逆転サヨナラの裏にあった仙台育英の徹底とした全力疾走


サヨナラ勝ちを決めた仙台育英※写真=共同通信社

 仙台育英の先発、長谷川 拓帆(3年)の立ち上がりが素晴らしかった。スピードガンには140キロ台が計測されていないのに、打者を押し込む力があった。技巧で翻弄するのではなく、力で圧倒しよう、そんな思いが伝わってきた。そう思わせたのは1、2回戦を上回る打者の内角を攻める攻撃性が際立っていたからだ。6回表には大阪桐蔭の3番中川 卓也(2年)に対して死球を思わす内角球を投げ、中川は倒れ込むが球審は「フェア」を宣告、打者はアウトになった。球は打者にではなく、打者の持つバットに当たっていたのである。

 こういう長谷川の攻撃性に対して大阪桐蔭各打者も気迫で立ち向かった。とくに目立ったのが先発の柿木 蓮(2年)、野手では捕手福井 章吾(3年)、坂之下 晴人(3年)、山本ダンテ武蔵(3年)の3人。柿木は140キロ台後半のスピードボールで評判を呼ぶ本格派で、この日もストレートは最速146キロを計測した。しかし、ストレートより、ストレートと同じ軌道から小さく変化するツーシームやカットボールのほうが威力を発揮した。8回3分の2を投げて奪三振5は速球派のイメージからは遠いが、ゴロアウト11、フライアウト8のほうが柿木の特徴を表していると思う。

 この下級生の柿木を福井はうまくリードした。速いストレートは1、2回に見せ、それ以降はストレートと同じ軌道で小さく変化する130キロ台の変化球を駆使して、仙台育英打線のやる気を翻弄した。福井自体の気迫はというと、肩で見せた。イニング間では1回から1.9秒台を計測し、8回には二盗を阻止する二塁送球が2.06秒という速さ。これは実戦では一級の肩と言っていい。9回には柿木がモーションを盗まれ二盗を許したが、このときの二塁送球は1.97秒。見事と言うしかない。