2017年05月14日 鹿児島県立鴨池野球場

浦和学院vs樟南

2017年 練習試合(交流試合)・春 南日本招待試合
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

鹿児島発 球道夢限 政純一郎

浦和学院が最終回に逆転!樟南はリード守り切れず!



挨拶する赤岩主将と浦和学院ナイン

 樟南は2回、一死二塁で7番・川崎琢幹(2年)のセンター前タイムリーで先制する。

 3回に同点に追いつかれたが、その裏、暴投で勝ち越し、一死一二塁から重盗を試みるなど積極的な攻めを見せる。6番・松崎仁龍(3年)のレフト前タイムリー、7番・川崎の犠牲フライで更に2点を加えた。

 4回には二死から粘って満塁のチャンスを作り、5番・松下 航太(2年)がレフト前2点タイムリーを放ち、前半で6対1と大きくリードした。

 中盤以降、浦和学院がジリジリと追い上げる。6回、下位打線の3連打で2点目を挙げると、7回には5番・山本晃大(3年)がライトスタンドに運ぶ2ランを放ち、2点差に詰め寄った。

 9回、浦和学院の底力が爆発する。先頭の3番・家盛 陽介(3年)がライト線二塁打で口火を切ると、4番・蛭間 拓哉(2年)のセンターオーバー三塁打で1点差とし、5番・山本のレフト前タイムリーで同点に追いついた。6番・本田渉(3年)のセンターオーバー三塁打で勝ち越し。7番・赤岩航輔主将(3年)はスクイズ…気がつけばこのスクイズを挟んで7安打を集中し、一挙5点を奪って試合をひっくり返した。

(取材・写真=政 純一郎

注目記事
2017年度 春季高校野球大会特集

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
2016年の鹿児島を沸かせた浜屋将太、太田龍の1998年生まれコンビに期待 【ニュース - 高校野球関連】
PL学園、大阪桐蔭、報徳学園など擁する近畿地区が最多26回優勝!各地区の優勝回数を振り返る 【ニュース - 高校野球関連】
第997回 花咲徳栄、浦和学院はもちろん2020年の埼玉のトップを走る6チームは??【大会展望・総括コラム】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第3回 名門、公立勢の巻き返しに注目!2020年の鹿児島県高校野球をズバリ占う【鹿児島の高校野球】
第2回 大きく『変』わった1年だった 2019年の鹿児島県高校野球を漢字1文字で総括!【鹿児島の高校野球】
第4回 劇的な勝利に沸いた2試合 鹿児島ベストゲーム2019【鹿児島の高校野球】
花咲徳栄vs浦和学院【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
枕崎vs樟南【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
樟南vs尚志館【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
樟南vs出水中央【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
浦和学院vs埼玉栄【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
第1010回 中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 【2019年インタビュー】
第1006回 「夢のままで終わらせず、現実に!」福重 圭誇(尚志館)【後編】 【2019年インタビュー】
第999回 確かな取り組みで上積みを見せた埼玉県ナンバーワン右腕・飯島一徹(東農大三)【前編】 【2019年インタビュー】
第985回 ウィークポイントのある選手からチームの中心選手に成長!福重 圭誇(尚志館)【前編】 【2019年インタビュー】
第980回 「大人の打者」の意味を理解できるかが打撃開眼のカギ! 森口修矢(神村学園)【後編】 【2019年インタビュー】
浦和学院 【高校別データ】
樟南 【高校別データ】
練習試合(交流戦)・春 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る