったことは、残念至極という他ない。

 試合は1回裏に4番・谷合 悠斗(3年主将・左翼手・右投右打・179センチ93キロ・岡山メッツヤング<岡山>出身)の高校通算31号となる中越同点3ランを契機に、9安打13四死球で11得点を奪った明徳義塾の快勝に終わったものの、夏の愛媛大会第1シードが決定している松山聖陵、同じく高知大会第1シードが確定している明徳義塾にとって、この時期におけるエースの状態は勝敗以上に気になる材料。2人には夏の代表権を獲り、甲子園で勝ち星を重ねる意識の中でぜひ「次の進路」を選択できる結果を残してほしい。

(取材・写真=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
秋季リーグ戦優勝!好投手・黒河竜史、無名のアスリートプレーヤー・柳本康希ら拓殖大に入学する期待の21名一覧! 【ニュース - 高校野球関連】
毎年ドラフト指名を受けるNOMOジャパン経験者。ドラフト上位者は50パーセント以上!! 【ニュース - 高校野球関連】
第987回 明治神宮大会に出場した野手はやはりタレント揃い!来春の進化が楽しみな逸材を徹底紹介! 【神宮大会総括】【大会展望・総括コラム】
第986回 高橋宏、下ら令和最初の神宮大会で輝いた好投手たち【明治神宮大会】【大会展望・総括コラム】
中京大中京vs明徳義塾【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
第985回 第50回記念 神宮大会を沸かせる16名の逸材打者たち!【明治神宮大会】【大会展望・総括コラム】
明徳義塾vs星稜【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
第8回 明徳義塾高等学校(高知・四国地区代表)「史上初の3位校から四国制覇!反発力で一戦必勝へ」【第50回記念 明治神宮野球大会 チーム紹介】
第985回 【明治神宮大会】今年の明治神宮大会は打高投低?それでもポテンシャル、評価は高い14人の投手たち【大会展望・総括コラム】
明徳義塾vs尽誠学園【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs高知中央【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs徳島北【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
第911回 ユーティリティプレーヤーとしてNPBへ 岸潤一郎(徳島インディゴソックス) 【2019年インタビュー】
第786回 挫折と学習繰り返し「プロで長くできる」右のスリークォーターへ 市川 悠太(明徳義塾) 【2018年インタビュー】
第756回 復活傾向の市川悠太(明徳義塾)自身の野球人生をかけ、強気勝負で駆け上がる 【2018年インタビュー】
第636回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)目指すは春夏連覇と「ドラフト1位」【後編】 【2018年インタビュー】
松山聖陵 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】
平成30年度(第71回)春季四国地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る