2018年06月17日 J:COMスタジアム土浦

明豊vs霞ヶ浦

2018年 練習試合(交流試合)・春 大分・県外強化試合
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート


サヨナラ本塁打でベースを1周する濱田太貴(明豊)

 試合は霞ヶ浦リードが続いていたが、7回裏に明豊が反撃開始。一死一、二塁のチャンスから3番濱田 太貴の左前適時打で1点を返し、4番野邊の適時打で2点目。さらに5番表の中前適時打で3対4と1点差に迫り、一死一、三塁のチャンスにここまで2安打の伊谷 幸輝。この場面でボークがあり、同点。二死二塁となって、伊谷の中前適時打で勝ち越しに成功した。

 9回表、霞ヶ浦は3番小儀 純也の適時打で同点に追いついたが、その裏、役者が試合を決めた。一死から濱田がサヨナラ本塁打。鈍い金属音を響かせた打球は特大弾となった。

 試合後、明豊の川崎監督は「今回、課題にしていたのは終盤まで、どれだけ粘ることができるか。霞ヶ浦戦の試合運びは、選手たちの中にもこうやって粘っていけば、終盤に畳みかけることができるんだと学ぶことができたと思います」と終盤の粘りを評価していた。

 一方、敗れた霞ヶ浦の高橋監督は「裏に本塁打を打たれたのは仕方ありません。この試合では攻撃面が反省です。4点取った後、ダメ押しができなかった。ダメ押しができないと追いついてくるぞというのは、ベンチで話していたことですがそんな展開となりました。9回表も逆転しないといけません」と攻撃面を課題に掲げていた。

 とはいえ、それぞれの投手のレベルが標準以上で、打撃力も高い。今年も、夏の有力校に相応しい試合内容を見せてくれた。

(取材・写真=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
奥川、佐々木だけじゃない!今年の高校生投手はハイレベルな陣容だ 【ニュース - コラム】
第232回 今年のドラフトでマークすべき高校生投手たち!【厳選13投手リスト・前編】【ドラフト特集コラム】
関東一・土屋大和が完封!仙台育英、履正社、海星が勝利した4試合を徹底レポート!【茨城ゆめ国体】 【ニュース - 高校野球関連】
海星vs霞ヶ浦【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
第964回 【第101回選手権大会総括】星稜vs智辯和歌山で炙り出された今大会の象徴【大会展望・総括コラム】
履正社vs霞ヶ浦【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第225回 大会屈指の怪腕・鈴木寛人(霞ヶ浦) リズムを狂わせた先頭打者本塁打と甲子園の重圧【ドラフト特集コラム】
第951回 大会2日目は奥川、鈴木、井上、前らドラフト候補が続々登場!大会2日目4試合の見所を紹介!【大会展望・総括コラム】
第950回 【第101回大会展望】星稜、智辯和歌山ら優勝候補がいきなり同ブロック!3回戦まで激戦の連続!【大会展望・総括コラム】
霞ヶ浦vs石岡一【茨城県 2019年夏の大会 第101回選手権茨城大会】
霞ヶ浦vs水戸桜ノ牧【茨城県 2019年夏の大会 第101回選手権茨城大会】
第997回 頭脳+148キロを加えた高次元のピッチングで甲子園に導く! 鈴木寛人(霞ヶ浦)【後編】 【2019年インタビュー】
第995回 プロ入りした先輩も実践。霞ヶ浦メソッドで素質を開花させた大型右腕 鈴木寛人(霞ヶ浦)【前編】 【2019年インタビュー】
常磐大高vs明豊【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第916回 大分のライバルが恐れる日高翔太(大分工) 自慢のストレートの凄さが数値でも明らかに!【後編】 【2019年インタビュー】
第923回 高い制球力の秘密は「手首の使い方」!実戦派左腕・若杉 晟汰(明豊)の進化の軌跡 【2019年インタビュー】
第924回 センバツで開花せよ!アベレージヒッター&ユーティリティプレーヤー・野邊 優汰(明豊)! 【2019年インタビュー】
霞ヶ浦 【高校別データ】
明豊 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る