2017年05月21日 水戸市民球場

浦和学院vs横浜

2017年春の大会 第69回春季関東大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

南関東を代表する名門校同士の一戦!浦和学院が完封リレーでベスト8!



佐野涼弥(浦和学院)

 横浜vs浦和学院と南関東を代表する強豪校同士の対戦。昨秋の関東大会以来の対決となり、前回は横浜が完勝した試合となったが、この試合は1点を争うロースコアの勝負となった。

 試合を振り返ると、お互い序盤から塁上をにぎわせながらも、点が取れない試もどかしさが続く。まず1回表、横浜は二死満塁のチャンスを作るが、チャンスを逃し、その後、両チームともチャンスを作りながら無得点。または走塁ミスなどミスが重なってしまう。

 それでも両チームの投手の出来は良かった。先発の渡邉 勇太朗は恵まれた体格から振り下ろす常時130キロ~135キロの直球は威力十分。しっかりと腕が振れていて低めにぐっと伸びるストレートが何より良い。体全体に切れが出てきて、全身を使えるようになると、140キロ台も十分に見込める投手になるだろう。

 一方、先発の板川 佳矢も、130キロ~132キロのストレート、スライダー、カーブを低めに投げ分けていきながら、ゲームメイクを行っていく。

 こうして試合は0対0のままで後半戦に突入。浦和学院は2番手に背番号10の佐野 涼弥をマウンドに送る。佐野は、普段は常時130キロ中盤の速球だが、ここぞというときになると、最速138キロを連発。7回表には一死満塁のピンチを迎えたが、5番万波 中正、6番角田を内角攻めで打ち取りピンチを切り抜けた。

【次のページ】 浦和学院vs横浜(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
山川穂高が怪物の片鱗を見せていた時代、雄星や筒香などが躍動していた! 【ニュース - コラム】
駒大苫小牧に田中将大が君臨!彗星のごとく現れた斎藤佑樹が優勝をもぎ取った2006年を再び振り返る 【ニュース - コラム】
第997回 花咲徳栄、浦和学院はもちろん2020年の埼玉のトップを走る6チームは??【大会展望・総括コラム】
第996回 日大藤沢、慶応義塾など春、夏に躍進が期待できるチームたち【後編】【大会展望・総括コラム】
第992回 スラッガー揃いの東海大相模、総合力の桐光学園、ポテンシャルの横浜など神奈川ベスト8の戦力を紹介!【大会展望・総括コラム】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第1回 古豪復活に選抜での金星 香川県高校野球3大ニュース【香川の高校野球】
花咲徳栄vs浦和学院【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
第1057回 高校時代は藤平・石川に隠れる存在だった北山比呂(日本体育大学)はいかにしてプロ注目右腕になったのか? 【2019年インタビュー】
浦和学院vs埼玉栄【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
浦和学院vs正智深谷【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
浦和学院vs川越工【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
桐光学園vs横浜【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第1010回 中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 【2019年インタビュー】
第999回 確かな取り組みで上積みを見せた埼玉県ナンバーワン右腕・飯島一徹(東農大三)【前編】 【2019年インタビュー】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第996回 「もう一度甲子園に」偉大な先輩の背中を見て学んできた韮澤雄也(花咲徳栄)【前編】 【2019年インタビュー】
浦和学院 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
第69回春季関東大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

浦和学院春季関東愛リーン 2017.05.20
秋季の借りを返す気でファイト!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る