2018年06月10日 岡崎市民球場

愛知産大三河vs大阪桐蔭

2018年 練習試合(交流試合)・春  
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

愛知産大三河が大阪桐蔭に勝利で愛知勢が2連勝



先発・森本昂佑(大阪桐蔭)

 2試合目も大阪桐蔭にとって苦しい試合だった。1試合目で根尾 昂柿木 蓮横川 凱が登板。西谷監督はこの試合についてほかの投手登録の5名を起用することを決めていた。

 そして先発したのが中京大中京戦でリリーフした森本 昂佑(3年)だった。森本は右手がだらっと下がった独特のグラブの使い方をする左投手。常時130キロ中盤(最速139キロ)のストレートは威力があり、120キロ前後のスライダーを織り交ぜながら投球を展開する。中京大中京戦ではストレートもスライダーも高めに浮き、苦しい内容だったが、この試合では制球力に気を付けて投げていた。

 だがばらつきが激しく、2回表、1番石原 剣太(2年)に適時打を打たれ、1点を失う。森本は3回まで1失点の力投でマウンドを降りる。3回裏、大阪桐蔭は敵失で1点を返す。

 4回表から左腕・道端(3年)が登板。道端はグラブを高々と上げて真っ向から振り下ろす左腕。ストレートは130キロ前半(最速133キロ)の速球と120キロ前後のスライダーを織り交ぜながら、2回無失点の好投を見せる。ただ制球にばらつきがあり、不安を残す内容となった。

 そして5回裏、大阪桐蔭は5番青地 斗舞(3年)の適時打で勝ち越しに成功する。

【次のページ】 愛知産大三河vs大阪桐蔭(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
健大高崎時代は3季連続甲子園出場 勝たせる捕手・柘植世那(西武)の軌跡を追う 【ニュース - 高校野球関連】
150キロ台到達へ!荒削りの145キロ右腕・牟田稔啓(香椎)の歩み 【ニュース - インタビュー】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
第66回 史上初の二度目の春夏連覇を導いた西谷監督が語る大阪桐蔭に必要な2つのマインドから見える一流選手になる条件【名将たちの言葉】
第1102回 目指せ世代ナンバーワン左腕&辻内崇伸超え!大型左腕・松浦慶斗(大阪桐蔭)の育成計画【後編】 【2020年インタビュー】
第1101回 最速146キロの大型左腕・松浦慶斗はなぜ旭川を飛び出して大阪桐蔭を選んだのか?【前編】 【2020年インタビュー】
第1100回 伸び盛りの二刀流・仲三河優太(大阪桐蔭)が目指すは投打での大活躍! 【2020年インタビュー】
第1100回 大阪桐蔭の左腕エースでは田中誠也以来の実力派・藤江星河を覚醒させた「内角攻め」と「チェンジアップ」 【2020年インタビュー】
第1097回 憧れは野茂英雄。世界一、日本一の投手になるために1分1秒を無駄にしたくない 関戸康介(大阪桐蔭)【後編】 【2020年インタビュー】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
第72回 「気持ちの強さ、フォーム、腕の振り、全てで他の選手より優れていた」恩師が語る山本拓実(中日ドラゴンズ)【前編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
天理vs大阪桐蔭【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
愛知産大三河vs安城【愛知県 2019年秋の大会 第141回 中日旗争奪 全三河高校野球大会】
大阪桐蔭vs智辯学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs明石商【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
愛知産大三河 【高校別データ】
大阪桐蔭 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る