2016年10月27日 別大興産スタジアム(新大分球場)

東海大福岡vs熊本工

2016年秋の大会 第139回九州地区高等学校野球大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

投手戦

安田大将(東海大福岡)

 熊本工山口 翔(2年)と東海大福岡安田 大将(2年)。両エースによるシビれるような投手戦。制したのは安田だった。

 熊本工打線を6安打1失点(自責点0)に抑え、大きなガッツポーズを見せたサイドスロー。相手指揮官である安田健吾監督に、「安田投手のコントロールとテンポの良さにやられた」と言わしめた。

 安田のテンポの良さは、試合時間の短さからもわかる。準決勝は1時間38分。一つ前の試合である準々決勝も1時間51分だった。ストライク先行でポンポンと追い込む。このゲームでの四球はわずかに1個。それも、カウントが悪くなり、歩かせて次の打者で勝負という選択がしやすい状況だった。それを考えれば、無四球に等しい内容であった。「安田の好投に尽きる」と杉山繁俊監督もエースの快投を讃えた。

 攻撃では1番・有安 晟真(2年)の機転が功を奏した。1点を追う4回。それまでパーフェクトに抑えられていた熊本工・山口のリズムを崩そうと、セーフティバントを考える。「サードが下がっていた」と目をつけ、三塁前へ絶妙に転がしてヒットにした。杉山監督も、「サインではなく、本人の判断」と褒める主将の決断。ここから打線が繋がり、ワンチャンスをものにして逆転に成功。これが決勝点となった。

 3試合連続の逆転勝ちで1984年以来の秋の九州決勝進出。今年から校名を東海大五から東海大福岡に変更し、「新しい名前を全国に広めたい」と選手も意気込む。その舞台となる、明治神宮大会出場まであと1つに迫った。

 一方、敗れた熊本工の山口も6安打2失点と好投。準々決勝で10四死球を与えたように、球が荒れるという短所がこのゲームでは見られず、9回を無四球。本人も、「九州大会にきて、やっと思ったようなピッチングができた」と敗戦の悔しさ以上に大きな手ごたえを得た一戦となった。「冬の課題はコントロール。それに自分は握力が弱いので、鍛えていきたい」と来年への成長を誓った山口。140キロ台後半の直球を持つだけに、コントロールが向上すれば、今後が非常に楽しみになる。そう感じさせてくれた、見事なピッチングだった。

注目記事
・2016年秋季大会特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
阪神淡路大震災から24年、当時の選抜で活躍したスター選手たちを振り返る 【ニュース - その他】
熊本国府と熊本西が決勝進出!【九州地区高等学校野球熊本大会・7日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第90回 秀岳館旋風から新たな構図も出来て伝統の熊本工に九州学院、文徳も【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第719回 明日開幕!本命不在の熊本大会を制するのはどこだ?【大会展望】【大会展望・総括コラム】
第87回 高いレベルで新旧の勢力が入り乱れ、群雄割拠状態が続く【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第8回 バランス良い勢力構図の福岡、南北共に実績校が並ぶ【2代表制大会展望】【100回記念大会特集】
第535回 【熊本展望】今年はタレント揃いの熊本県!激戦の熊本を制するのは?【大会展望・総括コラム】
第553回 中日ドラゴンズ 荒木 雅博選手(熊本工出身)「理想となるグラブの作り方」【前編】 【2017年インタビュー】
慶應義塾vs熊本工【2017年 練習試合(交流試合)・春】
大阪桐蔭vs東海大福岡【第89回選抜高等学校野球大会】
東海大福岡vs早稲田実業【第89回選抜高等学校野球大会】
東海大福岡vs神戸国際大附【第89回選抜高等学校野球大会】
智辯学園vs熊本工【第89回選抜高等学校野球大会】
第511回 熊本工業高等学校 山口 翔選手「フォームと速球のこだわりは誰にも負けない」 【2017年インタビュー】
第401回 中日ドラゴンズ 荒木 雅博選手【後編】「練習では緊張して、試合では気楽に小技を決めよう」 【2016年インタビュー】
第400回 中日ドラゴンズ 荒木 雅博選手【前編】「バント成功の秘訣は『間』と『コース』」 【2016年インタビュー】
第230回 中日ドラゴンズ 荒木 雅博選手 【2014年インタビュー】
熊本工 【高校別データ】
東海大福岡 【高校別データ】
第139回九州地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (6)

東海大福岡長かった春が来たこうちゃん 2016.10.27
甲子園一緒に行きます。
東海大福岡福岡(旧第五)高校 選抜甲子園枠確実、本当におめでとうございますleftytoto 2016.10.27
小生、第三高校OBの大学福岡教養部出身で、敷地内に隣接していた第五高校にとても親近感がありました。福岡高校と言うより、第五高校と未だ言ってしまいます。かなり昔のことですが、選抜初出場時、初戦の対戦相手が奈良広陵高校だったと思うが?終盤まで大差の劣勢状況から一イニング確か6連続?ヒットで大逆転をして勝利した鮮烈な記憶があります。また相模高校監督から故郷福岡に戻った三池工高OBの歴代監督穴見監督や相模OBの杉山監督、本当におめでとうございます。福岡高校の甲子園での更なるご活躍を期待します。
東海大福岡決勝進出名無し 2016.10.27
おめでとう!東海ナイン
東海大福岡東海大福岡は秋の九州地区大会では32年ぶりとなる決勝進出おめでとうカメ大王 2016.10.27
東海大福岡の皆様は、秋の九州地区大会では、32年ぶりとなる決勝進出誠におめでとうございます!!☆☆
またセンバツ圏内進出誠に、おめでとうございます!!☆☆
さて、東海大福岡の今秋の九州地区大会の決勝の対戦相手は、福岡大大濠VS秀岳館(熊本1位)の勝者ですね
ひとまず中国地区にて、今秋の九州地区大会の決勝の対戦相手が、決まることを楽しみにしています
東海福岡サイドの皆様は、引き続きになると思いますが、公式戦における勝利を目指して頑張って下さい
東海大福岡高校野球名無し 2016.10.27
頑張れ!東海大福岡!
熊本工高校野球名無し 2016.10.26
熊本工業高校頑張れ〜相手は東海大福岡高校だけど頑張れば勝てるよ〜

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る