2018年04月03日 阪神甲子園球場

智辯和歌山vs東海大相模

第90回記念選抜高等学校野球大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

小関順二が徹底分析 ストップウォッチレポート

鮮やかな逆転劇で智弁和歌山が決勝へ!

 智辯和歌山が準々決勝に続いて奇跡的な逆転勝ちを収めた。1回裏、智辯和歌山の先発、池田 陽佑(2年)は小松 勇輝(3年)、山田 拓也(3年)、森下 翔太(3年)に長短打をつらねられ1点を失うと4番上杉 龍平(3年)を四球で歩かせ、満塁のピンチで5番梶山 耀平(3年)に走者一掃の二塁打を打たれ早々と4点を失った。

 東海大相模大阪桐蔭とともに優勝候補の一角を占める強豪で、投手はケガから復帰した齋藤 礼二(3年)が完璧と言えないまでも安定したピッチングをしてきている。この牙城を崩すのはさすがの智辯和歌山でも難しいと考えたが、3回に東海大相模の先発、野口 裕斗(2年)の制球難に付け込んで2死満塁とし、4番文元 洸成(3年)が2人を迎え入れる二塁打を放ち2点差。4回には6番黒川 史陽(2年)が二塁打で出塁し、1死後、8番東妻 純平(2年)がレフト前に運んで1点差、1番神先 恵都(3年)のライト前ヒットで同点、さらに2番西川 晋太郎(2年)の右中間を破る二塁打で逆転した。

 得意の乱打戦に持ち込んだ時点で智辯和歌山が有利に試合を展開していくだろうと思った直後の5回裏、東海大相模は2死後、6番後藤 陸(3年)がセンター前ヒットで出塁したあと7番渡辺 健士郎(3年)がライナーでライトスタンドに放り込み逆転。そして6回には智辯和歌山内野陣のエラーに四球、二塁打を絡めて4点を追加、スコアが10対5となった時点で多くの人は東海大相模の勝ちを予想したと思うし、私もそう思った。

 しかし、今年の智辯和歌山は神懸っている。7回2死走者なしから、文元の左中間のフライをセンターとレフトが捕球を争って落球(左翼手・上杉のエラー)している間に二塁に進み、5番冨田 泰生(3年)の三塁内野安打で一、三塁とし、齋藤の暴投で1点を返した。スコアは依然として10対6と東海大相模がリードしているが、この1点でこのままでは終わりそうにない波乱の予感がスタンド内に充満したように私には思えた。

 8回には2死、二、三塁から3番林 晃汰(3年)が弾丸ライナーで左中間を深々と破る単打を放って2点差、ここからマウンドの齊藤は2つ四球を続けて満塁、ここで打席に立った黒川は準々決勝の創成館戦でソロホームランと奇跡のサヨナラ二塁打を放ったラッキーボーイで、この試合でも4回に逆転を呼び込む二塁打を放っている。その勝負強さがここでも発揮され、初球をセンター前に弾き返すと走者が2人生還し、何とスコアは10対10の同点となった。この試合展開は誰が見ても智辯和歌山ペースである。延長10回表、智辯和歌山は1死二、三塁の場面で冨田が勝ち越しの走者を招き入れる犠牲フライを放ち、さらに黒川がレフト前タイムリーを放って12対10とし、勝負を決した。

 智辯和歌山の勝因は打線の驚異的なつながりにあることは間違いないが、4点先制されたあとの無死二塁の1回途中からマウンドに上がった平田 龍輝(3年)の粘り強いピッチングもみごとだった。最速140キロのストレートにスライダー、チェンジアップを交え、低めと内外角を丁寧に突いて東海大相模の強力打線を翻弄し続けた。決勝の相手は昨年秋の決勝戦同様、大阪桐蔭。0対1で敗れた雪辱を晴らしたい。

(文=小関 順二

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
甲子園で勝てるチームとは?名将・久保 克之名誉監督(鹿児島実)が語ったチーム作りの極意 【ニュース - コラム】
金属バット導入、オイルショックなど...。激動の時代に親子鷹で話題となった原辰徳の高校時代 【ニュース - コラム】
第992回 スラッガー揃いの東海大相模、総合力の桐光学園、ポテンシャルの横浜など神奈川ベスト8の戦力を紹介!【大会展望・総括コラム】
第256回 2020年に注目したい高校生野手カルテット 来田涼斗(明石商)、西川僚祐(東海大相模)、井上朋也(花咲徳栄)、土田龍空(近江)に要注目!【ドラフト特集コラム】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第2回 全国制覇もドラフトも持っていく勢い!2020年の近畿地区の高校野球を占う【近畿地区の高校野球】
第1回 古豪復活に選抜での金星 香川県高校野球3大ニュース【香川の高校野球】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
高知vs東海大相模【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
第1079回 赤坂諒(上野学園) 理想は勝てる投手。次なるステージで再び革命を起こす【後編】 【2019年インタビュー】
智辯学園vs智辯和歌山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
健大高崎vs東海大相模【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
東海大相模vs習志野【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第1055回 最速151キロサイド・伊勢大夢(明治大)が最終学年に覚醒した意識の変化 【2019年インタビュー】
第1033回 なぜ奥川恭伸は超一流投手になったのか?それは高い次元を求めたマイナス思考にあった 【2019年インタビュー】
第1041回 遠藤成(東海大相模)の逆転打を生んだ「打撃フォームの修正」 試行錯誤はまだ続く 【2019年インタビュー】
第1022回 アウトにならない究極の打撃を目指して 黒川史陽(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
智辯和歌山 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
第90回記念選抜高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

智辯和歌山智弁和歌山!琉球 2018.04.02
勝て!
東海大相模相模頑張れーL 2018.04.02
これまでの3試合全て見ました。
感動しました。
相模高校さんなら絶対優勝出来る!
頑張ってください

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る