大砲競演、エース・竹田の力投で履正社、早実破り初優勝

優勝を決めて喜ぶ竹田祐(履正社)

 早稲田実業清宮 幸太郎履正社安田 尚憲。高校球界を代表する強打者が相まみえたこの試合、明治神宮大会の決勝戦では珍しく、両校ともブラスバンドが加勢して応援合戦を繰り広げ、関心の高さを物語っていた。

 この大会4試合目になる履正社の岡田 龍生監督は、エース・竹田 祐の完投は難しく、「竹田は6回から。とにかく何とか5回まで頑張ってくれれば」という思いで、背番号10の左腕・松井 百代を先発のマウンドに送れば、早稲田実業の和泉 実監督は、「うちの投手陣が抑えられるというイメージがなかった。中川は体調を崩して、体力がないという部分はありましたが、引っ張りたかった」という思いで、1年生エースの中川 広渡を先発のマウンドに送った。

 中川は1回表履正社を三者凡退で抑えた。その裏早稲田実業は、注目の清宮が低めの球をうまく打ち返すと、打球は右中間のスタンドに入る本塁打となり、早稲田実業が1点を先制する。

 しかし2回表履正社は二死二塁から、の大会当たっている驚異の7番打者・片山 悠の左前安打で同点に追いつく。

 さらに3回表には一死一、三塁で打席に入った注目の強打者・安田が、ライトスタンドに入る3ランを放ち、3点のリードを奪った。

 両チームの主砲が強烈な一発を放ち俄然盛り上がってきた決勝戦は、3回裏にまた大きく動く。

 この回先頭の1番野田 優人は、都大会から続く好調を維持して、ライト線への二塁打。2番西田 燎太の遊直を履正社西山 虎太郎が取り損ない無死一、三塁とし、3番清宮は力まず右前安打を放ち、1点を入れる。さらに4番野村 大樹がセンターフェンス直撃の二塁打を放って2人を迎え入れる。「真っ直ぐ待ちで、スライダーが甘いところに来ました」と、野村は語る。