2017年10月08日 松山中央公園野球場 (坊っちゃんスタジアム)

津田学園vs日本文理

2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

津田学園、下級生の活躍で「オール3年」日本文理を破る!



勝利した津田学園ナイン

 夏の甲子園では東海地区でも唯一となる甲子園1勝をあげた津田学園(三重)と、同じく夏の甲子園では鳴門渦潮(徳島)に快勝、仙台育英とも0対1の好勝負を演じた日本文理(新潟)が初戦を迎えた2回戦第2試合。

 すでに秋の新潟県大会を制し10月14日からの秋季北信越大会(福井県開催)を控える1・2年生たちを新潟県に残し、今大会が正真正銘最終采配となる大井 道夫総監督と3年生16人で戦う日本文理に対し、秋は三重大会2回戦で菰野に0対7で敗退した津田学園は甲子園のスタメン8人に「左打線に対してはいつも先発している」(佐川 竜朗監督)2年生左腕・河村 信吾を加え、1・2年生7名がスタメンという対称的な布陣となった。

 まず主導権を握ったのは津田学園。3回表一死二・三塁から3番・仲林 泰生(2年・三塁手)の遊ゴロで先制すると、続く4回表には5番・上下 大地(1年・右翼手)、主将の久保田 拓真(2年・捕手)の連続二塁打で追加点。2対0とする。

 日本文理もその裏、失策で1点を返したものの、津田学園は以後も着実に加点。6回表は内野ゴロ、7回表は二死一・三塁から上下の右前適時打で計4得点を奪うと、守っても河村が6回・84球を投げて失点2。甲子園1回戦・藤枝明誠(静岡)戦(試合記事)でも好リリーフした左腕・若林 潤(3年)も3回4奪三振無失点で締め、津田学園が初出場の国体で初勝利をあげた。

 敗れた日本文理は先発の稲垣 豪人(3年)が縦スライダーを駆使し6回で7奪三振と奮闘したが、大井監督いわく「バタバタすると思ったところバタで終わってくれた」攻守があと一歩でかみ合わず。1986年就任、2009年夏甲子園準優勝など、新潟県野球に大きな足跡を残しながら32年を過ごしてきた75歳・大井 道夫監督の監督人生は「(宇都宮工の左腕エースとして)1959年夏の甲子園決勝で延長15回を投げあった金子 哲夫さん(西条~元阪神タイガーズ)と58年ぶりに逢うことができた」縁の地、愛媛県で幕を閉じることになった。

(文=寺下 友徳

関連記事2017年国民体育大会特設応援サイト

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
秋季東海大会2日目!津田学園、東邦などが準決勝進出!【秋季東海大会】 【ニュース - 高校野球関連】
注目の投手は?ミレニアム世代を代表する投手たちを一挙紹介!! 【ニュース - コラム】
第182回 ミレニアム世代の投手ビッグ3や指名有望な逸材の将来性を徹底解剖!【高校生編投手】【ドラフト特集】
津田学園vs大垣日大【2018年秋の大会 第71回秋季東海地区高等学校野球大会】
第798回 中京学院大中京と東邦が2強、菰野が追う!1回戦では中京大中京と静岡に注目【大会展望・総括コラム】
第796回 シード校が次々初戦敗退!波乱の始まりだった秋季三重大会を総括!【大会展望・総括コラム】
第28回 山川穂高が沖縄で怪物の片りんを見せていた時代、甲子園には菊池雄星がいた【高校野球ヒストリー】
第751回 日本一の下克上が起こった三重の夏を振り返る【大会展望・総括コラム】
日本文理vs金沢学院【2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球大会】
日本文理vs坂井【2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球大会】
日本文理vs加茂暁星【新潟県 2018年春の大会 第138回春季新潟県大会】
津田学園vs相模原【2018年 練習試合(交流試合)・春】
第644回 鈴木裕太(日本文理)「すべては新潟県に優勝旗を持ち帰るため」【後編】 【2018年インタビュー】
第642回 鈴木裕太(日本文理)『信越の剛腕』誕生の瞬間 【前編】 【2018年インタビュー】
第516回 若林 尚希さん(日本文理出身)「県勢初の夏準Vに導いた名捕手が振り返るセンバツの思い出」 【2017年インタビュー】
第217回 飯塚 悟史選手(日本文理高等学校) 【後編】 【2014年インタビュー】
第216回 飯塚 悟史選手(日本文理高等学校) 【前編】 【2014年インタビュー】
津田学園 【高校別データ】
日本文理 【高校別データ】
第72回国民体育大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

日本文理夏は終わったが、おじさん。 2017.09.09
日本文理の秋はまだ終わらない!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る