2018年03月11日 狭山清陵高校グラウンド

狭山清陵vs佐和

2018年 練習試合(交流試合)・春  
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   


2試合続けて本塁打を打った岡田明大選手(佐和)

 スコアとしても、6回に失策絡みで1点を失ったが、その裏に5番岡田明大君の2ランで1点差と追い上げた直後である。それだけに、大川監督としては、何とか粘って凌いでほしいところでもあったであろう。しかし、一死後内野安打と四球で崩れ、暴投もあって走者を進めてしまったところで、1番清水君に右中間を破られた。さらに、松本君にもタイムリー打が出て、狭山清陵はこの回4点でリードを広げた。

このリードを3人目の川野君が粘って何とか凌いでいった。

遠山監督が、「投げるたびに、収穫があると感じさせてくれる」と評価している川野君は、2試合目でも1対2とリードされている場面の6回から登板して、チームも逆転して、8番に入っていた自身のバットでも得点を挙げるなど、いい形を示していた。

もっとも、リードを貰いながらも、8回には失策からリズムを崩し、連続四球を与えるなどでリードをキープしきれなかった。それでも、8回今度は打球も右線へ切れていった自身の三塁打などでまたもリードするが、9回に、檜山君と岡田君に連続本塁打を浴びるなどでまたまたリードを許す。

 ところが、それを狭山清陵がもう一度取り返すという展開だ。いくらか乱戦気味にもなってしまったのだが、狭山清陵としては、最後まであきらめない姿勢は示すことは出来た。

佐和としては、逆転されてもう一度取り返したものの、すぐに逆転された。それをもう一度ひっくり返したまではよかったのだが、9回二死走者なしから4点を失うという、「あと一つのアウトの難しさ」を春先早々から、試合を通じて改めて実感することとなった。

 まだまだ、試合解禁となったばかりである。冬の間に積み重ねてきたことが、どれだけ発揮できるのか。その一つ一つを試していきながら、確認しているというところでもあろう。埼玉県と茨城県は、春季県大会の一次予選まであと1カ月ほどだ。その間に新入生も入ってくるということもあるだろうし、新しい刺激を受けながら、春に向けてそれぞれが希望を追っているということも感じられる1日だった。

 佐和打線は、グラウンドがやや狭いとはいえ、岡田君の2本を含めて4本塁打、二塁打も3本、三塁打2本という長打を放った。ことに、高野君と塩沢君の左打者陣はいい感じのスイングで調子を開けでいた。高野君は2試合で7打数4安打本塁打一本で四球も3つ。9打席で7度の出塁と好リードオフマンぶりを示していた。また、捕手としてもしっかりと役を果たしていた好選手だった。

 狭山清陵は2年生6人、1年生11人と現状は小世帯だが、この日は新入学予定で入部希望者が何人か見学にも訪れていた。その目の前で、少人数ながら「しっかりとまとまっているぞ」というところを示すことが出来たのではないだろうか。

 なお、この日は東日本大震災が起きて7年目となる日。第2試合の8回途中、14時46分には黙祷が捧げられた。両校選手も、見守る父母や関係者も、起立脱帽で、1分間の黙祷を行った。そして、「野球が出来ることを幸せと感じて、一生懸命やりましょう」と、遠山監督が声を掛けて試合再開となった。

(レポート=手束 仁

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
東海大相模、厚木北が4回戦へ!2試合を徹底レポート!【秋季神奈川県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
川越西と狭山清陵が代表決定戦で勝利!地区予選2試合を徹底レポート!【秋季埼玉県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
狭山清陵vsふじみ野【埼玉県 2018年秋の大会 埼玉県地区予選】
佐和vs茨城キリスト【茨城県 2018年秋の大会 茨城県大会 地区予選】
狭山清陵vs瀬谷【2018年 練習試合(交流試合)・春】
小瀬vs佐和【茨城県 2018年春の大会 茨城県大会 地区予選】
狭山清陵vs鶴ヶ島清風【埼玉県 2018年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会 地区予選】
第62回 狭山清陵(埼玉)「マネージャー心得」で戦力として一緒に戦う姿勢を作る【頑張る!マネージャー】
第167回 【第97回茨城大会展望】選抜ベスト8の常総学院を軸に激戦が予想される茨城を制するのは?【大会展望・総括コラム】
狭山清陵 【高校別データ】
佐和 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る