2017年06月04日 HARD OFF ECOスタジアム新潟

日本文理vs東海大諏訪

2017年春の大会 第136回北信越地区高等学校野球大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

川村だ!永田だ!2発で逆転!!日本文理準決勝進出



川村啓真(日本文理)

 第136回北信越地区高等学校野球県大会2回戦は、昨秋に続き、春の新潟県王者でシード校の日本文理が登場。日曜日、しかも開催都市・新潟の強豪の登場とあって、多くの観客が詰め掛けた。

 日本文理の先発は2年生左腕の新谷 晴(2年)。新谷は初回、先頭の勝股 裕太佳(3年)にライト前ヒットを許すも後続を落ち着いて打ち取る上々の立ち上がり。2回表には二死から7番・加藤 蒼生(3年)にスリーベースを打たれるが、8番・早川 龍吾(3年)を三振に切ってとり、得点を許さない。一方、東海大諏訪先発のエース・早川も初回、2回とそれぞれヒット1本を許すものの無得点に抑える。

 試合が動いたのは3回表。東海大諏訪は、この回先頭の9番・池田 竜太朗(3年)が内野安打で出塁すると、四球、2番・川渕 大輔(3年)のヒットで無死満塁のチャンスが到来。この場面で、3番・清水 亮介(3年)への初球がバックネットまで届く暴投となり、思わぬ形で先取点が入る。

 なおもチャンスが続いたが、清水のショートゴロでサードランナーが本塁にツッコみ憤死。4番・宮尾 将貴(3年)がショートゴロ併殺で倒れ、追加点を奪えない。するとその裏、日本文理が動く。先頭の新谷に代えて代打・永田 翔也(3年)。カウント2対0から強振した打球はレフトスタンドへ到達し、一発で振り出しに戻す。さらに、2番・堀内 真森(3年)の四球を選ぶと、今度は3番・川村 啓真(3年)が打った瞬間フェンスオーバーと分かる強烈な打球をライトスタンドへ運び、3対1と試合をひっくり返す。

 だが粘る東海大諏訪も、日本文理2番手・西村 勇輝(3年)を攻め、5番・藤森 優太朗(3年)のツーベースを皮切りに、3連打で無死満塁のチャンスをつかむ。ここで9番池田が犠飛を放ち1点差。さらにサードのエラーで同点に追いつく。直後の4回裏、日本文理は圧巻の集中打を見せる。先頭、6番・寺杣 直泰(3年)のスリーベースでチャンスを作ると、一死から3連続四球の押し出しで1点を勝ち越し。続く2番・堀内、4番・松木一真(3年)のタイムリーでこの回一挙4得点。7対3とリードを広げる。援護をもらった日本文理2番手・西村はランナーを出しながらも要所を締めるピッチング。

 一方、早川からマウンドを託された東海大諏訪の2番手・井原 愛弥(2年)も毎回ピンチを招きながらも、後一本を許さず、スコアボードに0を刻む。膠着状態のまま迎えた7回から、日本文理はエース・稲垣 豪人(3年)を投入。稲垣は7回、8回で計5三振を奪う好投を見せる。するとその裏、力投を続けて来た井原を日本文理打線がとらえ、4番・松木のタイムリースリーベースで1点を追加。稲垣は最終回も三者凡退で締め試合終了。8対3で日本文理が準決勝に進出した。

【次のページ】 エキサイティングプレイヤー 稲垣豪人(3年)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
【プロ志望届提出者ニュース】鈴木裕太(日本文理)、宜保 翔(未来沖縄)など16名が提出! 【ニュース - 高校野球関連】
激戦が予想される秋季長野県大会地区予選会を展望! 【ニュース - コラム】
第764回 激戦が予想される秋季長野県大会地区予選会を展望!【大会展望】【大会展望・総括コラム】
第28回 山川穂高が沖縄で怪物の片りんを見せていた時代、甲子園には菊池雄星がいた【高校野球ヒストリー】
第745回 前評判通りに佐久長聖が優勝!長野の夏を総括する!【大会展望・総括コラム】
東海大諏訪vs東京都市大塩尻【長野県 2018年夏の大会 第100回選手権長野大会】
第721回 1回戦から名門校対決が実現!最初から目が離せない新潟の夏を徹底解剖!【大会展望・総括コラム】
日本文理vs金沢学院【2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球大会】
日本文理vs坂井【2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球大会】
日本文理vs加茂暁星【新潟県 2018年春の大会 第138回春季新潟県大会】
東海大諏訪vs長野西【長野県 2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球長野県大会】
第66回 名門松商学園と佐久長聖を中心だが上田西など新勢力も絡み合う【長野・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第644回 鈴木裕太(日本文理)「すべては新潟県に優勝旗を持ち帰るため」【後編】 【2018年インタビュー】
第642回 鈴木裕太(日本文理)『信越の剛腕』誕生の瞬間 【前編】 【2018年インタビュー】
第516回 若林 尚希さん(日本文理出身)「県勢初の夏準Vに導いた名捕手が振り返るセンバツの思い出」 【2017年インタビュー】
第217回 飯塚 悟史選手(日本文理高等学校) 【後編】 【2014年インタビュー】
第216回 飯塚 悟史選手(日本文理高等学校) 【前編】 【2014年インタビュー】
東海大諏訪 【高校別データ】
日本文理 【高校別データ】
春季北信越大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る