2018年04月21日 久留米市野球場

創成館vs文徳

2018年春の大会 第142回九州地区高等学校野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

我慢の戦いを強いられた創成館、文徳の猛追をかわしベスト8へ!



ガッツポーズの酒井駿輔(創成館)

 選抜ベスト8の創成館(長崎・選抜推薦)は文徳(熊本1位)と対戦。この試合は初回から苦しい立ち上がりとなった。

 1回表、創成館の先発・川原 陸(3年)が文徳打線につかまる。1番三谷が左翼線を破る二塁打を放ち、2番平井の四球で無死一、二塁のピンチを迎える。3番宮川の左前適時打で1点を先制され、さらに二死満塁から7番吉永 光利(3年)の適時打で1点を追加され、2点のビハインド。先発の川原は3回途中で降板。川原は最速140キロを計測し、ストレートの走りは良かったが、要所で変化球が甘く入ったところを狙われた。

 2番手でマウンドに登ったのは、スライダーを武器にする右腕・戸田 達也(3年)。戸田は、135キロ前後の速球、スライダー、カーブを丁寧に投げ分け、文徳打線を封じる。

 追う創成館は3回裏、二死二塁から鳥飼 悠斗(3年)が左翼線を破る二塁打を放ち、1点を返す。5回表、文徳の4番萩尾 匡也(3年)に中犠飛を浴び、1点を追加されるが、5回裏、創成館が大反撃。一死満塁のチャンスで3番野口 恭佑(3年)が右中間を破る適時三塁打を放ち、逆転に成功。二死三塁から5番松浪 基(3年)の左前適時打で、追加点を奪った創成館は、小刻みな継投策で逃げ切りを図る。

 創成館は6回一死一、二塁となったところで3番手・伊藤 大和(3年)が登板。伊藤は右サイドから常時130キロ~135キロ(最速137キロ)の速球とスライダーをコンビネーションに文徳打線を抑え、8回途中からは酒井 駿輔(3年)がマウンドに登る。酒井は135キロ前後の速球とチェンジアップで抑えにかかるが、8回、9回もピンチを招き、9回表には一死二塁から4番萩尾 匡也(3年)に適時打を打たれ、1点差に詰められる。しかし最後の打者を三振に打ち取り、創成館が2回戦進出を決めた。

 試合後、創成館の稙田監督の表情は厳しく、「内容的には負けゲームでしたが、野手がしっかりと踏ん張ってくれた試合でした。勝てたのは神宮や、甲子園の経験を生かせたと思います。しかし投手はそれぞれに課題が残る試合でした」と野手陣の活躍はたたえつつも、投手陣の内容に課題があると指摘。その後、稙田監督は投手陣一人一人の課題を話したが、それだけ投手陣の能力の高さを期待している証拠である。投手陣は結果で応えていくしかない。

 最後に投げた酒井は、「今大会は背番号1を任されていて、ああいう場面を抑えるのが自分の役割なのに打たれてしまい、まだまだだと感じました。今日打たれたことをしっかりと反省して、次に生かしていきたいと思います」と次戦へ向けての意気込みを述べた。

 敗れた文徳創成館投手陣を相手に12安打を記録した打力は本物。主将の萩尾は「どの打順からも長打を打てて、点が取れる打線にならないといけないと思います」と決定力を課題に挙げた。また萩尾は高校通算36本塁打を放つスラッガーとして注目されるが、4打数2安打2打点の活躍。第2打席まで凡退していたが、3打席目以降からオーバースイング気味のスイングを修正し、コンパクトなスイングに振ることを心掛けた結果、9回表の適時打につながった。萩尾はこの日の内容について「2年生までは打てないとずっとダメなところがありましたが、最初はダメでも、自分から気付いてスイング軌道を修正することができたのは良かったと思います」と自身の打撃内容に手ごたえを感じていた。

 夏へ向けて「今までは左方向への長打が多かったのですが、右方向にも長打が打てるようになりたいですし、夏までに高校通算50本塁打を達成したいです。なので一本一本を大事に打席に向かいたいです」と決意を新たにしていた。九州地区を代表するスラッガーとして、この夏、大暴れを見せてくれることを期待したい。

(文・写真=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
「五島から甲子園!」兄弟バッテリーで目指す逆襲の冬 五島高校(長崎) 【ニュース - コラム】
第8回 五島高校(長崎) 「逆転負けの悔しさを味わったチームの逆襲の冬」【冬が僕らを強くする2020】
東邦、大阪桐蔭、智辯学園ら過去5年の選抜優勝校の秋の成績を振り返る 【ニュース - 高校野球関連】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
明豊vs創成館【2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会】
第223回 森木、笹倉、徳丸など地方大会で躍動した23名のスーパー1年生たち【ドラフト特集コラム】
第1010回 中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 【2019年インタビュー】
第938回 3大大会の優勝校はすべて変わる混戦模様の熊本を制するのは?【大会展望・総括コラム】
第925回 創成館が連覇なるか?!長崎商や佐世保実、九州文化学園など対抗馬も実力が拮抗!【大会展望・総括コラム】
創志学園vs創成館【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
創志学園vs創成館【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第712回 知念 大成(沖縄尚学)「秋の状態を取り戻し、夏は100%の状態で頂点に立つ!」 【2018年インタビュー】
文徳vs興南【2018年 練習試合(交流試合)・春】
第691回 熊本ナンバーワンスラッガー・萩尾匡也(文徳)!主将になって心身ともに成長! 【2018年インタビュー】
智辯和歌山vs創成館【第90回記念選抜高等学校野球大会】
第617回 峯 圭汰(創成館)「ノーステップ打法で、好投手を撃破!神宮枠を絶対に持ち帰りたい」 【2017年インタビュー】
第611回 川原陸(創成館)「長崎の大型左腕、待望の全国デビュー」 【2017年インタビュー】
創成館 【高校別データ】
文徳 【高校別データ】
第142回 九州地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る