2017年05月14日 鹿児島県立鴨池野球場

横浜vs鹿児島城西

2017年 練習試合(交流試合)・春 南日本招待試合
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

鹿児島発 球道夢限 政純一郎

横浜が小刻みな継投で快勝、鹿児島城西は9回に意地見せるも及ばず



本塁打を放った齊藤大輝(横浜)

 横浜は小刻みな継投、鹿児島城西はエース石川 槙貴(3年)が7回までを投げて、8回で平良琉杏(3年)に交代と、両投手陣の好投で終盤まで1点を争う緊迫した展開になった。

 横浜は初回、この試合では4番に座った万波 中正(2年)がセンター前に先制タイムリーを放つ。5回には先頭の1番・齊藤 大輝(2年)が左中間スタンドにアーチをかけ、2点目を挙げた。

 2点は失ったものの、石川はキレのあるスライダーと球威のある直球を武器に好投し、7回までをこの2失点のみで切り抜けた。

 このまま投手戦で終わるかと思われた9回、横浜は下位打線が連続四死球、送りバントで作ったチャンスに、途中出場の1番・山﨑拳登(2年)のライト前タイムリーを皮切りに4連打を浴びせ4点を加えた。

 横浜は9回、万波を4番手で送った。8回までチャンスを生かし切れず、本塁が遠かった鹿児島城西打線が意地を見せる。一死から代打・宮脇廉(2年)、2番・伊村力弥(3年)が連打でチャンスを作り、4番・上村 大希主将(3年)のレフトオーバー二塁打で待望の1点をもぎ取る。5番・日高凛太郎(2年)にもセンターオーバー2点タイムリー二塁打が出て、3点差まで詰め寄ったが、反撃もここまでだった。

(取材・写真=政 純一郎

注目記事
2017年度 春季高校野球大会特集

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
井上、遠藤など昨年の阪神ドラフト指名の高校生5人がはつらつとした活躍! 【ニュース - 高校野球関連】
高校野球にも地域性はあるのか? 甲子園優勝監督が違いを語る「九州の野球」と「関東の野球」 【ニュース - 高校野球関連】
第1114回 「甲子園に行く」という強い信念が成功をもたらした 八方悠介(鹿児島城西)【後編】 【2020年インタビュー】
第1107回 プロ入りを目指し佐賀から鹿児島へ 鹿児島NO.1右腕・ 八方悠介(鹿児島城西)が味わった悔しさ【前編】 【2020年インタビュー】
第1010回 「勝たなきゃ」より素直な「勝ちたい」気持ちを引き出す 鹿児島城西【後編】【野球部訪問】
第1009回 「まだまだ」のチームが射止めた甲子園出場 鹿児島城西(鹿児島)【前編】【野球部訪問】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
第996回 日大藤沢、慶応義塾など春、夏に躍進が期待できるチームたち【後編】【大会展望・総括コラム】
第992回 スラッガー揃いの東海大相模、総合力の桐光学園、ポテンシャルの横浜など神奈川ベスト8の戦力を紹介!【大会展望・総括コラム】
鹿児島実vs鹿児島城西【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
鹿児島城西vs枕崎【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
鹿児島城西vs加治木工【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
第1057回 高校時代は藤平・石川に隠れる存在だった北山比呂(日本体育大学)はいかにしてプロ注目右腕になったのか? 【2019年インタビュー】
鹿児島城西vs神村学園【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第996回 「もう一度甲子園に」偉大な先輩の背中を見て学んできた韮澤雄也(花咲徳栄)【前編】 【2019年インタビュー】
大分商vs鹿児島城西【2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会】
鹿児島城西 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
練習試合(交流戦)・春 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る