2017年03月22日 阪神甲子園球場

福岡大大濠vs創志学園

第89回選抜高等学校野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

小関順二が徹底分析 ストップウォッチレポート

優勝の最有力候補に躍り出た福岡大大濠


三浦銀二(福岡大大濠)

 優勝候補の一角、福岡大大濠が下馬評通り強さを発揮して創志学園を退けた。最大の勝因は先発、三浦 銀二(3年)の力投である。この選手のよさを一言で言い表せば投球フォームのよさである。バックスイング→テークバック→腕を前に振っていく→リリース→フォロースルーという流れの中で、欠点らしい欠点が見当たらない。

 腕の振りは常に体に密着して行われ、テークバック時に右腕が打者から見えず、それでいて腕の振りが窮屈にならず、腕を前に振っていくときヒジが立ち(ヒジの位置も高い)、下半身はステップする足が軸足の後ろに回り込まず(余計な体のねじりがない)、下半身が誘導して上半身を前に出していく、つまり「下半身→上半身」の流れができている。さらに言えば、早い前肩の開きもないので打者からボールの出所がみえづらい。ここまで3日間、14校を見てきて三浦ほどいいフォームで投げる投手は他に見当たらなかった。

 秋の段階でもいい投げ方をする投手だと思っていたが、唯一の不安がストレートのスピード不足だった。140キロ台前半は全然遅くない。しかし、ドラフト候補と言われるなら最低でも140キロ台中盤はいってほしかった。ひと冬越してストレートはどれくらい速さを増したのか興味津々で見ていると、2回には144キロを計測して、3回に2番打者を三振に仕留めたストレートは146キロを計測した。

 変化球は大小2つのスライダー、110キロ台中盤のチェンジアップ、100キロ台前半の斜め変化のカーブがあり、前半はスライダー、中盤以降はカーブをカウント球として使い、ストレートとのアンサンブルで緩急を自在に操った。

 創志学園の6回表の2点は2死二、三塁の場面で金山 昌平(2年)が打ったセンターへの大きい飛球をセンターが目測を誤って二塁打にしたもので、厳密に判定すればエラー。また8回には先頭打者のフライを三塁手が落球したところからピンチを招き、やはり金山の二塁フライで三塁走者がタッチアップして生還したもの。私には無失点と言ってもいい内容の投球だった。

 打線では福岡大大濠の誇る3番古賀 悠斗(3年・捕手)、4番東 怜央(3年・一塁手)が無安打で、それを補うように5番稲本 侑星(三塁手)と8番樺嶋 竜太郎(左翼手)の2年生が活躍した。とくに迫力満点だったのが樺嶋だ。2回に技巧派左腕、秋山 竜彦(3年)の低めカーブをレフトスタンド、続く4回には本格派右腕、難波 侑平(3年)の141キロのストレートをやはりレフトスタンドへ放り込んだ。

 1本目は低めカーブ、2本目は内角高めへの141キロである。どちらもやさしいコースではない。それも緩急を打ち分けているところに価値がある。2年生、恐るべしである。以上3人に、この試合不発だった古賀、東が真価を発揮したらとんでもなく強いチームになる。優勝候補の一角どころか、最有力候補に名乗りを挙げたと言っていいだろう。

オススメ!
第89回選抜高等学校野球大会特設サイト

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1013回 同世代の一流選手との対戦で課題と収穫を得た 韮澤雄也(花咲徳栄)【後編】 【2019年インタビュー】
福岡大大濠が延長12回の接戦の末に九産大九産に勝利! 【ニュース - 高校野球関連】
筑陽学園、西日本短大附がコールド発進!福岡大大濠、福岡工大城東は辛勝【選手権福岡大会・9日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第206回 佐々木・奥川らドラフト上位候補だけではなく、ブレイクに期待がかかる逸材投手リスト90名!【ドラフト特集コラム】
第207回 ラストサマーで飛躍を誓う逸材野手たち 夏に急浮上する野手を見逃すな!【ドラフト特集コラム】
第930回 関西の5年ぶり甲子園となるのか?西純矢を擁する創志学園の連覇にも注目!【岡山大会展望】【大会展望・総括コラム】
第941回 福岡県は実力校多数!どこが勝ち抜けるか?!【大会展望・総括コラム】
第969回 153キロ到達につなげた 「冬の秘密トレーニング」 西純矢(創志学園) 【2019年インタビュー】
大分vs福岡大大濠【2019年春の大会 第144回九州地区高等学校野球大会】
福岡大大濠vs球磨工【2019年春の大会 第144回九州地区高等学校野球大会】
福岡大大濠vs尚志館【2019年春の大会 第144回九州地区高等学校野球大会】
第862回 東海地区屈指のスラッガー・石川昂弥(東邦)が目指すのは「甲子園」と「世界」での活躍! 【2019年インタビュー】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
第813回 飛躍の夏、我慢の秋。西純矢と創志学園が来夏に笑うために必要なこと 【2018年インタビュー】
広陵vs創志学園【2018年秋の大会 第131回(平成30年度秋季)中国地区高等学校野球大会】
報徳学園vs愛工大名電【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
創志学園 【高校別データ】
福岡大大濠 【高校別データ】
第89回選抜高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (7)

福岡大大濠初戦勝利おめでとうOB14回卒 2017.03.23
平野の大飛球ファインプレイあれが抜けていたら、かなりヤバかった、明治神宮大会での超超ファインプレイと言い、平野の守備力はすごい。それと何と言っても樺島の3打数3ホーマー、鳥肌が立つくらい嬉しかった。昨年の春は足の故障でベンチ入りできてなかッたが、春日球場でも小郡球場でも延命球場でも樺島君のホームランを見てたので、今回もひそかに期待してました。今後とも走り込みを多くして下半身をどっしりとなるように鍛えて、この夏はさらなるレベルを期待してます。稲本君もチャンスに強い。やったぜ大濠。古賀君と東君、斎藤君、も大きいのを狙わずにセンター返しで
チームに貢献してください。
創志学園今年のセンバツ大会お疲れ様カメ大王 2017.03.22
創志学園の皆様は、今年のセンバツ大会お疲れ様でした
今日は鴨方(岡山)から甲子園の外野席まで、足を運んでは、創志学園に対して、拍手を送りました
とはいえ8回の表のワンアウト満塁にて、セカンドフライの間に、三塁ランナーが見事にホームインするも、二塁ランナーが飛び出して、タッチアウトになってしまったのが、もったいなかったですね
今年のセンバツの結果は残念でしたが、創志サイドの皆様は、今後の公式戦に向けて、勝利を目指して頑張って下さい
私も創志学園に関しては、2打席連続ホームランまで打たれた挙句に負けたので、2015年から2016年にかけての、大阪桐蔭と同じように、センバツにて2打席連続ホームランを打たれた挙句に、試合にも負けると、甲子園から遠ざかるジンクスを打ち破って欲しいです
ガンバレ創志学園!!めざせ公式戦における勝利☆☆
創志学園が今後の公式戦でも勝利を挙げることを楽しみにしています
福岡大大濠ファイト野球好き 2017.03.22
福岡大ナインのみなさん頑張ってください!
九州の代表としてくいのないプレイをしてください!
負けるな❗
福岡大大濠いざ‼出陣福岡大大濠OB  2017.03.20
ただひたすら燃え尽きるまで
頑張って下さい
福岡大大濠全力大濠 2017.03.20
頑張れ!!
創志学園創志fight!リカちゃん 2017.03.19
まずは1勝!頑張ってください!!
福岡大大濠応援メッセージ大濠生 2017.03.14
チームを信じ、頑張ってください。

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る