2018年05月19日 那覇市営奥武山野球場(沖縄セルラースタジアム那覇)

九州学院vsコザ

2018年 練習試合(交流試合)・春  
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

ちばりよ!沖縄球児 當山雅通

二桁安打と蒔田の完封で九州学院が勝利



完封した蒔田 稔(九州学院)
 

  昨年の秋季熊本県大会、そして去った春季熊本県大会と、連続して決勝戦を戦った文徳九州学院が来沖しての熊本県派遣親善交流強化試合。初戦を落とした九州学院だったが、第2試合では投打で圧倒し大勝した。

1番から5番まで全員2安打!

 1番の川野、2番古澤、3番緒方、4番木村、5番友田と全員2安打。さらに7番工藤が3安打。全員安打とまではいかなかったが、圧巻の二桁安打で九州学院が完勝した。
九州学院は1回、二死から緒方 敬亮木村 颯に連続ヒットが生まれると友田佑卓が右中間を破る2点タイムリー三塁打で先制した。
 九州学院は5回、川野亮多がレフトへ二塁打を放つと緒方のタイムリーヒットで3点目。続く6回にも一死一・三塁とし、代打で登場した春木一志がセンター前タイムリーヒットで4点目をあげた。
 投げては蒔田 稔が、130km後半の威力あるストレートをグイグイ投げ込む好ピッチングでコザ打線をシャットアウト。8奪三振完封で、第1試合のチームの不甲斐なさを返した。
 コザは悔しい力負け。5回まで僅か2安打。しかし6回、エラーとパスボールで無死二塁。結果はセカンドゴロからのサードへの転送でチャンスは潰えたが、上位打線で迎えるチャンスは打って返そうとの意気が見えたのは、個人的には好印象。来る夏へ向けてさらに一皮向けようとするナインの姿を、垣間見た気がした。

(取材・写真=當山 雅通

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第22回 コザ(沖縄) ”きょうそう”で再び聖地へ【冬が僕らを強くする2021】
140キロの剛腕擁するコザの冬場の取り組みに迫る! 【ニュース - コラム】
沖縄電力の最速149キロ右腕・内間 敦也(コザ出身)が横浜DeNA相手に2奪三振の快投! 【ニュース - 高校野球関連】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第266回 村上宗隆を獲得できていれば巨人の未来はどうなった?巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが2017年ドラフトを振り返る【ドラフト特集コラム】
第1005回 投打に充実の沖縄尚学がいるAブロック、具志川や未来沖縄らがひしめくBブロック!【春季沖縄県大会展望・前編】【大会展望・総括コラム】
第5回 山陽道でそれぞれの時代を形成してきた岡山東商、広島商、宇部商【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第1091回 野球人生の分岐点は兄の直言があった。川野涼多(九州学院)が松井稼頭央二世と呼ばれるまで 【2019年インタビュー】
コザvs宮古【沖縄県 2019年 第44回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
横浜vsコザ【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第713回 宜保 翔(KBC学園未来高校沖縄)強烈な個性と圧倒的努力で「やりたいことをやり切る」 【2018年インタビュー】
未来沖縄vs九州学院【2018年 練習試合(交流試合)・春】
コザvs沖縄尚学【沖縄県 2018年春の大会 春季沖縄県大会】
コザvs美来工科【沖縄県 2018年春の大会 春季沖縄県大会】
九州学院 【高校別データ】
コザ 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る