2017年08月11日 阪神甲子園球場

大阪桐蔭vs米子松蔭

第99回全国高等学校野球選手権大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

小関順二が徹底分析 ストップウォッチレポート

2年生主体の大阪桐蔭、初戦から強さを発揮!

 前評判通り、大阪桐蔭が強さを遺憾(いかん)なく発揮した試合だった。まず度肝を抜いたのが1回裏に放った福井 章吾(3年)のライトへのホームラン。このとき風は強くライトからレフト方向に吹いていた。その逆風を突いて高々とした放物線を描いてライトスタンドに飛び込んだ。この一打だけで、この試合の行方が見えた感じがした。

 2回には5番山田 健太(2年)の内野安打に続いて6番根尾 昂(2年)が左中間に二塁打を放って2点目。4回には9番徳山 壮磨(3年)のタイムリー、5回には4番山本ダンテ武蔵(3年)のタイムリーと相手投手の暴投で2点、6回には四球と二盗を絡めた攻撃を展開ノーヒットで1点、7回には山本、根尾の二塁打などで2点を加えた。

 私は初戦がすべて終了してから、大阪桐蔭からはここまでに名前が出た福井、山本、山田、根尾、無安打だったが俊足とシートノックでの強肩が印象的だった藤原 恭大(2年)を加えた野手5人、そして投手では徳山とリリーフした柿木 蓮(2年)を紹介するつもりだ。

 前日、木更津総合花咲徳栄のシートノックを超高校級と激賞したが、この10年くらいのスパンで言えば大阪桐蔭のシートノックはナンバーワンである。そして米子松蔭戦前のシートノックを見て、やはり大阪桐蔭が一枚上だと思った。投げるボールの強さが少し上だと感じたのだ。それは練習量の豊富さと、練度の高さを物語っている。7回に外野手のエラーで1点を失ったが、内野手の緻密な動き、外野手の肩の強さ、捕手・福井の肩の強さや投手の特徴を生かしたリードなど、他校では見られない総合力の高さに圧倒された。

 投手陣では徳山が見事だった。ストレートの最速は144キロだからたとえば、外野が専門の万波 中正横浜2年)の146キロより遅いが、総合力で比較すれば問題にならないくらい徳山のほうが高い。コントロールだけ見ても、この日のゲームで3ボールになったことは一度もなく、2ボールでさえ2回しかない。

 ストレートは徹底して低めに集め、横変化のスライダーは打者近くで大きく変化するという超高校級の球筋で、ここに小さく落ちるフォークボールらしく球が加わり、打者を圧倒する。球持ちの長さや体の開きがないフォームというと私は杉内 俊哉(巨人)を思い出す。139キロの球が左打者の外角低めに決まり、打者が見送る姿を見て、これは杉内のストレートと同じ球だと確信した。最後まで体の開きを我慢してボールの出所を見せず、長くボールを持てば打者がピクリとも身動きできないストレートを投げられるということがわかる。

 2番手の柿木 蓮(2年)は徳山にくらべると荒々しく、未完成さは否めないが、その荒々しさが欠点に感じられず長所に見える。ストレートの最速は147キロを計測。速さだけでなく、体全体で押さえ込むように投じられる球は徳山よりボリューム感がある。この柿木を含めて左腕の横川 凱、野手は藤原、中川卓也、山田、根尾の4人が2年生。これほどの強さと練度を誇りながら実は今年の大阪桐蔭は2年生主体のチーム。来年のことを考えると恐ろしい。

(文=小関 順二

注目記事
第99回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
「沖縄強し」を全国に印象づけた時代を回顧 今でも語り継がれるベストゲームとは 【ニュース - コラム】
第9回 「沖縄強し」を印象づけた語り継がれるベストゲーム【沖縄の高校野球】
宇部鴻城出身で甲子園にも出場した正木雄大氏がNPB育成審判員に 【ニュース - 高校野球関連】
天理vs大阪桐蔭【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs智辯学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第646回 履正社 悲願の初優勝までの軌跡 好投手に苦しめられた苦節の春【前編】【野球部訪問】
第646回 全国制覇達成も慢心なし 履正社 新チーム始動【後編】【野球部訪問】
大阪桐蔭vs明石商【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs立命館守山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第228回 将来性抜群の大型右腕・佐々木朗希(大船渡)の行き先はパ・リーグか?1位指名球団を予想!【ドラフト特集コラム】
第89回 村上 宗隆(東京ヤクルトスワローズ)高卒2年目・日本人最多本塁打達成!【高校野球コラム】
第1011回 不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 【2019年インタビュー】
第1010回 中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 【2019年インタビュー】
第981回 研究を重ねてどり着いた回転数の高いストレートと決め球・チェンジアップ 田中誠也(立教大)【後編】 【2019年インタビュー】
第979回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
第977回 コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】 【2019年インタビュー】
大阪桐蔭 【高校別データ】
米子松蔭 【高校別データ】
第99回全国高等学校野球選手権大会 【大会別データ】

応援メッセージ (8)

米子松蔭It's full strength at a big stage.Passing monster 2017.08.11
Don't give up until the Yoneko Shouin end and exert oneself.
大阪桐蔭 通りすがり 2017.08.11
大阪桐蔭が勝つのかな
大阪桐蔭一戦必勝ナカノ氏 2017.08.10
大阪桐蔭は一戦必勝です―。
一投一打に執念を燃やせ―。
勝つのだ×3
大阪桐蔭2度目の春夏連覇R 2017.08.05
守備ではエース徳山君を軸に
打撃では4番山本君を軸に
優勝目指して頑張ってください!
米子松蔭全力を尽くせ❗️ドルチェ 2017.08.05
はじめまして、名古屋からメッセージを送ります。今年の大阪桐蔭はずば抜けた選手はいませんが、チームワークはいいです。特長は、ゲーム終盤に逆転する集中力と、欲しい時にタイムリーが出ます。この打線を抑えるにはストライクからボールになる変化球を上手く使いながらコースにストレートを投げ分けるコントロールが必要です。コースを狙い過ぎてカウントを悪くし歩かせてしまえば、そこを糸口にして得点に繋がってしまいます。
なかなか、大変な相手ですが無駄な得点を与えずに、チーム一丸となって立ち向って下さい。善戦を期待しています。頑張れ 米子松蔭ナイン‼️
大阪桐蔭エース復活K 2017.08.04
エースが帰って来ました絶対勝って下さい!
大阪桐蔭エース復活K 2017.08.04
エースが帰って来ました絶対勝って下さい!
米子松蔭革命を起こせなし 2017.08.04
最後まで諦めず 基本に忠実な野球で挑んで下さい

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る