2018年06月16日 香川県営野球場(レクザムスタジアム)

大阪桐蔭vs藤井学園寒川

2018年 練習試合(交流試合)・春  
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

大阪桐蔭、12安打14四死球奪い15点快勝!



ホームに見事なスライディングで生還した藤原恭大(大阪桐蔭)

 「相手が大阪桐蔭なので、スピードのある投手から投げさせることにした」。春の県大会ではリリーフ専門職だった最速145キロ右腕・加茂 優太(2年・右投右打・170センチ64キロ・大阪生野リトルシニア<大阪>出身)を先発指名した藤井学園寒川・佐竹 茂樹監督は、その意図をこう話す。

 が、大阪桐蔭はその奇襲をもろともせず序盤から塁上を賑わかせた。1回裏は二死から四球、4番・藤原 恭大(3年・中堅手・左投左打・181センチ76キロ・枚方ボーイズ<大阪>出身)、根尾 昂(3年・遊撃手・右投左打・177センチ77キロ・飛騨高山ボーイズ<岐阜>出身)の連続二塁打で2点。3対3で迎えた3回裏には4安打7四死球を絡めて一挙9得点。藤井学園寒川の側から見れば「8割くらいのボールは通用する部分があった」(加茂)ものの、全体的には選球眼の高さに屈した格好である。

 大阪桐蔭は終わってみれば12安打14四死球で15得点。香川県高野連招待試合初日を見事な連勝で飾った。

 ただ、藤井学園寒川も1回表は二死一・二塁から5番・福本 駿介(3年・左翼手・右投右打・170センチ72キロ・ヤング神戸須磨クラブ<兵庫>出身)の左中間2点二塁打。2回表も二死二塁から1番・山本 隆翔(3年・三塁手・165センチ61キロ・右投右打・ヤング神戸須磨クラブ<兵庫>出身)の中前適時打で計3点を返す粘りを見せるなど、課題だった打撃面で12安打を放てたのは大きな収穫。加茂をリリーフに回す通常モードで戦う香川大会では、3年ぶりの大会制覇への期待が高まる。

(取材・写真=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
「打倒・大阪桐蔭」を掲げる小畠一心(オール住之江ヤング)の未来図 【ニュース - インタビュー】
第917回 投手として打者として「打倒・大阪桐蔭」を目指す 小畠一心(オール住之江ヤング)【後編】 【ネクスト球児インタビュー2019年】
大阪桐蔭、作新学院、木更津総合が登場!高校野球フェアの詳細決定! 【ニュース - 高校野球関連】
第200回 今からチェック!2020年度のドラフト候補を先取り!【ドラフト特集コラム】
第849回 「横浜挑戦権」と「夏のシード権」をかけて!混戦模様の香川大会を徹底解説【大会展望・総括コラム】
第908回 「完膚なきまでの敗北」から見せた異国の地での成長 秋山恭平(筑後サザンホークス) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第898回 徳島の城島健司を目指して!チームを勝たせられる捕手を目指す!川端晃希 vol.3 【2019年インタビュー】
第896回 ハイレベルの環境が磨き上げた技術!川端晃希が大阪桐蔭で吸収した捕手理論 vol.2 【2019年インタビュー】
第896回 大阪桐蔭から徳島へ!期待の大型ルーキー・川端晃希が痛感した超名門の厳しさ vol.1 【2019年インタビュー】
第555回 センバツ注目度NO.1!全国制覇へ向けての3つの課題 星稜(石川)【後編】【野球部訪問】
第835回 激戦の近畿地区の選考!ベスト8敗退チームはどこが出ても楽しめる!【大会展望・総括コラム】
第829回 リードする星稜を追うのは?平成最後の選抜、新元号最初の夏に期待の注目校【2019年展望】【大会展望・総括コラム】
報徳学園vs藤井学園寒川【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
智辯和歌山vs大阪桐蔭【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs橿原【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs関大北陽【大阪府 2018年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
大阪桐蔭vs済美【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
大阪桐蔭 【高校別データ】
藤井学園寒川 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る