2017年05月05日 徳島県鳴門総合運動公園野球場(オロナミンC球場)

明徳義塾vs松山聖陵

2017年春の大会 第70回春季四国地区高等学校野球大会 決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

明徳義塾の「違和感」から見える四国高校野球の「危機的」の先



延長11回裏サヨナラ犠飛の佐々木 仁(3年)を笑顔で迎える明徳義塾ナイン

 延長11回裏、一死三塁から途中出場の6番・佐々木 仁(3年・右翼手・右投右打・178センチ64キロ・福南ボーイズ<福岡>出身)による左犠飛で生還した4番・谷合 悠斗(2年・左翼手・右投右打・179センチ81キロ・岡山メッツ<岡山・ヤングリーグ>出身)は渾身の笑顔。終了後の挨拶にベンチを飛び出す選手たちも笑顔、笑顔。秋春連続四国大会優勝に「負けるより、勝つに越したことはないからね」と話す馬淵 史郎監督にも安堵の笑顔があふれる。

 が、しかし。それは明徳義塾を古くから知る人間にとっては「違和感」を禁じ得ないものであった。

 前回、秋春連続四国大会を制した2015年春決勝は絶対エース・岸 潤一郎(現:拓殖大3年)の一発などで松田 知希(現:JR四国)―多田 大輔(現:広島東洋カープ)のバッテリーや遊撃手・平間 隼人(現:徳島インディゴソックス)などタレント集団だった鳴門渦潮に快勝。それでも、けん制死の2人はすぐにベンチに下げられ、選手たちには閉会式が終わってもひとかけらの笑顔もなかった。

 それから3年、記録に残るだけでも失策2つ、走塁ミス2つ。他にも「内野のみんなにはあらかじめ守備位置の取り方については話をしていたが……。攻撃も選球していても最後にボール球を振ってしまっていた」と、この日は遊撃手に入った近本 攻生(3年・右投右打・175センチ67キロ・生光学園中<徳島・ヤングリーグ>出身)も分析したように、記録に残らないミスも多数。彼らの試合内容は今井 涼介(3年・右投右打・171センチ66キロ・八尾ボーイズ<大阪>出身)の負傷欠場を差し引いたとしても、当時よりはるかに「らしくない」ものだったと言わざるをえない。

 これに対し、実力は明らかに明徳義塾に劣っていても、攻守にチームとして攻略する意図が随所に見えた松山聖陵。9回裏、自らのミスで目前で勝ちを逃し、号泣する選手たちを見やりながら「投手陣は球数を考慮して継投にしたし、違和感のあった野手2人もすぐに交代させた」(荷川取 秀明監督)夏を見据えた健康管理も考慮に入れた采配も含め、敗れてなお評価できるものを魅せた。

 ということは彼らが喜んだ要因は、そんな松山聖陵に3回から北本 佑斗(3年・左投左打・170センチ68キロ・大阪泉北ボーイズ<大阪>出身)を投入してまで勝ちにこだわった結果、北本の9回173球14安打5失点(自責点2)力投が実ったからなのか?それとも、主力の今井を1人を欠いてもサブ組の奮起によって勝利につなげたことなのか?それとも、その他の要因があるのか?

 この20年、四国の高校野球を全国レベルに引き上げるべく先頭に立ってけん引してきた明徳義塾が、来る夏までにその要因をもし見つけられず、改善できないとしたならば……。「危機的」が近年叫ばれる四国の高校野球は、別の言葉によって針を進めなければいけなくなる。

(取材・写真=寺下 友徳

注目記事
2017年度 春季高校野球大会特集

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
「4強」を打ち崩すのはどのチームか?!秋季高知県大会2回戦以降の展望! 【ニュース - コラム】
第789回 高知「4強」を超越するため、立ち向かう「挑戦者たち」【大会展望・総括コラム】
明徳義塾・市川 悠太が「侍ジャパンU-18代表」で学んだことを語る! 【ニュース - コラム】
第13回 明徳義塾・市川 悠太「侍ジャパンU-18代表」で学んだこと【四国発】
第756回 復活傾向の市川悠太(明徳義塾)自身の野球人生をかけ、強気勝負で駆け上がる 【2018年インタビュー】
第771回 2017~2018シーズン高校野球振り返り(徳島・高知編) 「復活への胎動」徳島県、「戦国時代、序章へ」高知県【大会展望・総括コラム】
第759回 春の課題を「持ち越した」香川県、「収穫につなげた」愛媛県【大会展望・総括コラム】
第762回 侍ジャパンU18代表 投手陣考察 「吉田輝星に負担をかけない構成を考える」【大会展望・総括コラム】
高知商vs明徳義塾【高知県 2018年夏の大会 第100回選手権高知大会】
新田vs松山聖陵【愛媛県 2018年夏の大会 第100回選手権愛媛大会】
明徳義塾vs高知中央【高知県 2018年夏の大会 第100回選手権高知大会】
大手前高松vs明徳義塾【2018年春の大会 第71回春季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs松山聖陵【2018年春の大会 第71回春季四国地区高等学校野球大会】
第636回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)目指すは春夏連覇と「ドラフト1位」【後編】 【2018年インタビュー】
第635回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)手探りの先に見えた「市川スタイル」【中編】 【2017年インタビュー】
第637回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)マウンドに上がれなかったセンバツを糧に【前編】 【2018年インタビュー】
第623回 西浦 颯大(明徳義塾ーオリックス) 「原点に返り「00」から始めるプロ野球選手の道」 【2017年インタビュー】
松山聖陵 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】
第70回春季四国地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

松山聖陵夏に向けての大熱戦坊ちゃん 2017.05.09
ほとんど松山聖陵が勝ってた試合でしたね٩(^‿^)۶ 素晴らしいチームです‼︎感動をありがとう
夏に向けて又全員で全力で戦えば間違いなく甲子園へ今年もいけると確信します‼︎
明徳義塾春の四国地区大会では3年ぶり10回目となる優勝おめでとうカメ大王 2017.05.05
春の四国地区大会では3年ぶり10回目となる優勝おめでとうございます!!☆☆
今春の四国地区大会の優勝をさらなる飛躍につなげて、今夏の公式戦に向けても、勝利を目指して頑張って下さい
ガンバレ明徳義塾!!めざせ公式戦における勝利☆☆
明徳義塾が今夏の公式戦においても勝利を挙げることを楽しみにしています

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る