2018年05月19日 那覇市営奥武山野球場(沖縄セルラースタジアム那覇)

未来沖縄vs九州学院

2018年 練習試合(交流試合)・春  
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

ちばりよ!沖縄球児 當山雅通

相手の隙を突いたKBC学園未来沖縄が九州学院を退けた



低めのボールを巧くさばいた宜保翔(未来沖縄)
 

 昨年の秋季熊本県大会、そして去った春季熊本県大会と、連続して決勝戦を戦った文徳九州学院が来沖しての熊本県派遣親善交流強化試合。まずはKBC学園未来沖縄が、九州学院を退けて辛勝した。

無安打、1安打で得点

 1回、2回と無得点のKBC学園未来沖縄は3回、この試合初打席の9番平良光がヒットで出塁。その初球、キャッチャーの僅かなパスボールを見逃さず二塁へ進塁。次打者のライトフライで三塁を陥れた。ここで2番山城翔也が一塁線へ転がしスクイズ成功。1安打で1点目をもぎ取った。

 中盤6回には二死一塁から死球で塁を埋める。と次の瞬間、二走の山城が三塁を狙う。走ってないと思った九州学院の工藤に若干の狂いが生じる。送球が逸れる間に、山城が本塁生還を果たした。この2点目は何とノーヒット。続く7回には、下地俊輝にレフトへの二塁打が生まれると九州学院に中継ミスが生じ、ボールがKBC学園未来沖縄側ベンチへ入る。送球でのボールデッドなのでテイクツーが与えられ、下地が悠々と生還した。

 おそらく九州学院の選手たちは沖縄の暑さも手伝ってか、この試合はキレが鈍いように見えた。攻撃の面でも、6回まで二塁を踏んだのは一度のみと不本位な形が続いていたが、7回には二死二塁から川野 涼多がタイムリー。9回にも押し出し四球で1点差に詰め寄ったが最後はセンターフライ。九州学院らしさを見せられずに終わったが、それを晴らすかのように第2試合では投打で相手を圧倒するのだった。

(取材・写真=當山 雅通

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧 【ニュース - コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
山田哲人や村上宗隆などヤクルト歴代のドラフト1位でベストナインを組むと…? 【ニュース - 高校野球関連】
第266回 村上宗隆を獲得できていれば巨人の未来はどうなった?巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが2017年ドラフトを振り返る【ドラフト特集コラム】
北山vs未来沖縄【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
第1005回 八重山農は春も快進撃なるか、また沖縄水産と興南が同ブロックへ【春季沖縄県大会展望・後編】【大会展望・総括コラム】
第971回 森、会沢に続く次世代「強打の捕手」は九鬼隆平に期待!【高校野球コラム】
第1091回 野球人生の分岐点は兄の直言があった。川野涼多(九州学院)が松井稼頭央二世と呼ばれるまで 【2019年インタビュー】
第12回 村上宗隆並みに本塁打を積み重ねる韓国の怪童・カン・ベッコに注目だ【世界の高校野球】
未来沖縄vs名護【沖縄県 2019年春の大会 春季沖縄県大会】
未来沖縄vs小禄【沖縄県 2018年 第45回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
美来工科vs未来沖縄【沖縄県 2018年夏の大会 第100回全国高等学校野球選手権記念沖縄大会】
第713回 宜保 翔(KBC学園未来高校沖縄)強烈な個性と圧倒的努力で「やりたいことをやり切る」 【2018年インタビュー】
九州学院vsコザ【2018年 練習試合(交流試合)・春】
九州学院 【高校別データ】
未来沖縄 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る