2018年06月16日 香川県営野球場(レクザムスタジアム)

大阪桐蔭vs大手前高松

2018年 練習試合(交流試合)・春  
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

大阪桐蔭・仲三河 優太「衝撃の」招待試合デビュー



衝撃のデビューを果たした仲三河 優太(大阪桐蔭)

 2年ぶり2度目の香川県襲来。絶対王者・大阪桐蔭は当時よりさらにスケールアップしていた。

 まずは2回裏に7番・山田 健太(3年・二塁手・183センチ83キロ・右投右打・東海ボーイズ<愛知>出身)が名刺代わりの高校通算21号先制ソロを左翼芝生席中段にお見舞いすると、3回裏には先頭打者の4番・根尾 昂(3年・遊撃手・右投左打・177センチ77キロ・飛騨高山ボーイズ<岐阜>出身)が「振って、当たって、飛んでいった」右翼上段への高校通算24号。さらに4回裏には1番・藤原 恭大(3年・中堅手・左投左打・181センチ76キロ・枚方ボーイズ<大阪>出身)が驚異的なスピードで悠々と高校通算23号ランニング本塁打を達成。3イニング連続アーチなどで5回までに5点を奪い、試合の趨勢をほぼ決めてしまった。

 さらに大阪桐蔭は先発・柿木 蓮(3年・右投右打・181センチ84キロ・佐賀東松ボーイズ<佐賀>出身)が大手前高松1番・山本 大輔(3年主将・右翼手・右投左打・176っセンチ77キロ・綾歌町立綾南中出身)に高校通算19号を浴びた直後の6回裏には8番・宮﨑 仁斗(3年・左翼手・170センチ68キロ・右投右打・志貴ボーイズ<奈良>出身)が三塁打を放った後、代打・青木 大地(3年・捕手・180センチ77キロ・右投左打・郡山リトルシニア<奈良>出身)の左翼手前遊飛で抜け目なく生還。すべてにレベルが高いだけでなく、手を一切抜かず、基本に忠実な走攻守は、香川県内の高校球児が参考にすべき姿だろう。

 ただ、この試合の主役は間違いなくこの新星である。7回表からAチーム初登板した大阪桐蔭の1年生右腕・仲三河 優太(右投左打・178センチ78キロ・小山ボーイズ<栃木>・2017アジアチャレンジマッチ侍ジャパンU-15代表)は、3回を32球で完全に封じたばかりでなく、先頭打者からの4連続含む6奪三振。ストレートの最速は自己最速に2キロ及ばない137キロだったが、カーブ・スライダー・ツーシーム含めボールの回転数が多く、相手打者はことごとく振り遅れることに。これには「スピードガン以上に相手打者に対し差し込む」と西谷 浩一監督も高評価を与えた。

 本人は試合後「日本一の先輩たちが守ってくれるので気楽に投げられれた。これからもAチームで投げればいい」と極めて殊勝なコメントを残したが、この試合でのパフォーマンスを続けられれば北大阪大会でのベンチ入りはもちろんのこと、1年生からの甲子園登板、さらに2世代連続侍ジャパン入りの可能性すら広がってくる。

(取材・写真=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
【選手名鑑・新規登録リスト】今年も逸材揃う!ベスト4まで勝ち上がった大阪桐蔭の主力選手たちを一挙登録! 【ニュース - 高校野球関連】
【大阪】大阪桐蔭、履正社、東海大仰星が4強!そして山田が公立校唯一のベスト4へ!<27日の結果・トーナメント表> 【ニュース - 高校野球関連】
大阪桐蔭vs箕面学園【大阪府 2020年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第136回 やんちゃ坊主、甘えん坊でも能力は凄かった2018年U-15日本代表。コーチを務めた元プロ・徳元敏氏が語る侍戦士たち【西日本編】【高校野球コラム】
第134回 執念、チーム力、甘さ。東海大相模が大阪桐蔭との一戦で学んだこと【高校野球コラム】
大阪桐蔭vs東海大相模【2020年甲子園高校野球交流試合】
尽誠学園vs高松商【香川県 2020年夏の大会 令和2年度香川県高等学校野球大会】
高松商vs大手前高松【香川県 2020年夏の大会 令和2年度香川県高等学校野球大会】
履正社vs大阪桐蔭【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
第272回 まさに世代屈指の投球!最速154キロを誇る剛腕・関戸康介(大阪桐蔭)の進化のポイントを解説【ドラフト特集コラム】
第271回 世代屈指の剛腕左腕・松浦慶斗(大阪桐蔭)も順調に成長中!【ドラフト特集コラム】
第1022回 夏は大阪の「強いチームを倒す」。近大泉州の脅威の打撃力の秘密と揺るがぬ信念【後編】【野球部訪問】
第1145回 大学3年右腕ではトップの徳山壮磨(早稲田大)をレベルアップさせたフォーム改造術 【2020年インタビュー】
第1141回 中川卓也(大阪桐蔭-早稲田大)屈辱の1年を乗り越え、東京六大学で首位打者を狙える選手へ 【2020年インタビュー】
第1141回 二度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭の主将・中川卓也(早稲田大)が濃密な3年間で得たもの 【2020年インタビュー】
第1131回 捕手兼投手として、創部4年目のチームを近畿大会に導いた大黒柱・景山透唯(立命館守山)【前編】 【2020年インタビュー】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
大阪桐蔭 【高校別データ】
大手前高松 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る