2017年11月05日 高知県立春野運動公園野球場

明徳義塾vs英明

2017年秋の大会 第70回秋季四国地区高等学校野球大会 決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

市川 悠太、投打に大車輪の活躍で、明徳義塾を連覇に導く!



最終回の逆転で2年連続9回目の秋季四国大会優勝を決め、喜ぶ明徳義塾・市川 悠太(左)ら選手たち

 高校野球において「ワンマンショー」という状況は本来、滅多に生まれないもの。だが、こと今回の第70回秋季四国大会における主役は間違いなく明徳義塾の背番号「1」。右サイドから最速145キロを投ずる市川 悠太(2年・投手・右投左打・184センチ73キロ・高知市立潮江中出身)。この決勝戦も然り。試合の主導権は100%中90%、対戦相手が握り続けていたにもかかわらず、終わってみれば主役は市川だった。

 とはいえ、英明の試合運びは「素晴らしい」の一語である。2回裏は恐怖の6番以下がチャンスメイク。6番・山上 慎太朗(1年・遊撃手・右投右打・172センチ62キロ・坂出市立白峰中出身)の右前打と8番・山下 鳴海(2年・左翼手・174センチ73キロ・右投右打・高松市立太田中出身)の右前打で二死一・三塁とすると、9番・中川 文太(2年・右翼手・175センチ75キロ・右投右打・橿原ボーイズ<奈良>出身)が3ボールから迷わずスイングしての中前打で先制点。

 その後は黒河 竜司(1年・投手・右投右打・180センチ75キロ・高松市立屋島中出身)、中村 太陽(2年・捕手・右投右打・165センチ75キロ・徳島ホークス<ヤングリーグ>出身)のバッテリーが最速136キロのストレートを内角。シュート回転の120キロ台後半のボールを左打者の真ん中から外角。そして120キロ中盤のスライダーを右打者の外角に落とす配球で8回まで8安打を浴びながらも無失点。「明徳義塾の焦りをついていく。これしかない展開」(香川 智彦監督)に持ち込んだ。

 しかし、この苦しい展開を市川は冷静にしのいだ。「もう1点取られてしまったら、相手に流れがいってしまう」と4回裏以降はストレートの割合を増加。6回は2・3・4番をすべて空振り三振で仕留めるなど8回裏までの5イニングを1安打ピッチング。

 そして迎えた9回表。明徳義塾は一死から5番・安田 陸(1年・捕手・右投右打・178センチ88キロ・明徳義塾中出身)の中堅手前進ダイビングキャッチのグラブ先をかすめる二塁打に続き、6番・谷合 悠斗(2年・左翼手・右投右打・179センチ81キロ・岡山メッツ<岡山・ヤングリーグ>出身)が詰まりながら一塁手手前に転がした打球が不規則バウンドで内野安打。さらにカバーに入った二塁手が対応しきれず後逸する執念が呼んだ幸運で同点とした。

 さらに二死二塁となって右打席に入ったのは8番・市川である。敬遠も考えられる中にあっても、市川は打席から闘志をメラメラと発していた。結果、初球の「狙っていた」変化球を振り切った打球は左翼手の頭上を越える逆転二塁打。その裏二死から失策で走者を許すも最後は山上を遊ゴロに仕留めた市川は、125球5安打8奪三振完投勝利。課題とされていた四死球も初回の死球1個のみに止め、明徳義塾を2年連続9度目の大会制覇と2年連続7回目の明治神宮大会進出に導く大車輪となった。

 「これで全国レベルになったね」。球場を離れる際に市川の評価について聞かれ、馬淵 史郎監督はこう笑顔で返した。となればもちろん、中5日で迎える明治神宮大会初戦、関東大会王者の中央学院(千葉)戦の先発は市川 悠太。夏の甲子園で成長のきっかけをつかんだ本格派右サイドは、秋の明治神宮で春の甲子園につながるステップを獲得するマウンドに立つ。

(レポート=寺下 友徳

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
注目の投手は?ミレニアム世代を代表する投手たちを一挙紹介!! 【ニュース - コラム】
第182回 ミレニアム世代の投手ビッグ3や指名有望な逸材の将来性を徹底解剖!【高校生編投手】【ドラフト特集】
高松商、英明などが準決勝進出!【秋季香川大会・8日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
英明vs香川高専高松【香川県 2018年秋の大会 香川県秋季大会】
第791回 「混戦・香川」を制するのは誰だ!【大会展望・総括コラム】
第789回 高知「4強」を超越するため、立ち向かう「挑戦者たち」【大会展望・総括コラム】
第13回 明徳義塾・市川 悠太「侍ジャパンU-18代表」で学んだこと【四国発】
第756回 復活傾向の市川悠太(明徳義塾)自身の野球人生をかけ、強気勝負で駆け上がる 【2018年インタビュー】
第771回 2017~2018シーズン高校野球振り返り(徳島・高知編) 「復活への胎動」徳島県、「戦国時代、序章へ」高知県【大会展望・総括コラム】
高知商vs明徳義塾【高知県 2018年夏の大会 第100回選手権高知大会】
丸亀城西vs英明【香川県 2018年夏の大会 第100回選手権香川大会】
明徳義塾vs高知中央【高知県 2018年夏の大会 第100回選手権高知大会】
英明vs大阪桐蔭【2018年 練習試合(交流試合)・春】
第636回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)目指すは春夏連覇と「ドラフト1位」【後編】 【2018年インタビュー】
第635回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)手探りの先に見えた「市川スタイル」【中編】 【2017年インタビュー】
第637回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)マウンドに上がれなかったセンバツを糧に【前編】 【2018年インタビュー】
第623回 西浦 颯大(明徳義塾ーオリックス) 「原点に返り「00」から始めるプロ野球選手の道」 【2017年インタビュー】
英明 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】
第70回秋季四国大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る