2018年05月12日 鴨池市民球場

作新学院vs鹿屋中央

2018年 練習試合(交流試合)・春  
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

鹿児島発 球道夢限 政純一郎

打撃戦と守り合い・鹿屋中央



7回から登板した倉 幸樹(鹿屋中央)
  

 作新学院が送りバントをほとんど使わない超攻撃的なチームとの話は聞いていたが、この試合でもそうだった。

 

 2回、1試合目のれいめい戦でも先制のタイムリー三塁打を放った4番・沖龍(3年)がレフトオーバー二塁打で出塁すると、5番・小林祐輝(3年)のライト前タイムリーで先制。相手のエラーで2点を先取した。

 

 3回は一死から3番・篠田 大輔(3年)がレフト線二塁打で出塁し、4番・沖がセンターオーバー三塁打を放ち3点目。沖は2試合連続で打点を挙げる勝負強さを発揮した。

 

 4回、先頭の7番・小林 龍憲(3年)がレフト前ヒットで出塁。送りバントはしなくても足は使うぞとばかり、二盗、三盗と決めてチャンスを広げ、1番・小田桐 大(3年)のレフト前タイムリーでダメ押した。

 

 鹿屋中央は3回まで4安打しながらも拙攻で生かせず、3回の1点のみと押され気味の展開だったが、4回裏に意地を見せる。

 

 先頭の6番・松田 修吏(3年)がライト前ヒットで出塁。盗塁を決め、7番・山内 拓翔(3年)のレフトオーバー二塁打、9番・向井 翔太郎主将(3年)の右中間三塁打、1番・迫 大貴(3年)のセンター前タイムリーで3点を返し、一気に試合を振り出しに戻した。作新学院のお株を奪う、バントを使わない積極的な攻めが功を奏した。

 

 点の取り合いになるかと思われた序盤の展開だったが、作新学院は6回から2番手・坂主 清(2年)、9回をエース髙山 陽成(3年)と継投。鹿屋中央も7回からは右下手の倉 幸樹(3年)とつなぎ、中盤以降は互いに追加点が奪えず、9回規定により引き分けとなった。

 

(取材・写真=政 純一郎

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第23回 激動の時代に親子鷹で話題となった原辰徳の高校時代【高校野球ヒストリー】
第26回 作新学院高等学校(栃木)【8年連続14回目出場】【第100回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
私立苦戦、公立校の勢いがすさまじかった!鹿児島大会を振り返る! 【ニュース - コラム】
第752回 【鹿児島大会総括】伝統校の勝負強さ、健在なり【大会展望・総括コラム】
乱打戦あり、タイブレークあり!第100回大会2日目を徹底レポート!【選手権大会】 【ニュース - 高校野球関連】
大阪桐蔭vs作新学院【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第745回 【2日目見所】16年覇者・作新学院、選抜覇者・大阪桐蔭が対戦!北海道勢は2校が登場!【大会展望・総括コラム】
第742回 レジェンドたちの始球式、ドラフト候補の競演など第100回甲子園は見所満載!【大会展望・総括コラム】
鹿児島実vs鹿屋中央【鹿児島県 2018年夏の大会 第100回選手権鹿児島大会】
鹿屋中央vs鹿児島南【鹿児島県 2018年夏の大会 第100回選手権鹿児島大会】
鹿屋中央vs樟南【鹿児島県 2018年夏の大会 第100回選手権鹿児島大会】
作新学院vs白鷗大足利【栃木県 2018年夏の大会 第100回選手権栃木大会】
第435回 作新学院高等学校 今井達也選手 「我慢強さが呼び込んだアジア制覇!」  【2016年インタビュー】
第432回 作新学院高等学校 入江大生選手 「甲子園で魅せた豪打再び!」  【2016年インタビュー】
第15回 甲子園総括コラム~意図がある前進守備~ 【2014年選手権大会】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
第8回 第96回選手権地区大会は「波乱の大会」だったのか 【2014年選手権大会】
鹿屋中央 【高校別データ】
作新学院 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る