2018年05月27日 日体大グラウンド

大阪桐蔭vs日本体育大学

2018年 練習試合(交流試合)・春  
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

大阪桐蔭、日体大に2連勝!学びの場で大きな収穫を得る



本塁打を打った山田健太(大阪桐蔭)

 大阪桐蔭の大勝で終わった第1試合。第2試合も序盤から大阪桐蔭打線が活発だった。

スタメンは以下の通り。
大阪桐蔭
1番ライト・石川 瑞貴
2番レフト・宮本涼太<
3番ファースト・中川 卓也
4番センター・藤原 恭大
5番ショート・根尾 昂
6番セカンド・山田 健太
7番キャッチャー・飯田 光希
8番DH・青木 大地
9番サード・山田 優太
ピッチャー・柿木 蓮
■日本体育大
1番レフト・石田 玄太前橋育英
2番ショート・石井幸大(愛工大名電
3番サード・三野原 愛望東福岡
4番DH・髙垣 鋭次智辯和歌山
5番ライト・有住 隆哉明秀学園日立
6番キャッチャー・小口 丞太郎関西中央
7番ファースト・小林 虎太郎作新学院
8番セカンド・渥美陸(日大高
9番センター・関谷 将貴春日部共栄
ピッチャー・鳥谷部慎吾(弘前東

 1回裏、大阪桐蔭は5番根尾 昂の適時打で1点を先制。さらに6番山田 健太の3ランで一気に4点を先制。2回表に1点を失うが、2回裏、3番中川 卓也の適時二塁打で1点追加。しかし3回表、日体大の4番高垣の犠飛、さらに5回表にも4番高垣の右前2点適時打で5対4と1点差に迫られる。

 この嫌な流れを払拭したのが3番中川。5回裏、ランナー一塁においてライトスタンドへ飛び込む本塁打を放ち、7対4と突き放す。

 その後も得点を重ね、2試合連続二けた得点を記録した。先発の柿木 蓮は7回4失点の力投。8回裏から左腕の森本が登板し、8回表に内野ゴロで1点を失ったが、後続を抑え、10対5で日体大に2連勝を収めた。

 大阪桐蔭は大きな収穫を得て、大阪に戻った。

 中川 卓也主将「大学生相手に2試合とも勝ち切れたのは自信となりましたが、まだ守備のミスが多く反省点が多いです。今のままだと大阪では勝てないので、しっかりと引き締めてやっていきたいです」
 日体大・古城監督「毎年この時期は3年生以下の選手で試合を組み、選手を育成しており、特に高校生との練習試合では主力以外の選手を出しています。ただ今日に限っては4年生を除いた主力選手を起用したのですが、こてんぱんにやられましたね…。2試合続けて10失点というのは記憶にないです。強いチームでした。高校生と試合をすることは、高校生にとっても、私たちにとっても刺激となっています。選手たちにとっては負けられないプレッシャーが高校生と戦う良いところだと思います。

 逆に私たちも社会人チーム、プロの二軍チームと試合を組ませていただき、そこから学びや刺激になっていることも多いので、高校生と大学生が交流する機会はもっと増えると良いですし、我々も大事にしたいと思います」。

(取材・写真=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る