2017年06月17日 香川県営野球場(レクザムスタジアム)

早稲田実業vs英明

2017年 練習試合(交流試合)・春 練習試合
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

乱戦の中で輝いた早稲田実業と英明の「4番」



5回裏英明二死二塁から4番・藤井 拓海(3年)が高校通算30号の逆転2ランをバックスクリーンへ(英明)

 早稲田実業15安打10得点、英明13安打7得点。午前2時の時点でレクザムスタジアム駐車場に100台、入口に徹夜組50人が並び、最終的には有料入場者数2,475人が詰めかけた高校野球ファンの期待にたがわない乱戦を演出した「平成29年度香川県高等学校野球連盟招待試合」オープニングゲーム。高校通算101本塁打の早稲田実業3番・清宮 幸太郎(3年主将・一塁手・右投左打・184センチ101キロ・調布リトルシニア出身)は5打数1安打に終わったものの、両校の4番打者は圧倒的な存在感を見せつけた。

 まずは5打数3安打6打点。しかも本人は「今までではじめて」、香川県内の高校野球開催としては昨夏香川大会準々決勝・丸亀戦で当時高松商3年だった植田 響介(現:慶応義塾大1年)以来となる1試合3本塁打で高校通算39本塁打とした早稲田実業野村 大樹(2年・捕手・右投右打・172センチ80キロ・大阪福島リトルシニア<大阪>出身)。1本目と2本目はスライダーに上手く反応し、3本目は狙っていたストレートを右へ流し打つ辺りは流石という他ない。

 対して英明の4番・藤井 拓海(3年・投手・右投右打・182センチ87キロ・高松市立太田中)も5回裏「低めのスライダーを打って」高校通算30本塁打目としたバックスクリーン2ラン弾など5打数2安打2長打で3打点。これまで打ち込まれることが多かったピッチングも「チェンジアップをうまく使えた」内容に光明が見え、第2シードからの6年ぶり3度目香川大会制覇も射程内となった。

 「今度は甲子園で早稲田実と対戦したい。そのために夏がんばります」(英明・藤井)。お互いを刺激しあった2人の4番打者は、これからそれぞれの場所で切磋琢磨していく。

(取材・写真=寺下 友徳

注目記事
2017年度 春季高校野球大会特集

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
最速147キロ右腕・加茂擁する藤井学園寒川はいきなり丸亀城西と対戦!【春季香川県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
清宮、野村の跡を継いだ早稲田実業の主将・生沼 弥真人を紹介 【ニュース - その他】
第78回 「センバツ90回・選手権100回」超え、新たな時代へ!2018年・四国高校球児ベストナイン 発表!【高校野球コラム】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
第74回 斎藤佑樹が歩んだ早実の3年間 「自ら考え、実践する野球が最後に結実!」【後編】【高校野球コラム】
第5回 早稲田実業と早大学院のユニフォームの違いってどこ?大学系列校のユニフォームトリビア!【「奥深い高校野球談議」ライター・手束仁×副編集長・河嶋宗一 】
第73回 斎藤佑樹が歩んだ早実の3年間 「打たれた経験も、猛勉強した経験も成長には欠かせないものだった」【前編】【高校野球コラム】
第823回 秋季香川県大会総括 着実に実を結ぶ「オール香川」強化・振興策【大会展望・総括コラム】
報徳学園vs英明【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
第809回 真っすぐで押し切れる強さを!さらなる飛躍を誓う伊藤大征(早稲田実)! 【2018年インタビュー】
第808回 主将は背中で示す!行動でチームを引っ張る、生沼弥真人(早稲田実業)の主将像 【2018年インタビュー】
早稲田実業vs日体大荏原【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
東海大菅生vs早稲田実業【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
第795回 覚悟の強さこそが最大の武器!靏仁(石見智翠館)のプロへの想い!【後編】 【2018年インタビュー】
第794回 投手一本で飛び込んだ高校野球  靏仁がエースになるまで【前編】 【2018年インタビュー】
早稲田実業vs帝京【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
早稲田実業vs拓大一【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
英明 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】
練習試合(交流戦)・春 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る