2017年06月11日 高知県立春野運動公園野球場

中村vs広島新庄

2017年 練習試合(交流試合)・春 練習試合
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

中村、「仮想・明徳義塾」広島新庄から激勝!



決勝打を放った中野 聖大(中村)

 2012年にスタートした第1回大会では後に春夏甲子園連覇を果たす大阪桐蔭のエース・藤浪 晋太郎(現:阪神タイガース)に対し、明徳義塾の1年生・岸 潤一郎(現:拓殖大3年)が投打に鮮烈な印象を残し4対1で快勝したことで一気に知名度が上がった「高知県高等学校野球連盟特別招待試合」。6年目の今年は先の春季中国大会で準優勝した広島新庄(広島)を招待し、昨秋県大会V・21世紀枠で40年ぶり2度目のセンバツ出場を果たした中村と、5月の県総体で準優勝した土佐が対戦した。

 9時58分開始の第1試合では中村が登場。彼らは「明徳義塾をイメージして臨んだ」(横山 真哉監督)意気込みを打棒で示す。この日も最速139キロを計測し、春季中国大会でリリーフで活躍した片鱗をのぞかせた広島新庄先発・竹辺 聖悟(2年・右投右打・162センチ57キロ・安芸高田ボーイズ出身)に対しても全く臆することはなかった。

 初回には2番・下村 悠斗(3年・二塁手・右投右打・168センチ57キロ・高知県立中村中出身)の右前打を契機に3連続四死球と6番・中野 聖大(3年・捕手・右投右打・176センチ65キロ・四万十市立中村中出身)の右犠飛で2点を先制。2対4と一時は逆転を許したが、5回表には下村、「振り切ることを心掛けた」3番・岡上 颯(3年・中堅手・右投左打・181センチ63キロ・四万十市立中村中出身)の連打から4番・北原 野空(3年・投手・右投右打・168センチ71キロ・高知県立中村中出身)の右中間突破三塁打で同点とすると、6番・中野の二塁内野安打で勝ち越し。7回には先頭・下村からの4連打で計14安打。

 「こんなに悪いのははじめてかもしれない」と歴戦の将・迫田 守昭監督をもして想定外だった竹邉の状態。ただ、それは「ここ数試合は接戦で敗れていたので、今週は練習から盛り上げていこうとみんなで心がけた」(岡上)彼らの高い意識が生み出したものでもある。

 一方、北原は176球を擁し12四死球・12被安打の乱調ながら5失点完投勝ち。「球数を減らしていく予定だった」(中野)当初目標から乖離した中でも、右打者への内角ツーシームを使いながら要所を締めた内容は、同型の待球策を組む明徳義塾との高知大会決勝・最終決戦を見据える上でもいいケーススタディになったことだろう。

 5月の県総体準々決勝・土佐戦で敗れた要因となったバックの脆弱さにはいまだ不安が垣間見えるものの、昨秋県大会決勝・明徳義塾戦に続く、新たなる自信がほしかった中村にとっては実に大きな1勝。「勝ててよかった」と安堵した横山監督をはじめ、選手25人には夏の大きな自信「夏の甲子園初出場」がしっかり視野に入っている。

(取材・写真=寺下 友徳

注目記事
2017年度 春季高校野球大会特集

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
広陵や広島新庄などが勝利し準決勝へ!【秋季広島県大会地区予選・6日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
「4強」を打ち崩すのはどのチームか?!秋季高知県大会2回戦以降の展望! 【ニュース - コラム】
第789回 高知「4強」を超越するため、立ち向かう「挑戦者たち」【大会展望・総括コラム】
第771回 2017~2018シーズン高校野球振り返り(徳島・高知編) 「復活への胎動」徳島県、「戦国時代、序章へ」高知県【大会展望・総括コラム】
第172回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.19「石橋康太」【ドラフト特集】
第511回 執念で甲子園出場を! 6年ぶりの出場を狙う名門・倉敷商(岡山)の課題【野球部訪問】
第708回 3度目の正直で優勝旗を掴んだ広島新庄!春季中国大会を振り返る【大会展望・総括コラム】
広島新庄vs下関国際【2018年春の大会 第130回 春季中国地区高等学校野球大会】
広島新庄vs倉敷商【2018年春の大会 第130回 春季中国地区高等学校野球大会】
広島新庄vs早鞆【2018年春の大会 第130回 春季中国地区高等学校野球大会】
広島新庄vs広島工大高【広島県 2017年秋の大会 広島県1年生大会】
梼原vs中村【高知県 2017年夏の大会 第99回選手権高知大会】
第431回 広島新庄高等学校 堀瑞輝選手 「強心臓を支えた自慢のスライダー」  【2016年インタビュー】
広島新庄 【高校別データ】
中村 【高校別データ】
練習試合(交流戦)・春 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る