2018年04月01日 阪神甲子園球場

東海大相模vs日本航空石川

第90回記念選抜高等学校野球大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

小関順二が徹底分析 ストップウォッチレポート

東海大相模、脚力を活かしベスト4へ

 拮抗した戦いになったとき勝負を左右するのが脚力である。私が俊足の基準にする打者走者の各塁到達タイム「一塁到達4.3秒未満、二塁到達8.3秒未満、三塁到達12秒未満」をクリアしたのは日本航空石川の0人に対して東海大相模は3人5回。過去16年間、ストップウォッチを持参してアマチュア野球、プロ野球を見てきた経験で言わせてもらえば、タイムクリアが多いチームの勝率はかなり高い。

 試合は拮抗した。1回裏、東海大相模は1番小松 勇輝がフルカウントからのストレートをとらえて右中間に飛び込むホームランを放ち先制。日本航空石川も負けていない。4回表、明徳義塾戦でサヨナラ3ランを放った3番原田 竜聖(3年)が四球で歩いたあと4番上田 優弥(3年)がライト前ヒットで一、三塁とし、5番長谷川 拳伸(3年)が右中間に二塁打を放ち三塁走者を迎え入れた。

 5回にも9番杉本 壮志(3年)の二塁打と四球で2死一、二塁のチャンスを迎え、ここで東海大相模はエース、齋藤礼二をマウンドに送る。その後、16人の打者のうち3ボールのカウントになったのは4人。これを見ても齋藤のデキがいま一つだったことがわかるが、縦割れカーブ、横変化のスライダーを交え、リリーフ時を除けば、得点圏に走者を背負った場面でのピッチングは一度もなかった。ボールカウントを悪くしてもそこから崩れない安定感はさすがとしか言いようがない。

 日本航空石川の先発、杉本は東海大相模の強力打線をよく抑えた。ストレートのスピードは120キロ台後半から130キロ台前半と速くない。それでも投球フォームがいい。反動を使う動きがなく下半身が先導して上半身を前に導く投球の流れが秀逸。こういう投手は例外なくコントロールがいい。東海大相模が得点圏に走者を進めたのは3、6、8回の3イニングだけ。これを見てもいかに杉本のピッチングが安定していたかわかる。

 試合が動いたのは6回裏だ。東海大相模は先頭の9番佐藤暖起(3年)がセーフティバントを決める。驚かされるのは捕手で右打者の佐藤のこのときの一塁到達タイムが3.88秒と速かったこと。第1打席の一塁ゴロでも4.27秒で走っているので日本航空石川の守備陣はもう少し警戒してもよかった。1番小松の進塁打で二進すると2番山田 拓也(3年)の二塁打で佐藤が還り、東海大相模に待望の勝ち越し点が入った。ちなみに、このときの山田の二塁到達タイムは8.11秒と速い。

 8回にも1死から佐藤が二塁打を放ち、2死後、3番森下 翔太(3年)がレフト前にヒットを放って3点目を入れ、ようやく勝負を決するのだが、注文をつけたいことが1つだけある。東海大相模の各打者はストライクを見逃すことが多いのだ。6三振のうち見逃しが3つあり、杉本が投じた123球のうち見逃したストライクの数は31球。見逃し率は何と25パーセントにもなる。

 日本航空石川各打者の見逃がしの三振は1つもなく、見逃し率は18パーセント。私の統計によると日本航空石川が極めてノーマルな数値で、東海大相模の25パーセントは異常である。準決勝で対戦する智辯和歌山の準々決勝での見逃しの三振は1つもなく、見逃し率は14パーセント。この数字を比較して智辯和歌山戦はもう少し積極的なバッティングを期待したい。

(文=小関 順二

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
夏4強・中京学院大中京の二刀流・元謙太のこれまでと新主将としてのチーム作り 【ニュース - インタビュー】
健大高崎が初優勝!背番号11・橋本拳汰が完封し秋季関東を制す!【関東大会・27日 】 【ニュース - 高校野球関連】
健大高崎vs東海大相模【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
東海大相模vs習志野【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
日本航空石川vs北越【2019年秋の大会 第141回北信越地区高等学校野球大会】
習志野vs前橋育英【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第98回 センバツをかけた関東大会が開幕!東海大相模、習志野が登場する大会初日の見所・注目選手リスト【大会展望・総括コラム】
東海大相模vs駿台甲府【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第235回 高校生ナンバーワンスラッガー・石川を筆頭に今年の内野手は粒揃い!【厳選15内野手リスト】【ドラフト特集コラム】
第1055回 最速151キロサイド・伊勢大夢(明治大)が最終学年に覚醒した意識の変化 【2019年インタビュー】
第228回 石川、森、韮澤…。プロ志望表明のU-18代表野手はプロで活躍できる魅力が備わっている【ドラフト特集コラム】
第226回 高卒選手に最もチャレンジしているのはヤクルト・楽天?!過去10年の高卒1位競合選手から見るドラフト【ドラフト特集コラム】
第1041回 遠藤成(東海大相模)の逆転打を生んだ「打撃フォームの修正」 試行錯誤はまだ続く 【2019年インタビュー】
第22回 世界一への道は、野手陣の成長が最重要!U-18野手の走攻守の課題を洗い出し!【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第956回 東京ガス期待のルーキー・楠研次郎!力強いスイングを貫き、上の世界を虎視眈々と狙う 【2019年インタビュー】
第820回 まさかの日本代表選出から始まった超一流投手への道 森下暢仁(明治大) 【2018年インタビュー】
第783回 祖父譲りのプレッシャーの強さ!渡辺佳明(明治大)は厳しい環境でこそ輝く 【2018年インタビュー】
東海大相模 【高校別データ】
日本航空石川 【高校別データ】
第90回記念選抜高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

熱いなかにしだいすけ 2018.04.02
どんなドラマがまちうけているか

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る