2018年05月12日 鴨池市民球場

作新学院vsれいめい

2018年 練習試合(交流試合)・春  
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

鹿児島発 球道夢限 政純一郎

「個の力」より「組織の力」の差、痛感・れいめい



作新学院の得点シーン
 

 作新学院は3回、一死からエラー、内野安打、代打・大河内 陸斗(2年)のレフト前ヒットで二死一二塁とすると、4番・沖龍(3年)がライト方向へ走者一掃の三塁打を放ち、2点を先取した。

  

 れいめいは5回まで3番・川口 孝(3年)の2安打のみに抑えられていたが、6回裏、一死から1番・巻木 和也(2年)がライトスタンドでソロを叩き込み1点を返す。

  

 終盤も毎回のように作新学院がチャンスを作りながらも、れいめいはエース松江 優作(3年)が踏ん張って追加点を許さず。打線の援護が期待されたが、こちらも追加点が奪えず1点差で敗れた。

  

 1点差の「惜敗」だったが「四死球、エラーを出さない。先頭打者は抑えられる。こちらが流れを引き戻すきっかけさえ与えてもらえなかった」とれいめい・湯田太監督は脱帽した。

  

 作新学院の野手のフットワークや打球に対する反応の速さが際立っていた。「良い当たりと思った打球が相手の正面ということが何本もあった」(湯田監督)

 

 決して偶然ではない。「捕手の配球ごとに野手が守備位置を変えている」のをエース松江は打席で感じた。つまりは投手がしっかり捕手の要求通りに制球できているので、野手も打つ方向が予測でき、打った瞬間に思い切ったスタートが切れる。れいめいとしては「打った」というよりも「打たされた」感覚に陥ってしまう。

 

 この試合の作新学院は途中交代も含めて18人の選手が出場。湯田監督は「代わって出る選手も同じようなレベルのプレーをしていた」と感じ「個の力の差はそこまで感じなかったが、組織としての力の差を感じた」と言う。

 

 とはいえ、相手の力に脱帽しっぱなしでは同じ春の県大会優勝校のプライドが泣く。「この試合で経験したこと、感じたことをこれからに生かして欲しい」と湯田監督は選手の奮起を期待した。

 

 エース松江は9安打されたが2失点と好投。直球、スライダーに加えて縦のカーブが良いアクセントになり、回を追うごとに腕が振れて緩急を活かした投球がさえた。「自分の投球が通用する自信がついた」投球内容だった。同時に「良い投球から攻撃にリズムを作る」ことをこの日のテーマに掲げていたが、それはできなかった。夏までに取り組む課題がはっきり見えた。

(取材・写真=政 純一郎

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第23回 激動の時代に親子鷹で話題となった原辰徳の高校時代【高校野球ヒストリー】
第26回 作新学院高等学校(栃木)【8年連続14回目出場】【第100回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
乱打戦あり、タイブレークあり!第100回大会2日目を徹底レポート!【選手権大会】 【ニュース - 高校野球関連】
大阪桐蔭vs作新学院【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
大阪桐蔭・柿木が好投!作新学院を下し二回戦へ【甲子園 一回戦】 【ニュース - 高校野球関連】
第745回 【2日目見所】16年覇者・作新学院、選抜覇者・大阪桐蔭が対戦!北海道勢は2校が登場!【大会展望・総括コラム】
第742回 レジェンドたちの始球式、ドラフト候補の競演など第100回甲子園は見所満載!【大会展望・総括コラム】
第741回 第100回記念大会の組み合わせ決定 大阪桐蔭、智辯和歌山の戦いの行方は?【大会展望・総括コラム】
作新学院vs白鷗大足利【栃木県 2018年夏の大会 第100回選手権栃木大会】
加治木vsれいめい【鹿児島県 2018年夏の大会 第100回選手権鹿児島大会】
れいめいvs樟南二【鹿児島県 2018年夏の大会 第100回選手権鹿児島大会】
れいめいvs松陽【鹿児島県 2018年夏の大会 第100回選手権鹿児島大会】
第689回 鹿児島の快速左腕・松江優作(れいめい)!昨夏から球速5キロアップを実現したトレーニングとは? 【2018年インタビュー】
第435回 作新学院高等学校 今井達也選手 「我慢強さが呼び込んだアジア制覇!」  【2016年インタビュー】
第432回 作新学院高等学校 入江大生選手 「甲子園で魅せた豪打再び!」  【2016年インタビュー】
第407回 れいめい高等学校 太田 龍投手【後編】「無冠の大器、夏への決心」 【2016年インタビュー】
第406回 れいめい高等学校 太田 龍投手【前編】「勝つ喜びを知っているから…」 【2016年インタビュー】
作新学院 【高校別データ】
れいめい 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る