2018年06月03日 江戸川区球場

花巻東vs関東一

2018年 練習試合(交流試合)・春  
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

ハイレベルな投手戦が展開!第2試合は両者譲らずドロー!



7回から登板し3イニングを無失点に抑えた背番号1の平山涼太(花巻東)

 江戸川区球場で行われた関東一花巻東の親善試合。第2試合は、両校が投手力の高さを見せて、緊迫した接戦となった。

 1回表、この試合でも先制したのは関東一だった。相手のエラーや暴投などで、一死三塁のチャンスを作ると、2番・沖本の場面で花巻東にワイルドピッチが出てしまう。三塁ランナーが生還し、関東一が1点を先制する。
 さらに3回表、関東一は8番・岡野が四球で出塁すると、バントと相手のパスボールで一死三塁のチャンスを作る。この場面で、1番・稲葉冬武がセカンドへゴロを放ち、この間に三塁ランナーが生還。得点は2対0となり、第1試合に続いて関東一が主導権を握ったかに見えた。

 しかし、その直後の3回裏、花巻東が遂に反撃に出る。
 8番・佐藤 千暁の内野安打と、代打・及川佑瞳のライト前ヒットで無死に、三塁のチャンスを作ると、1番・谷 直哉がレフト前ヒットを放って1点を返す。さらに無死一、三塁とチャンスは続き、打席には2番・上戸鎖 飛龍。ショートへ強いゴロは、ダブルプレーとなるものの、この間に三塁ランナーが生還し、花巻東は同点に追いつくことに成功した。

 関東一が終始試合の主導権を握り続けた第1試合とは対照的に、第2試合は序盤から両校が点を奪い合う展開となった。このまま、試合は一気に乱打戦に持ち込まれるかと思われたが、4回以降は一転して投手戦に入る。
 花巻東は、関東一リリーフ陣、米山、谷、土屋の三人の前に得点を奪うことができない。得点圏にランナーを進めることができたのも8回裏の1度のみで、同点に追いついた4回以降はスコアボードに「0」が並んでいった。一方、同点に追いつかれた関東一も、6回に二、三塁、8回には満塁という大きなチャンスが二度あったが、得点を奪うことができずに歯がゆい攻撃が続いた。
 結局、その後は2対2のまま試合は動かず、引き分けに終わった。両チームとも投手陣が好投を見せ、結果的には非常に引き締まった好ゲームとなった。

(取材・写真=編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
都立勢が光った東西東京大会を総括! 【ニュース - コラム】
第754回 西では日大三、東では二松学舎大付が制した東西東京大会を総括!【大会展望・総括コラム】
『野球ノートに書いた甲子園FINAL』発売記念!菊池 雄星が書き続ける野球ノートの中身に迫る 【ニュース - コラム】
下関国際vs花巻東【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第750回 【5日目見所】横浜が登場!一番の注目は創成館vs創志学園の好投手対決!!【大会展望・総括コラム】
第171回 ミレニアム世代のトッププロスペクト vol.20 「野村大樹」【ドラフト特集】
第172回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.19「石橋康太」【ドラフト特集】
二松学舎大附vs関東一【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権東東京大会】
関東一vs修徳【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権東東京大会】
花巻東vs盛岡大附【岩手県 2018年夏の大会 第100回選手権岩手大会】
関東一vs日大豊山【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権東東京大会】
第92回 日南学園と13年夏準優勝の延岡学園が競い、聖心ウルスラなども【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第723回 斎藤 未来也(関東一)力強さとスピードを兼ね備えた理想のトップバッターを目指して 【2018年インタビュー】
第720回 石橋康太(関東一)「甲子園とプロ入りを見据えて。世代屈指の捕手が始めた意識改革」 【2018年インタビュー】
第674回 試行錯誤を続ける大型捕手・石橋康太(関東一) 我慢の時を経て大爆発を 【2018年インタビュー】
第582回 石橋康太(関東一)「世代を代表する強肩強打の捕手へ まずは足元を大事に」 【2017年インタビュー】
第558回 小玉 佳吾(東海大菅生)「自分が打って、抑えて、東海大菅生の名を轟かせたい」 【2017年インタビュー】
関東一 【高校別データ】
花巻東 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る