2017年06月17日 香川県営野球場(レクザムスタジアム)

早稲田実業vs英明

2017年 練習試合(交流試合)・春 練習試合
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

乱戦の中で輝いた早稲田実業と英明の「4番」



5回裏英明二死二塁から4番・藤井 拓海(3年)が高校通算30号の逆転2ランをバックスクリーンへ(英明)

 早稲田実業15安打10得点、英明13安打7得点。午前2時の時点でレクザムスタジアム駐車場に100台、入口に徹夜組50人が並び、最終的には有料入場者数2,475人が詰めかけた高校野球ファンの期待にたがわない乱戦を演出した「平成29年度香川県高等学校野球連盟招待試合」オープニングゲーム。高校通算101本塁打の早稲田実業3番・清宮 幸太郎(3年主将・一塁手・右投左打・184センチ101キロ・調布リトルシニア出身)は5打数1安打に終わったものの、両校の4番打者は圧倒的な存在感を見せつけた。

 まずは5打数3安打6打点。しかも本人は「今までではじめて」、香川県内の高校野球開催としては昨夏香川大会準々決勝・丸亀戦で当時高松商3年だった植田 響介(現:慶応義塾大1年)以来となる1試合3本塁打で高校通算39本塁打とした早稲田実業野村 大樹(2年・捕手・右投右打・172センチ80キロ・大阪福島リトルシニア<大阪>出身)。1本目と2本目はスライダーに上手く反応し、3本目は狙っていたストレートを右へ流し打つ辺りは流石という他ない。

 対して英明の4番・藤井 拓海(3年・投手・右投右打・182センチ87キロ・高松市立太田中)も5回裏「低めのスライダーを打って」高校通算30本塁打目としたバックスクリーン2ラン弾など5打数2安打2長打で3打点。これまで打ち込まれることが多かったピッチングも「チェンジアップをうまく使えた」内容に光明が見え、第2シードからの6年ぶり3度目香川大会制覇も射程内となった。

 「今度は甲子園で早稲田実と対戦したい。そのために夏がんばります」(英明・藤井)。お互いを刺激しあった2人の4番打者は、これからそれぞれの場所で切磋琢磨していく。

(取材・写真=寺下 友徳

注目記事
2017年度 春季高校野球大会特集

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
早稲田実業vs聖パウロ学園【東京都 2018年秋の大会 東京都大会 一次予選】
野村大樹(早稲田実業)や石橋康太(関東一)などビックネームが続々と提出! 【ニュース - 高校野球関連】
夏準優勝の都立小山台や早稲田実業が初戦を迎える!【秋季東京都大会一次予選・9日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第761回 高校野球ドットコム編集部が選ぶ東京都の侍ジャパンU17代表候補【大会展望・総括コラム】
第746回 早実の3年間は社会で生きる力を身に付けてくれた 及川龍之介さん(早稲田実業出身)【後編】 【2018年インタビュー】
第745回 記録員として斎藤佑樹とともに甲子園優勝 及川龍之介さん(早稲田実業出身)が語る"過酷な下級生時代"【前編】 【2018年インタビュー】
第754回 西では日大三、東では二松学舎大付が制した東西東京大会を総括!【大会展望・総括コラム】
丸亀城西vs英明【香川県 2018年夏の大会 第100回選手権香川大会】
第169回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.13「宜保翔、勝又温史」【ドラフト特集】
八王子vs早稲田実業【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
第736回 関東最速右腕・勝又温史「試行錯誤が生んだ150キロ。夏は3年間の集大成を」【後編】 【2018年インタビュー】
早稲田実業vs早大学院【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
第735回 【高知展望】明徳義塾「V9ロード」を止めるのは誰か【大会展望・総括コラム】
第167回 ミレニアム世代のトッププロスペクトたち Vol.11「古谷 拓郎、中村 奎太」【ドラフト特集】
第722回 2018年の都立の星・吉岡桃汰(東大和南)「ドクターKの始まり」【前編】 【2018年インタビュー】
第721回 関東最速右腕・勝又温史 「未熟さを知った2年秋」【前編】 【2018年インタビュー】
英明vs大阪桐蔭【2018年 練習試合(交流試合)・春】
英明 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】
練習試合(交流戦)・春 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る