2017年06月11日 早稲田実業学校王貞治記念グラウンド

早稲田実業vs桐光学園

2017年 練習試合(交流試合)・春 練習試合
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

清宮 幸太郎(早稲田実業)

清宮4安打、強烈な当たりを連発!

 2017年春の神奈川県4強、強豪桐光学園を迎えて早稲田実業この日の2試合目が行われた。九州学院戦(レポート)で見られなかった清宮 幸太郎の101号本塁打は飛び出すのか。

 1回表に桐光学園の2番・関谷の2ラン本塁打で先制された早稲田実業。この試合ももちろん「3番・一塁」の清宮は、一死一塁で迎えた第1打席。いきなり初球を叩き一、二塁間を抜く右安打を放ちチャンスメイクも、この回は得点ならず。

 2点をリードされたまま迎えた3回裏の早稲田実業の攻撃。1番生沼 弥真人の2ランで同点に成功すると、またしても一塁にランナーを置いた場面で清宮。痛烈な打球がセカンドを襲い、二塁打となり、チャンスを演出し、結果この回逆転に成功した。

 5回にもセンター前ヒットで3安打猛打賞となった清宮はさらに7回。桐光学園・1年の好投手、冨田 冬馬からファースト強襲二塁打を放ちなんと4安打をマーク。続く4番野村 大樹がレフトへの2ランを放ち試合を決定づけた。

 5打席目は凡退しこの日の101号とはならなかったものの、4安打でチャンスメイクしチームの勝利に大きく貢献した。

 夏の大会が刻一刻と近づく中で、このところ遠征や対外試合が続くことに関して、疲れはどうかと問われると、「ありません」と即答。和泉監督は清宮について「身体的にも精神的にもタフ」と評価するが、まさにその言葉通り、3年間試合に出続けてきた。

 大会に向けて、「コンディションをいかに上げていくか、ケガなくやっていけるか」という部分に重きを置いて、ストレッチなどを毎日のルーティンとしている清宮。最後の夏へ、準備は整いつつある。

(取材・写真=編集部)

注目記事
2017年度 春季高校野球大会特集

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
奪三振率は11.55!松井裕樹はクローザーでの経験を先発で活かせるのか? 【ニュース - 高校野球関連】
早稲田実業時代からスラッガーとして活躍した加藤雅樹は東京ガス2年間で評価を高めることはできるか? 【ニュース - 高校野球関連】
第992回 スラッガー揃いの東海大相模、総合力の桐光学園、ポテンシャルの横浜など神奈川ベスト8の戦力を紹介!【大会展望・総括コラム】
桐生第一vs桐光学園【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第98回 センバツをかけた関東大会が開幕!東海大相模、習志野が登場する大会初日の見所・注目選手リスト【大会展望・総括コラム】
第93回 清宮 幸太郎(北海道日本ハムファイターズ/一塁手) 試練のプロ2年目を超え 「清宮スタイル」確立へ【高校野球コラム】
東海大相模vs桐光学園【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
桐光学園vs三浦学苑【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第228回 将来性抜群の大型右腕・佐々木朗希(大船渡)の行き先はパ・リーグか?1位指名球団を予想!【ドラフト特集コラム】
桐光学園vs横浜【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第226回 高卒選手に最もチャレンジしているのはヤクルト・楽天?!過去10年の高卒1位競合選手から見るドラフト【ドラフト特集コラム】
桐光学園vs慶應義塾【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第1023回 加藤 雅樹(早稲田実業ー早稲田大)目指すは絶対優勝とプロ入り 【2019年インタビュー】
第1001回 強靭な握力から生まれた伝家の宝刀・ツーシーム 攻めのピッチングで聖地へ 飯島一徹【後編】 【2019年インタビュー】
第980回 「大人の打者」の意味を理解できるかが打撃開眼のカギ! 森口修矢(神村学園)【後編】 【2019年インタビュー】
第959回 ライバルたちから刺激を受け、一歩ずつ自らの足で高みを目指す!雪山幹太(早稲田大) 【2019年インタビュー】
第942回 高校通算31本を支えるのは確かな準備!生沼弥真人(早稲田実業)が見据えるもの 【2019年インタビュー】
桐光学園 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】
練習試合(交流戦)・春 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る