2018年05月12日 中京大中京グラウンド

中京大中京vs常葉橘

2018年 練習試合(交流試合)・春  
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

中京大中京と常葉大橘、共に春季大会の消化不良部分を確認し合いながらの調整



好投した中京大中京・川崎慶幸君
  

 先の春季県大会では、2回戦で西春に、まさかの初回8失点で敗退した中京大中京。その試合でも先発したエース浦野 海斗君の立ち上がりの不安定さが大きな課題となったが、これから夏までの約40日の間にその修正をしていかなくてはならない。この試合でも、浦野君がどんな立ち上がりをするのかということは気になったところではあったが、初回早々に常葉大橘に掴まってしまった。

  

 2回からは、初回とは全く別のように気持ちの入った投球が出来ていただけに、試合の入り方というか、そのあたりはまだまだ課題とされたままだった。西春との試合の時は、乱れたというよりも、コツコツとはじき返されて、気がついたら6連打ということになっていってしまったというが、この日は先頭の佐藤 大輔君が上手に外の球を拾って右中間に三塁打すると、続く加部君が右犠飛を放ってあっさりと常葉大橘が先制した。このあたりは常葉大橘の積極的な姿勢も光っていたが、浦野君としては、1点を失ったとはいえ一死で走者なしとなったのだから、ここで切り替えていきたいところだった。しかし、その直後に死球を与えてしまったことで、相手の攻撃を続けさせてしまうこととなった。これは反省点であろう。

  

 常葉大橘はさらに4番夏目君が安打してつないで、藤本君の犠飛や、6番堤君の中越二塁打もあってこの回3点となった。

  

 夏目君は主将も務めているが、新チームのスタートの際に立候補して主将になったというが、片平恭介監督は、その気持ちを買って任せたという。そして、夏目君自身も捕手としては捕球からの素早い送球や好リードを示していた。打者としても中軸を任されて期待に応えて、プレーで引っ張っていくスタイルを示している。

  

 なお、試合としては4回に中京大中京が2番今泉君のタイムリーで一旦は逆転。しかし、5回には常葉大橘が四死球と連続失策に乗じて再逆転。中京大中京は、高橋源一郎監督が、「内野陣も核となる選手が出てこないので、1年生も含めた中で、刺激を与えながら、もう一度作っていきたい」と考えた中で、起用していった下級生が思い切ったプレーをしながらも、それが送球ミスを招いてしまったという結果になった。もっとも、一生懸命やっていった中での失策は、次への修正材料として捉えていけばいいという考え方である。

  

 中京大中京は、4番で昨年からのメンバーとして残っている甲子園経験者の一人でもある澤井 廉君が、7回に二塁打して同点となる切っ掛けを作った。そして8回には8番に入っていた板倉君の二塁打と1番伊賀君の巧みなバント安打などで無死満塁として、今泉君の犠飛と澤井君のタイムリーなどで2点を加えてリードを奪った。

  

 いろいろ試していきながらも、試合展開としても8回という終盤で再リード、今度はこのリードをどうキープして逃げ切っていかれるのかなということもテーマとなったが、常葉大橘は9回に、食い下がって同点とする。中京大中京は、一死で板倉君が四球を与えた段階で4人目として澤井君をマウンドに送ったが、押し出しもあってリードを守り切れなかった。

  

 結局、こうして1試合目は乱戦状態での引分けとなったが、それぞれの得点シーンの中で、何をどうしていくのかというところをもう一度見つめ直していく機会にもなったようだ。中京大中京の高橋監督は、「試合の場面の中で、自分の感情を度コントロールしていかれるのか、そういうところもポイントとなっていく」と、選手をどう見つめて観察していくのかというところに苦悩しながら、試行錯誤している。

  

 常葉大橘は片平監督が、「型にはまっていかないようにラン&ヒットで積極的に動かしていきながら、どんな場面で何が出来るのかも試していきたい」という思いだったが初回、5回などはそれがいい形に出て、相手の守りも乱すことが出来た。

  

 投手陣の整備と新たな台頭もテーマとなっている中京大中京は、2試合目では左腕の川崎君が力強い投球で好投したことは大きな収穫だった。「このところ、起用した試合ではいつも、比較的内容がいいんですよ」と、高橋監督もその成長は喜んでいる。タイプとしては馬力で投げ込んでくる、どちらかと言うと昭和時代の高校野球を思わせる投手ではあるが、投球度胸もあった。

  

 常葉大橘は積極的な走塁もあって、二塁打を稼いでいっていたが、2試合目に関しては、打線としては繋がり切っていかなかった。

 

成長がとても楽しみなチームになってきた。

 

(取材・写真=手束 仁

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
多治見工、岐阜聖徳学園が優勝を決めた!!【東海地区 大会結果】 【ニュース - 高校野球関連】
通算本塁打13本のうち6本が公式戦の脅威の実践の強さを持つ井上朋也(花咲徳栄)が語る意気込みとは 【ニュース - インタビュー】
第779回 危機感を乗り越え史上初の2度目の春夏連覇!!大阪桐蔭の1年間を試合レポートで振り返る!【後編】【大会展望・総括コラム】
第774回 東邦が優勝!そしてフレッシュな顔ぶれもあった秋季東海大会を振り返る!【大会展望・総括コラム】
第803回 切磋琢磨した3年間を糧に飛躍を誓う!草薙柊太(国士舘高)【後編】 【2018年インタビュー】
津田学園vs中京大中京【2018年秋の大会 第71回秋季東海地区高等学校野球大会】
中京大中京vs菰野【2018年秋の大会 第71回秋季東海地区高等学校野球大会】
中京大中京vs静岡【2018年秋の大会 第71回秋季東海地区高等学校野球大会】
第798回 中京学院大中京と東邦が2強、菰野が追う!1回戦では中京大中京と静岡に注目【大会展望・総括コラム】
第794回 東邦の優勝で幕を閉じた秋季愛知県大会!来春に伸びてくる実力校とは?【大会展望・総括コラム】
東邦vs中京大中京【愛知県 2018年秋の大会 第71回愛知県高校野球選手権大会】
第783回 東邦など名古屋地区の私学4強が分散、豊川、西尾東などがどこまで抵抗示すか【大会展望・総括コラム】
中京大中京vs東浦【愛知県 2018年秋の大会 第71回愛知県高校野球選手権大会】
第580回 磯村峻平(中京大中京)「世界大会の好投でつかんだ自信」 【2017年インタビュー】
第479回 中京大学附属中京高等学校 佐藤 勇基選手「U-18代表入りして得た知識や経験を最大限活かしたい」【後編】 【2016年インタビュー】
第478回 中京大学附属中京高等学校 佐藤 勇基選手「侍ジャパンU-18でもベストナイン!今夏屈指の遊撃手!」【前編】 【2016年インタビュー】
第419回 上野 翔太郎投手(中京大中京―駒澤大学) 「満身創痍の中でも快投ができたコンディショニング術」 【2016年インタビュー】
中京大中京 【高校別データ】
常葉橘 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る