清宮、野村の威力まざまざ。早実、福岡大大濠に打ち勝ち36年ぶりの決勝進出

野村大樹(早稲田実業)

 ともにエンジを基調としたユニホームを着るチームの対戦。福岡大大濠は、前日好投した三浦 銀二が、2日続けての登板。早稲田実業は2日前の試合で、体調不良により登板を回避した新エースの中川 広渡が先発した。

 中川は1、2回を三者凡退で切り抜ける無難な投球であったが、三浦は、初回から捕まる。
1回表、この試合は2番に入った西田 燎太がライト線への二塁打を放つと、3番清宮 幸太郎の四球に続き、4番野村 大樹が3ボール2ストライクと粘った末に中前安打を放ち、西田が生還して先取点を挙げた。

 3回表は一死後、打席に入った清宮は、ラインドライブのかかった不思議な回転をした打球が福岡大大濠の二塁手・斎藤 友哉を襲う。打球は斎藤のグラブを弾き、打球は右中間に転がる二塁打になる。「打ち損じた感じでしたが、打球が動いていたので、ラッキーという感じです」と清宮は語る。多少詰まってはいたが、それでも弾き返す清宮のパワーが生んだ二塁打であった。

 清宮の打球にスタンドがざわめく中、続く野村はレフトフェンス直撃の三塁打を放ち、清宮が生還。さらに野村も、5番に入った雪山 幹太の二ゴロの間に生還し、早稲田実業が3点をリードする。

 福岡大大濠の三浦は、前日のような球の伸びがない。「神宮球場のマウンドは硬いので、違う筋肉を使い、足が張っていました」と、福岡大大濠の八木 啓伸監督。アメリカ流に近く、硬い神宮球場のマウンドは、慣れないと苦労する選手が多い。

 早稲田実業は5回表は、1番野田 優人の内野安打、2番西田の左前安打、3番清宮の四球で無死満塁のチャンスを作るが、4番野村は三振。5番雪山は3ボール2ストライクのカウントからスクイズを敢行し、1点を追加している。「ノーアウト満塁で得点が入らないと、流れが行ってしまいますから」と早稲田実業の和泉 実監督は語る。