2017年03月11日 日大三高グラウンド

日大三vs横浜

2017年 練習試合(交流試合)・春 交流戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

センバツ優勝候補・日大三、今季初の対外試合で横浜を破る

実戦初登板となった櫻井周斗(日大三)

 前日(3月10日)に行われたセンバツ高校野球の組み合わせ抽選会で、大会初日に日大三履正社と対戦することになった。優勝候補同士の激突に、「選手の目を色が変わりました」と日大三の小倉全由監督は言う。その日大三の今年最初の対外試合は、横浜を自校のグラウンドに招いての一戦になった。

 横浜センバツ出場こそ逃したものの、増田 珠万波 中正など、評判の強打者がいる強豪。甲子園で対戦しても注目の一戦になるカードとあって、観客や報道陣が多数詰めかけ、練習試合とは思えない雰囲気の中で試合が行われた。

 ほぼベストのメンバーで臨んだ第1試合は、1回表一死から横浜の2番・山崎 拳登がライトオーバーの二塁打で出塁すると、日大三の先発・櫻井 周斗の暴投で三塁に進み、3番・増田の遊ゴロの間に生還した。

 日大三は3回裏、四球で出塁した9番の八木 達也が、1番・井上 大成、2番・大西 翔の連打で生還し同点に追いつく。
ところが4回表、横浜は万波が左前安打で出塁すると暴投2つで三塁に進み、5番・福永 奨の左翼への二塁打で勝ち越す。

 この日の櫻井は、今年初の実戦でやや力んだのか、ワンバウンドの投球が多かった。それでも横浜の増田は櫻井について、「スライダーのキレは良かったです。あれが決まれば打てないという印象がありました」と語る。

 櫻井は4回で降板し、中堅の守備についた。櫻井に対し、増田は2打席とも内野ゴロ、万波は三振と左前安打だった。

 一方横浜の先発・板川 佳矢は変化球のキレが良く好投していたが、やや荒れ気味で、球数が多かった。4回裏、日大三は、四球の5番・比留間 海斗が二盗し、6番・日置 航のレフトオーバーの二塁打で生還し同点。さらに四球と犠打で一死二、三塁とし、9番・八木の中前安打で2人が還り、逆転した。

【次のページ】 日大三vs横浜(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
ポテンシャル抜群の新成人・万波中正(横浜出身)が持つスラッガーとしての魅力 【ニュース - 高校野球関連】
2021年センバツ大会(第93回大会)の今後の日程と出場校候補一覧 【ニュース - 高校野球関連】
第1029回 高卒プロ入り7名は過去5年と比較しても最多。2020年の神奈川高校野球は人材面では大豊作だった【大会展望・総括コラム】
第157回 2018年U-15代表の現在地。野手陣もそれぞれ強豪チームの中心選手に成長【高校野球コラム】
第156回 2018年U-15代表の現在地。期待通りに成長した剛腕や予想以上の成長を見せた技巧派サイドなど多種多様!【高校野球コラム】
横浜隼人vs加藤学園vs国士舘【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
東海大菅生vs日大三【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
横浜隼人vs東京実vs滑川総合【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
日大三vs二松学舎大附【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
第1021回 【秋季東京大会準決勝展望】関東一vs東海大菅生の横綱対決と日大三と二松学舎の好左腕対決は激アツ!【大会展望・総括コラム】
日大三vs日大豊山【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
第150回 「打撃だけなら歴代No.1」佐倉シニア時代の恩師が語る横浜・度会隆輝【高校野球コラム】
第1104回 ドラフト6位でも大成の可能性を秘めた井上広輝(日大三-西武)。高卒プロは常に考えていた 【2020年インタビュー】
第1056回 神宮第二との別れ、そして球数制限という検証への想い 武井克時 東京都高校野球連盟理事長【前編】 【理事長インタビュー】
第1057回 高校時代は藤平・石川に隠れる存在だった北山比呂(日本体育大学)はいかにしてプロ注目右腕になったのか? 【2019年インタビュー】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第996回 「もう一度甲子園に」偉大な先輩の背中を見て学んできた韮澤雄也(花咲徳栄)【前編】 【2019年インタビュー】
日大三 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
練習試合(交流戦)・春 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

横浜横浜高校YOKOHAMA 1 2017.03.12
エースナンバー 背負っての登板期待しています。

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る