2018年06月16日 香川県営野球場(レクザムスタジアム)

大阪桐蔭vs藤井学園寒川

2018年 練習試合(交流試合)・春  
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

大阪桐蔭、12安打14四死球奪い15点快勝!



ホームに見事なスライディングで生還した藤原恭大(大阪桐蔭)

 「相手が大阪桐蔭なので、スピードのある投手から投げさせることにした」。春の県大会ではリリーフ専門職だった最速145キロ右腕・加茂 優太(2年・右投右打・170センチ64キロ・大阪生野リトルシニア<大阪>出身)を先発指名した藤井学園寒川・佐竹 茂樹監督は、その意図をこう話す。

 が、大阪桐蔭はその奇襲をもろともせず序盤から塁上を賑わかせた。1回裏は二死から四球、4番・藤原 恭大(3年・中堅手・左投左打・181センチ76キロ・枚方ボーイズ<大阪>出身)、根尾 昂(3年・遊撃手・右投左打・177センチ77キロ・飛騨高山ボーイズ<岐阜>出身)の連続二塁打で2点。3対3で迎えた3回裏には4安打7四死球を絡めて一挙9得点。藤井学園寒川の側から見れば「8割くらいのボールは通用する部分があった」(加茂)ものの、全体的には選球眼の高さに屈した格好である。

 大阪桐蔭は終わってみれば12安打14四死球で15得点。香川県高野連招待試合初日を見事な連勝で飾った。

 ただ、藤井学園寒川も1回表は二死一・二塁から5番・福本 駿介(3年・左翼手・右投右打・170センチ72キロ・ヤング神戸須磨クラブ<兵庫>出身)の左中間2点二塁打。2回表も二死二塁から1番・山本 隆翔(3年・三塁手・165センチ61キロ・右投右打・ヤング神戸須磨クラブ<兵庫>出身)の中前適時打で計3点を返す粘りを見せるなど、課題だった打撃面で12安打を放てたのは大きな収穫。加茂をリリーフに回す通常モードで戦う香川大会では、3年ぶりの大会制覇への期待が高まる。

(取材・写真=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
健大高崎時代は3季連続甲子園出場 勝たせる捕手・柘植世那(西武)の軌跡を追う 【ニュース - 高校野球関連】
150キロ台到達へ!荒削りの145キロ右腕・牟田稔啓(香椎)の歩み 【ニュース - インタビュー】
第1003回 春の香川は最速147キロ右腕・内田 悠太擁する大手前高松、小倉全由の教えを注がれた丸亀城西らに注目!【前編】【大会展望・総括コラム】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
第66回 史上初の二度目の春夏連覇を導いた西谷監督が語る大阪桐蔭に必要な2つのマインドから見える一流選手になる条件【名将たちの言葉】
第1102回 目指せ世代ナンバーワン左腕&辻内崇伸超え!大型左腕・松浦慶斗(大阪桐蔭)の育成計画【後編】 【2020年インタビュー】
第1101回 最速146キロの大型左腕・松浦慶斗はなぜ旭川を飛び出して大阪桐蔭を選んだのか?【前編】 【2020年インタビュー】
第1100回 伸び盛りの二刀流・仲三河優太(大阪桐蔭)が目指すは投打での大活躍! 【2020年インタビュー】
第1100回 大阪桐蔭の左腕エースでは田中誠也以来の実力派・藤江星河を覚醒させた「内角攻め」と「チェンジアップ」 【2020年インタビュー】
第1097回 憧れは野茂英雄。世界一、日本一の投手になるために1分1秒を無駄にしたくない 関戸康介(大阪桐蔭)【後編】 【2020年インタビュー】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
第72回 「気持ちの強さ、フォーム、腕の振り、全てで他の選手より優れていた」恩師が語る山本拓実(中日ドラゴンズ)【前編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
天理vs大阪桐蔭【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs智辯学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs明石商【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs立命館守山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭 【高校別データ】
藤井学園寒川 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る