19安打9得点。東海大菅生打線爆発

東海大菅生(西東京)vs青森山田(青森)

 序盤から打線のつながった東海大菅生がそのまま押し切った。

 東海大菅生は初回、1番・田中 幹也(2年)がライト左への安打を放つと判断良く二塁に到達。二死後、4番・片山 昂星(3年)がレフトオーバーの適時二塁打を放ち1点を先制した。青森山田の先発は右サイドスローの三浦 慶真(3年)。相手の打ち気をそらし、タイミングを外す投球が持ち味だが、東海大菅生の各打者はしっかり叩く。2回にも一死から牛山 千尋(3年)がレフトオーバーの二塁打を放つと、青森山田はエースの三上 世視滝(3年)がマウンドへ。東海大菅生は8番・鹿倉 凛太朗(3年)が相手左腕の代わりばなを叩きライト前安打でチャンスを拡大し、戸田 懐生(2年)の併殺崩れの間に1点を加えた。

 3回には安打で出塁した松井 惇(3年)を一塁に置いて、小玉 佳吾(3年)がバックスクリーンに本塁打を叩き込む。キャプテンの一振りで追加点を奪うと佐藤 弘教(3年)と鹿倉の適時打、牛山の適時二塁打でも加点し一挙5得点。打者一巡の猛攻で大量リードを奪い、4回には片山も本塁打を放つ。この回までに早くも13安打で8点を奪い、試合の流れを決定付けた。

 追いかける展開となった青森山田打線は、投げっぷりのいい戸田の前に4回まで無安打に抑えられ、攻略の糸口がつかめない。それでも5回、福原 朱理(3年)と斉藤孔明(3年)の連打から一死満塁とし、6回にも工藤 飛馬(3年)の安打を起点にチャンスを作る。7回には中澤 樹希也(2年)が本塁打。ようやく打線のエンジンがかかってきたが、序盤の大量失点を跳ね返すには至らず。代打攻勢をかけた9回も満塁としたが戸田の力投が上回った。

 東海大菅生はクリーンアップを任されている小玉、片山の2人があと三塁打が出ればサイクル安打達成というほどの暴れっぷりでチームの勝利に大きく貢献。19安打で9得点を挙げ、ベスト8に進出した。

(文=小中 翔太

注目記事
第99回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ