2017年11月14日 明治神宮野球場

明徳義塾vs創成館

2017年 第48回明治神宮野球大会 決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

市川、被安打4完封!明徳義塾、守りで創成館の勢いを封じ36年ぶりの優勝



優勝した明徳義塾

 明治神宮野球大会高校の部の決勝戦は、今年の高校野球、最後の公式戦でもある。夏の甲子園では68本の本塁打が量産され、高校野球もこれまで以上のパワー時代が到来したことを印象付けられたが、新チーム結成から間もない、秋の神宮球場では、守りの重要さを改めて認識させられる内容になった。

 決勝戦は、ベテランの馬淵史郎監督率いる高知県の明徳義塾と、馬淵監督と同じく、社会人野球の監督経験者で、馬淵監督を「目標とする監督」と語る稙田龍生監督が率いる長崎県の創成館の対戦になった。

 大阪桐蔭の失策を得点に結び付けるなどして、勢いに乗って勝ち上がってきた創成館であるが、決勝戦では、失策が失点につながり、不利な展開になった。

 1回表明徳義塾は1番・眞鍋 陸が遊ゴロ。遊撃手から一塁への送球を一塁手が落球した。2番・田中 闘は三振に倒れたが、真鍋は二盗に成功。4番・谷合 悠斗、5番・安田 陸が続けて左前安打を放ち、明徳義塾が1点を先制する。「谷合と安田がチェンジアップをうまく打った」と馬淵監督は語る。「向こうに1、2点取られて、追いかける展開になると決勝戦は苦しい」と語る馬淵監督にとって、貴重な先取点となった。

 それでも、創成館の先発、左腕の七俵 陸にすれば、失策でいきなり走者が出たものの、初回を1点だけで切り抜けたことは、そう悪くない立ち上がりであった。しかし、高知大会から四国大会、明治神宮野球大会と1人で投げ抜いている明徳義塾の先発・市川悠太がいいだけに、苦しい展開になった。

 明徳義塾は3回表には3番・渡部 颯太の中前安打、準決勝で本塁打を放つなど、当たりが出始めた4番・谷合が左前安打、5番・安田が四球で一死満塁とし、打席には6番・中隈 廉王。中隈は初球にスクイズを決め、明徳義塾が1点を追加した。「1球目からウエストはできないと思って、1球目からスクイズをしました」と、馬淵監督は言う。勝負師・馬淵の采配がズバリ当たった追加点だった。

 昨日に続き連投となる明徳義塾の市川について、馬淵監督が「スピードは落ちているけれども、丁寧に投げている」と語るように、140キロを超えるような球は投げないものの、創成館に付け入るスキを与えない。さらに試合後市川が、「苦しい時に打たせて取ることができるので、信頼して投げました」と言うように、野手の好守が連投の市川を救う。

 4回裏には創成館の3番・峯 圭汰の低いライナーを明徳義塾の左翼手・谷合がダイブして好捕。5番・松波基の二遊間に当たりを、遊撃手の菰渕 太陽がさばき、一塁に素早く送球して刺す。市川は野手の好捕もあって、この回を3球で終える。

【次のページ】 明徳義塾vs創成館(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
明徳義塾「パーフェクトな」、1年3か月ぶり県頂点獲得!明徳義塾vs高知を徹底レポート!【秋季高知県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
明徳義塾vs高知【高知県 2020年秋の大会 高知県秋季大会】
興南、創成館など10日、11日に敗退し、選抜が厳しくなった有力校たち 【ニュース - 高校野球関連】
高知vs明徳義塾【高知県 2020年秋の大会 高知県秋季大会】
明徳義塾vs高知中央【高知県 2020年秋の大会 高知県秋季大会】
明徳義塾vs高知商【高知県 2020年秋の大会 高知県秋季大会】
高知vs明徳義塾【高知県 2020年秋の大会 高知県高等学校選抜野球大会】
第1230回 50メートル5秒7の俊足を誇る奥野翔琉(明徳義塾)の盗塁技術の高さに迫る! 【2020年インタビュー】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第252回 2003年世代は投手豊作年!?森木大智、笹倉世凪、松浦慶斗など豪腕揃い【前編】【ドラフト特集コラム】
第6回 初戦突破率87%!四国を代表する名門・明徳義塾の戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
第8回 五島高校(長崎) 「逆転負けの悔しさを味わったチームの逆襲の冬」【冬が僕らを強くする2020】
第73回 「いろいろな人の夢を背負って」頑張ってほしい 恩師が語る・森 唯斗(福岡ソフトバンクホークス)【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1108回 蘇ったスター・岸潤一郎(徳島-西武)が振り返る独立リーグ時代。「心の底からNPBに行きたい気持ちでやったのは初めて」  【2020年インタビュー】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
第1010回 中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 【2019年インタビュー】
第911回 ユーティリティプレーヤーとしてNPBへ 岸潤一郎(徳島インディゴソックス) 【2019年インタビュー】
創成館 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】
第48回 明治神宮野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る