2017年10月27日 サーティーフォー保土ヶ谷球場

明秀学園日立vs慶應義塾

2017年秋の大会 第70回(平成29年度)秋季関東地区高等学校野球大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

頼れる主将がダメ押しアーチ!明秀学園日立が初の決勝へ



増田陸(明秀学園日立)

 慶應義塾は2点を追う8回裏、三番・関 展里外野手(1年)のタイムリーで1点差とすると、なおも一死二、三塁とチャンスを広げて、五番・大川 裕也外野手(2年)がセンター前へ2点タイムリーを放ち逆転に成功した。

 1点を追う形となった明秀学園日立は直後の9回表、先頭の五番・細川 拓哉投手(2年)がヒットで出塁すると、相手投手のボークなどで一死二、三塁とチャンスを広げ、八番・北野 凱士外野手(1年)が一塁線を破る2点タイムリーを放ち再逆転。さらに二死二塁から一番・増田 陸内野手(2年)がレフトスタンドへ勝負を決定づける2ラン。

 9回裏は細川投手から背番号11の上野 雄大投手(2年)へのリレーで慶應義塾を無得点に抑え、明秀学園日立が初の決勝へと駒を進めた。

 頼れる主将が勝負を決める一発を放った。「9回はみんなに俺に回せと言ってました」。その願いが叶い、回ってきた打席。「決めてやる」と内角高めのスライダーに対してバットを振り切った。高校通算16本目の本塁打だ。それだけではない。1打席目と2打席目には連続二塁打。準々決勝まで当たってなかった主将の復活劇だった。

 打席で左足を高々と上げてから構える。「自分は股関節が硬いので、自分で決めて新チームから始めました」と語るルーティーンは、今後全国の舞台で注目を集めそうだ。中学時代は大阪福島シニア出身。同期には大阪桐蔭中川 卓也(2年)、早稲田実業野村 大樹(2年)らがいる。この2人もそれぞれ新チームで主将を務めるだけに、全国の舞台での再会を楽しみにしている様子だった。

(文=松倉 雄太

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
藤代、水城が2回戦突破!【秋季茨城県大会・22日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
明秀学園日立が延長10回逆転で初戦突破!明秀学園日立vs下妻二の2試合を徹底レポート!【秋季茨城大会】 【ニュース - 高校野球関連】
明秀学園日立vs下妻二【茨城県 2018年秋の大会 茨城県大会】
慶應義塾vs津久井浜【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
慶應義塾vs平塚学園【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第775回 横浜と東海大相模が同ブロック!この秋も好カードが満載!【大会展望・総括コラム】
第771回 2017~2018シーズン高校野球振り返り(徳島・高知編) 「復活への胎動」徳島県、「戦国時代、序章へ」高知県【大会展望・総括コラム】
第754回 土浦日大が3強を下して優勝した茨城大会を総括!【茨城大会総括】【大会展望・総括コラム】
高知商vs慶應義塾【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第741回 ミレニアム世代の有力野手が一挙集結!大会を沸かせるバッターたち【大会展望・総括コラム】
第744回 記念大会は3学年で実力派が集結!甲子園を沸かせる剛腕たち(投手編)【大会展望・総括コラム】
慶應義塾vs中越【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第696回 谷田成吾(徳島インディゴソックス)「泥にまみれ、必ずNPBへ」 【2018年インタビュー】
第463回 明秀学園日立高等学校 細川 成也選手「目指すは次世代を担うスラッガー」 【2016年インタビュー】
第452回 加藤 拓也投手(慶應義塾高-慶應義塾大)「プロの世界では自分が勝負できるもので勝負したい」 【2016年インタビュー】
第5回 第96回選手権神奈川大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
慶應義塾 【高校別データ】
明秀学園日立 【高校別データ】
第70回秋季関東地区大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

明秀学園日立明秀、頑張れ!小さな応援団 2017.10.27
リードを守って勝ち抜いてください!
連日の試合、気力、体力ともに大変でしょうが、これまでの皆さんの努力はきっと実を結びます!
決勝までコマを進められるよう、日立から応援してます!
慶應義塾塾高がんばれ!Hank 2017.10.27
頑張れ塾高! 一瞬一瞬に集中してベストを尽くし、進んで行こう!!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る