明豊打線、145キロ右腕・戸郷を終盤に攻略し、ベスト8へ!



143キロを計測した戸郷翔征(聖心ウルスラ)

 春季九州大会2日目。小郡市野球場では大分県の春王者・明豊と宮崎県の春王者・聖心ウルスラが激突。高校通算36本塁打を放っている濱田 太貴(3年)を中心に巧打者が揃う明豊打線と、プロ注目の聖心ウルスラエース・戸郷 翔征(3年)の対決に注目が集まった。

 この試合、明豊は戸郷攻略へ球数を投げさせる作戦に出た。明豊の川崎 絢平監督にゲームプランと作戦の意図を聞いてみよう。
「うちは後半勝負で、ロースコアで競り勝つことを考えていました。相手の戸郷君は本当に良い投手。特にスライダーは大分県内ではお目にかかれないものがあり、低めのスライダーに対しては『振るな』と指示しても、振ってしまうほどの切れがあります。ただ投球フォームを見るとスタミナが落ちやすい投げ方でしたので、球数を投げさせれば、後半でチャンスが巡ってくるかなと思いました」
明豊打線はきわどいコースを見逃し、粘り打ちで投げさせる。1回は17球、2回には27球を投げさせ、作戦をしっかりと遂行させる。

 試合が動いたのは4回表。明豊の5番・川野 大樹(3年)が中越え三塁打を放ち、その後、聖心ウルスラのバッテリーミスの間で1点を先制する。

 聖心ウルスラもすぐに反撃。その裏、バッテリーミスで同点に追い付くと、6回裏には一死一、二塁から5番園田 玲久(3年)の適時二塁打で勝ち越しに成功。戸郷も球数を投げさせられながらも、最速143キロを計測したストレートに加え、変化球も125キロ前後の縦横のスライダー、130キロ近いカットボール、130キロ台のスプリットと多彩な球種を投げ分け、7回まで1失点に抑えた。

 それでも明豊・川崎監督に焦りはなかった。「1点、2点のリードは問題なかったです。後半勝負だよと選手に言い聞かせました」。そして8回表、ついに「その時」が訪れる。