2018年04月23日 久留米市野球場

明豊vs伊万里

2018年春の大会 第142回九州地区高等学校野球大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

明豊、逆転サヨナラ!2試合連続の1点差勝利でベスト4!



力投を見せる山口(伊万里)

 1回戦聖心ウルスラの好投手・戸郷 翔征(3年)を攻略した明豊と、同じく1回戦で東筑紫学園を10対3で破り、準々決勝に進出した伊万里(選抜推薦・佐賀)との対決。

 明豊はスラッガー・浜田 太貴(3年)を中心に打力が高い選手を揃え、投手陣も多くの投手が130キロ以上を投げ込む。伊万里のエース・山口 修司(3年)と比べれば平均球速は10キロ以上速い。能力値だけ見れば、明豊が有利と考える方は多いだろう。だが、明豊の川崎 絢平監督は苦戦すると予想していた。
 「今年のチームに限って言えば、経験値の高さは選抜を経験している伊万里さんが上です。甲子園の経験は大きなもの。だから試合は苦戦するよ。絶対に接戦になるよということは選手たちに伝えていました」と伊万里の経験値の高さを警戒していた。そして試合は川崎監督の予想通りの展開となった。

 まず先制したのは明豊。1回裏、一死二塁から3番浜田 太貴(3年)が左前適時打を放ち、1点を先制。さらに4回裏、一死二、三塁から7番若杉 雅己(3年)の右犠飛で1点を追加し、6回裏にも、一死一、三塁から代打・薮田 源(2年)の中犠飛で1点を入れ、3対0とリードしていた。

 だが伊万里も粘る。先発・山口 修司(3年)は、ストレートは120キロ前後と決して速くないが、コーナーへの投げ分けに加え、90キロのカーブが有効で明豊の打者はタイミングが合わず凡打を繰り返し、明豊らしい快音が聞かれない。リードする梶山 勇人(3年)も「120キロ台ですが、ボール自体は走っていましたし、変化球もうまく使えていたので、攻めやすかったです。また抑えていくうちに、打ち気にはやっている様子が見えるので、ボール球もうまく使って抑えることができました」と意図通りの攻めができたことを明かした。

 守備陣も山口を盛り立てる。内野手は鋭い打球に対しても冷静に処理し、外野手もフライにしっかりと対応して、余計な点を与えさせない。落ち着いた試合運びは選抜の経験をうまく生かしているといえるだろう。

【次のページ】 明豊vs伊万里(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
ベスト4出揃う!筑陽学園などが勝利!【秋季九州大会】 【ニュース - 高校野球関連】
九州大会2日目!興南、神村学園などが1回戦を突破!【秋季九州大会】 【ニュース - 高校野球関連】
第183回 今年は内野手豊作年!ポジション別に指名候補を紹介!【高校生野手編】【ドラフト特集】
第28回 山川穂高が沖縄で怪物の片りんを見せていた時代、甲子園には菊池雄星がいた【高校野球ヒストリー】
第175回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.19 濱田太貴(明豊)「九州ナンバーワンスラッガー 不完全燃焼で夏を終える」【ドラフト特集】
第170回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.14「戸郷翔征、田中法彦」【ドラフト特集】
第91回 柳ヶ浦、明豊などが台頭して新時代到来となり大分商など古豪は…【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
明豊vs常総学院【2018年 練習試合(交流試合)・春】
明豊vs霞ヶ浦【2018年 練習試合(交流試合)・春】
第688回 濱田 太貴(明豊) 「相手投手に投げる球がない打者と思わせたい」 【2018年インタビュー】
明豊vs聖心ウルスラ【2018年春の大会 第142回九州地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs伊万里【第90回記念選抜高等学校野球大会】
第649回 濱田 太貴(明豊)ミレニアム年代の主砲が語る「理詰めの長打論」 【2018年インタビュー】
盛岡大附vs明豊【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
第178回 福岡ソフトバンクホークス 今宮 健太選手  【2014年インタビュー】
伊万里 【高校別データ】
明豊 【高校別データ】
第142回 九州地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る