2018年04月01日 阪神甲子園球場

智辯和歌山vs創成館

第90回記念選抜高等学校野球大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

小関順二が徹底分析 ストップウォッチレポート

最後まで白熱の展開!智辯和歌山vs創成館


黒川 史陽(智辯和歌山)※写真提供 共同通信社

 衝撃の試合となった。思い出すのは今から12年前の2006年夏の甲子園大会、智辯和歌山帝京戦。最終回に帝京が8点取って12対8とし、その裏に智辯和歌山が5点取って13対12のスコアでサヨナラ勝ちした。〝激戦″というと高校野球ファンならこの試合が思い出されると思うが、この智辯和歌山創成館はそれに匹敵する激戦になった。

 試合は常に創成館が押す形で進んだ。1回表に打者9人を送る猛攻で3点奪い、3回には1点加点し、なおも2死一塁の場面でチャンスが続く。ここで智辯和歌山ベンチは先発の小堀 颯(3年)を降ろし2番手に池田 陽佑(2年)を送る。智辯和歌山には3回戦の國學院栃木戦で完投勝ちした平田 龍輝(3年)という切り札がいるが、2日後の準決勝を睨みながらどのタイミングで平田をマウンドに送るか、名将・高嶋仁監督にしても難しかったと思う。

 2番手の池田は4回に内野手の走塁妨害で1点、5回には自らの野選も絡んで2点失い、スコアは創成館の7対2となった。5回裏に智辯和歌山が打者9人を送る猛攻で6対7の1点差に迫り、6回から智辯和歌山ベンチは平田を3番手としてマウンドに送った。これで試合は少し落ち着くかと思ったが、火の付いた両校打線は収まらない。

 7回表、創成館は1番峯 圭汰(3年)が内野安打で出塁すると2番藤 優璃(3年)が内外野の間に落ちる左前打で続き、3番打者の一塁ゴロで二、三塁とし、2死後、5番野口 恭佑(3年)が140キロストレートをセンター前に運び2者を迎え入れる。その裏、智辯和歌山は先頭の冨田 泰生(3年)がセンター前ヒットで出塁、6、7番が凡退して2死二塁となるが、8番東妻 純平(2年)が2ボールからの3球目をレフト前に運んで7対9と迫る。12年前の大逆転劇があるだけに創成館ベンチは背後に迫る気配を常に受けていたと思う。

 9回裏、智辯和歌山は2死満塁のチャンスに9番平田が3番手、川原 陸(3年)の135キロのストレートをレフト前に運んで待望の2点を入れて同点、試合の行方はいよいよわからなくなった。

 この展開を見て、私は智辯和歌山の勝利を予想した。「野球は技術の優劣が勝敗を決する」というのが私の哲学だが、最後の場面で重要なファクターになるのが「精神」である。智辯和歌山の高嶋仁という監督には選手を奮い立たせる雰囲気がある。何度か取材で話を伺ったとき、私も高嶋氏の話に引き込まれていく不思議な感覚を味わったことがある。

 10回表、1死後に創成館が5番野口のヒットで出塁、二盗と捕手の悪送球で三進し、6番鳥飼 悠斗(3年)が外野フライを放って再び1点をリードする。その裏、智辯和歌山は2番西川 晋太郎(2年)が死球で出塁し、2死後、冨田が四球で歩き一、二塁。ここで2回にソロホームランを放っている6番黒川 史陽(2年)がレフト方向にフライを放つと、打球は少し前から吹いていたライト方向からの浜風に乗ってレフトの頭を越えると2人の走者が生還、奇跡の大逆転劇が再現された。

 

(文=小関 順二

関連試合記事
● 小堀颯(智辯和歌山)・試合後、すぐにスコアブックを見て振り返る重要性

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
今年は豊作!?今年注目の高校生野手を一挙に紹介!! 【ニュース - コラム】
第183回 今年は内野手豊作年!ポジション別に指名候補を紹介!【高校生野手編】【ドラフト特集】
近畿大会が開幕!履正社や龍谷大平安が初戦突破!【秋季近畿大会・20日結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第182回 ミレニアム世代の投手ビッグ3や指名有望な逸材の将来性を徹底解剖!【高校生編投手】【ドラフト特集】
第799回 大阪2強など強豪校が勢ぞろい!激戦の近畿大会を勝ち抜くのは?【大会展望・総括コラム】
智辯和歌山vs市立和歌山【和歌山県 2018年秋季大会 近畿地区高等学校野球大会 和歌山県二次予選】
智辯和歌山vs桐蔭【和歌山県 2018年秋季大会 近畿地区高等学校野球大会 和歌山県二次予選】
第779回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証 「木製バット問題はどう解消するべきか?」【大会展望・総括コラム】
第774回 秋季和歌山大会を徹底展望、高嶋監督勇退の智辯和歌山が本命か【大会展望・総括コラム】
第744回 楽しさと辛さの両方を味わいながら甲子園準優勝! MIZUNO 田林正行さんが語る高校野球への想い【後編】 【2018年インタビュー】
第743回 無名球児から夏の甲子園準優勝投手へ! MIZUNO 田林正行さん(智辯和歌山出身)はいかにしてエースになったのか【前編】 【2018年インタビュー】
創志学園vs創成館【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
創志学園vs創成館【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
近江vs智辯和歌山【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第734回 黒川史陽(智辯和歌山)「驚異の勝負強さで選抜準優勝に貢献!目指すは西川遥輝」 【2018年インタビュー】
第732回 紀州のスラッガー・林 晃汰(智辯和歌山)「夏こそ大阪桐蔭を打ち崩す」 【2018年インタビュー】
第712回 知念 大成(沖縄尚学)「秋の状態を取り戻し、夏は100%の状態で頂点に立つ!」 【2018年インタビュー】
創成館 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
第90回記念選抜高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (7)

創成館夏の選手権へKanaria 2018.07.13
まだ予選だけど今夏も甲子園へ帰ってきて下さい!
創成館創成館kentheroll 2018.05.23
飛び抜けて安定した投手陣がいないこと打撃も然り。まだラッキーパンチ的な勝利が多いように思う。確かに強くはなっているが全国レベルでみれば、その差は歴然。強豪チームに勝ってこそいるが、強豪チームは夏の選手権に照準を合わせてきているので、実際の実力は「中の下」くらい。選手権に出場できた場合はくじ運次第で初戦突破あたりの実力ではないだろうか。歴戦の勇者たちのチカラは安定した勝ち方にある。まだまだ神宮大会、センバツの試合を見る限りでは力不足。浮き足立った勝ち方でしかなく安定感に欠ける。これから年数が経つにつれ絶対的な強さを身につけていってほしい。酷評ですが愛があればこその意見だと感じていただければ幸いです。頑張れ創成館高校。
創成館よくやった!じげもん 2018.04.13
激戦でしたね。今思えばあれだけやって負けたことはきっと夏に向けて生きてくると思います。持てるチカラは全て出せたのではないでしょうか。負けて悔いなし。リベンジは夏!
創成館立派な闘いでした!ヨシケン 2018.04.02
素晴らしい試合を見せていただきました。甲子園に創成館の名前も刻んでくれたと思います。夏の選手権期待しています!絶対的エースが育ってくれると、尚安定するように感じた大会でした。とりあえずお疲れ様でした。
創成館創成館!琉球 2018.04.01
惜しかったな ごくろうさん
智辯和歌山たぶん今日の和歌山は人が少ないせっきー 2018.04.01
智辯和歌山の試合を観に、みんな甲子園に行くだろうから。
創成館創成館まっちゃん 2018.04.01
長崎の意地ば見せんばよ!
頑張れ!創成館!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る