2018年06月10日 岡崎市民球場

愛知産大三河vs大阪桐蔭

2018年 練習試合(交流試合)・春  
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

愛知産大三河が大阪桐蔭に勝利で愛知勢が2連勝



先発・森本昂佑(大阪桐蔭)

 2試合目も大阪桐蔭にとって苦しい試合だった。1試合目で根尾 昂柿木 蓮横川 凱が登板。西谷監督はこの試合についてほかの投手登録の5名を起用することを決めていた。

 そして先発したのが中京大中京戦でリリーフした森本 昂佑(3年)だった。森本は右手がだらっと下がった独特のグラブの使い方をする左投手。常時130キロ中盤(最速139キロ)のストレートは威力があり、120キロ前後のスライダーを織り交ぜながら投球を展開する。中京大中京戦ではストレートもスライダーも高めに浮き、苦しい内容だったが、この試合では制球力に気を付けて投げていた。

 だがばらつきが激しく、2回表、1番石原 剣太(2年)に適時打を打たれ、1点を失う。森本は3回まで1失点の力投でマウンドを降りる。3回裏、大阪桐蔭は敵失で1点を返す。

 4回表から左腕・道端(3年)が登板。道端はグラブを高々と上げて真っ向から振り下ろす左腕。ストレートは130キロ前半(最速133キロ)の速球と120キロ前後のスライダーを織り交ぜながら、2回無失点の好投を見せる。ただ制球にばらつきがあり、不安を残す内容となった。

 そして5回裏、大阪桐蔭は5番青地 斗舞(3年)の適時打で勝ち越しに成功する。

【次のページ】 愛知産大三河vs大阪桐蔭(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
【大阪】大阪桐蔭、履正社らが16強入り!次戦、履正社ー関大北陽の今夏2強が激突!<21日の結果・トーナメント表> 【ニュース - 高校野球関連】
【大阪】履正社、関大北陽が大勝で4回戦へ!<20日の結果・トーナメント表> 【ニュース - 高校野球関連】
第136回 やんちゃ坊主、甘えん坊でも能力は凄かった2018年U-15日本代表。コーチを務めた元プロ・徳元敏氏が語る侍戦士たち【西日本編】【高校野球コラム】
第134回 執念、チーム力、甘さ。東海大相模が大阪桐蔭との一戦で学んだこと【高校野球コラム】
大阪桐蔭vs東海大相模【2020年甲子園高校野球交流試合】
履正社vs大阪桐蔭【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
第272回 まさに世代屈指の投球!最速154キロを誇る剛腕・関戸康介(大阪桐蔭)の進化のポイントを解説【ドラフト特集コラム】
第271回 世代屈指の剛腕左腕・松浦慶斗(大阪桐蔭)も順調に成長中!【ドラフト特集コラム】
大阪桐蔭vs香里丘【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs上宮太子【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
第1022回 夏は大阪の「強いチームを倒す」。近大泉州の脅威の打撃力の秘密と揺るがぬ信念【後編】【野球部訪問】
第1145回 大学3年右腕ではトップの徳山壮磨(早稲田大)をレベルアップさせたフォーム改造術 【2020年インタビュー】
第1141回 中川卓也(大阪桐蔭-早稲田大)屈辱の1年を乗り越え、東京六大学で首位打者を狙える選手へ 【2020年インタビュー】
第1141回 二度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭の主将・中川卓也(早稲田大)が濃密な3年間で得たもの 【2020年インタビュー】
第1131回 捕手兼投手として、創部4年目のチームを近畿大会に導いた大黒柱・景山透唯(立命館守山)【前編】 【2020年インタビュー】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
愛知産大三河 【高校別データ】
大阪桐蔭 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る