開幕戦で彦根東が逆転サヨナラ勝ち

波佐見(長崎)vs彦根東(滋賀)

 初回は互いに無得点。99回目の開幕戦は、静かな立ち上がりに見えたが2回、波佐見の4番・内野 裕太(2年)の一発で熱戦の火蓋が切られた。

 2回、この回先頭の内野が放った鋭いライナー性の打球は低い弾道のままフェンスを越え、右中間スタンドに突き刺さった。両チーム通じての初安打、今大会第1号で波佐見が先制した。

 1点を追う彦根東はその裏、一死満塁から太田 剛志(3年)の犠牲フライで同点とし、勝ち越しを許した3回にも二死一、三塁から吉本 孝祐(3年)がレフトスタンドへ逆転の3点本塁打を放つ。先発マウンドを任された増井翔太(2年)は4回に二死三塁のピンチを凌ぐと、5回は三者連続三振。滋賀学園近江から白星を挙げた左腕が持ち味を発揮した。

 2点を追う波佐見は6回、俊足の好打者・村川 大介(3年)か二塁打で出塁し、5番・濱田倫(3年)の適時打で生還。7回にも一死一塁から村川大がセーフティバントを成功させる。セーフティバントはほとんどの場合、投手がステップした辺りでバットを寝かせ投球に備えるが、村川大がバントの構えに移ったのはリリース直前。ギリギリまで気配を見せなかったセーフティバントにセカンド・朝日 晴人(2年)のベースカバーは間に合わない。第1打席は鋭いサードライナーで第2、第3打席が二塁打と当たっていた1番打者の意表を突く小技などで二死満塁とすると、先制アーチを描いた内野が一、二塁間を破る。二者が生還し、再び波佐見がリードを奪った。

 彦根東は追い詰められた9回、一死一、三塁から朝日の内野ゴロの間に同点に追いつくと、二死一、二塁から4番・岩本 道徳(3年)がライト前に適時打を放ちサヨナラ勝ち。途中出場のライト・田中涼(3年)は好送球を本塁に返したが、二塁走者・原 晟也(3年)が一瞬速くホームベースに滑り込み、真っ赤に染まったアルプススタンドは喜びを爆発させた。

(文=小中 翔太

注目記事
第99回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ