2017年06月03日 HARD OFF ECOスタジアム新潟

中越vs砺波工

2017年春の大会 第136回北信越地区高等学校野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

一進一退の攻防!1点を争う好ゲームを制したのは…



北野剛志(砺波工)

 第136回北信越地区高等学校野球県大会HARD OFF ECOスタジアム新潟で行われた第2試合は富山県2位の砺波工と、新潟県2位の中越が対戦。試合は、終盤まで1点を争う好ゲームとなった。

 中越は1回表、砺波工先発のエース・北野 剛志(3年)から、3番・坂井 翔太(2年)がライトへツーベースを放つが後続が倒れ、先制点を奪えない。一方、砺波工は、中越先発・山本 雅樹(2年)の立ち上がりを攻め、四球から二死二塁のチャンスを作ると、4番・齋藤 大暉(2年)のライトオーバーのタイムリースリーベースで1点を先制する。だが直後の2回表、中越もすぐに反撃。6番・長岡 真男(2年)のスリーベースと7番・石井 太朗(2年)のライト前タイムリーであっさり追いつくと、牽制球の暴投や失策など相手のミスに乗じてこの回3点。

 中越は4回表にも4安打を集中し2点を追加。5対1とリードを2点に広げる。だがその裏、砺波工も4番・齋藤からの3連打で2点を返し、中越先発のノックアウトするが、後続を2番手の澤中 京太郎(3年)に抑えられ、2点差のままゲームは中盤へ。砺波工も、5回表から北野からキャッチャーだった藤澤 弥史(3年)へスイッチ。藤澤は5回を0点に抑えるが、6回にエラーも絡んで1失点。一方の中越・澤中も毎回ランナーを出す苦しいピッチング。

 6回裏、砺波工の代打・升山惟斗(2年)のタイムリーで1点を失い再び2点差に。中越は7回から、県大会準決勝でも好投した変則左腕・山田 叶夢(2年)をマウンドへ。登板直後は制球を乱し、連続四死球でピンチを招くも、後続を落ち着いて打ち取り得点を許さない。一方砺波工・藤澤もロングリリーフで好投を見せるが、中越・山田は最後まで砺波工打線に的を絞らせず、9回も0に抑え試合終了。1点を争う好ゲームは、6対4で中越が勝利し、2回戦へ進出した。

(文・写真=編集部)
(写真img015~=佐藤 純一

注目記事
2017年度 春季高校野球大会特集

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
本日開幕の甲子園!大会初日の3試合の模様を徹底レポート!【全国大会】 【ニュース - 高校野球関連】
慶應義塾vs中越【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
9回サヨナラで慶應義塾が中越相手に勝利!【甲子園 一回戦】 【ニュース - 高校野球関連】
第743回 【1日目見所】星稜が開幕戦に登場!中央学院vs済美、中越vs慶應はともに接戦を期待【大会展望・総括コラム】
中越vs三条【新潟県 2018年夏の大会 第100回選手権新潟大会】
第721回 1回戦から名門校対決が実現!最初から目が離せない新潟の夏を徹底解剖!【大会展望・総括コラム】
関根学園vs中越【新潟県 2018年春の大会 第138回春季新潟県大会】
第643回 県2強日本文理・中越に続くチームの存在【大会展望・総括コラム】
第62回 富山と高岡の商業校対決の構図は続くが、私学の第一対決の新構図も【富山・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第61回 北信越勢の意識も変えた09年夏、日本文理の準優勝で歴史も変わる【新潟県・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
日本文理vs中越【新潟県 2017年秋の大会 新潟県大会】
新潟明訓vs中越【新潟県 2017年秋の大会 新潟県大会】
中越 【高校別データ】
砺波工 【高校別データ】
春季北信越大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

砺波工卒業生も駆けつけ83 2017.06.03
頑張れ〜〜となこう。

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る