2018年06月16日 香川県営野球場(レクザムスタジアム)

大阪桐蔭vs藤井学園寒川

2018年 練習試合(交流試合)・春  
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

大阪桐蔭、12安打14四死球奪い15点快勝!



ホームに見事なスライディングで生還した藤原恭大(大阪桐蔭)

 「相手が大阪桐蔭なので、スピードのある投手から投げさせることにした」。春の県大会ではリリーフ専門職だった最速145キロ右腕・加茂 優太(2年・右投右打・170センチ64キロ・大阪生野リトルシニア<大阪>出身)を先発指名した藤井学園寒川・佐竹 茂樹監督は、その意図をこう話す。

 が、大阪桐蔭はその奇襲をもろともせず序盤から塁上を賑わかせた。1回裏は二死から四球、4番・藤原 恭大(3年・中堅手・左投左打・181センチ76キロ・枚方ボーイズ<大阪>出身)、根尾 昂(3年・遊撃手・右投左打・177センチ77キロ・飛騨高山ボーイズ<岐阜>出身)の連続二塁打で2点。3対3で迎えた3回裏には4安打7四死球を絡めて一挙9得点。藤井学園寒川の側から見れば「8割くらいのボールは通用する部分があった」(加茂)ものの、全体的には選球眼の高さに屈した格好である。

 大阪桐蔭は終わってみれば12安打14四死球で15得点。香川県高野連招待試合初日を見事な連勝で飾った。

 ただ、藤井学園寒川も1回表は二死一・二塁から5番・福本 駿介(3年・左翼手・右投右打・170センチ72キロ・ヤング神戸須磨クラブ<兵庫>出身)の左中間2点二塁打。2回表も二死二塁から1番・山本 隆翔(3年・三塁手・165センチ61キロ・右投右打・ヤング神戸須磨クラブ<兵庫>出身)の中前適時打で計3点を返す粘りを見せるなど、課題だった打撃面で12安打を放てたのは大きな収穫。加茂をリリーフに回す通常モードで戦う香川大会では、3年ぶりの大会制覇への期待が高まる。

(取材・写真=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
【大阪】大阪桐蔭、履正社らが16強入り!次戦、履正社ー関大北陽の今夏2強が激突!<21日の結果・トーナメント表> 【ニュース - 高校野球関連】
【大阪】履正社、関大北陽が大勝で4回戦へ!<20日の結果・トーナメント表> 【ニュース - 高校野球関連】
第136回 やんちゃ坊主、甘えん坊でも能力は凄かった2018年U-15日本代表。コーチを務めた元プロ・徳元敏氏が語る侍戦士たち【西日本編】【高校野球コラム】
第134回 執念、チーム力、甘さ。東海大相模が大阪桐蔭との一戦で学んだこと【高校野球コラム】
大阪桐蔭vs東海大相模【2020年甲子園高校野球交流試合】
履正社vs大阪桐蔭【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
第272回 まさに世代屈指の投球!最速154キロを誇る剛腕・関戸康介(大阪桐蔭)の進化のポイントを解説【ドラフト特集コラム】
第271回 世代屈指の剛腕左腕・松浦慶斗(大阪桐蔭)も順調に成長中!【ドラフト特集コラム】
大阪桐蔭vs香里丘【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs上宮太子【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
第1022回 夏は大阪の「強いチームを倒す」。近大泉州の脅威の打撃力の秘密と揺るがぬ信念【後編】【野球部訪問】
第1145回 大学3年右腕ではトップの徳山壮磨(早稲田大)をレベルアップさせたフォーム改造術 【2020年インタビュー】
第1141回 中川卓也(大阪桐蔭-早稲田大)屈辱の1年を乗り越え、東京六大学で首位打者を狙える選手へ 【2020年インタビュー】
第1141回 二度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭の主将・中川卓也(早稲田大)が濃密な3年間で得たもの 【2020年インタビュー】
第1131回 捕手兼投手として、創部4年目のチームを近畿大会に導いた大黒柱・景山透唯(立命館守山)【前編】 【2020年インタビュー】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
大阪桐蔭 【高校別データ】
藤井学園寒川 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る