2016年10月30日 静岡県草薙総合運動場硬式野球場 (静岡草薙球場)

静岡vs至学館

2016年秋の大会 第69回秋季東海地区高等学校野球大会 決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

2年ぶりの東海制覇

バッテリーが抱き合う

 12安打と打線が好調の静岡が2年ぶりの東海大会優勝を果たした。
「選手が落ち着いてプレーしてくれた。逞しく成長していると思う」と讃えた栗林 俊輔監督。地元の草薙球場開催で成し遂げた東海制覇に、選手たちもマウンドで輪になって喜んだ。

 2回に至学館の守りのミスで先制した静岡。4回にも相手のフィルダースチョイスで追加点を挙げると、1番・大石 哲平(2年)と2番・村松 開人(2年)の連続タイムリーでリードを広げた。

 先発は、今大会初登板の背番号10・竹内 奎人(2年)。「能力の高い投手。出番が少なかったが、どこかで使いたいと思っていた」と決勝のマウンドを託した。その竹内は1回に一死から四球を与え、すぐにエースの池谷 蒼大(2年)が準備するなど立ち上がりの不安をのぞかせたが、至学館の3番・鎌倉 裕人(2年)をダブルプレーに打ち取り、大きなガッツポーズを見せた。結局6回までノーヒットピッチング。7回に初安打を浴びた後にピンチを背負い、エースの池谷にマウンドを譲ったが、指揮官の期待に応えるナイスピッチングだった。「ノーヒットだったのは気づいていたが、意識しないようにして投げました。バックが守ってくれたおかげです」と喜んだ竹内。9回の守りではベンチの最前列でメガホンを持ち、チームメートを盛り上げるムードメーカーぶりを見せていた。

 後を引き継いだエース・池谷はワイルドピッチで1点を失うが、今大会3試合を完投してきた自信を胸に至学館打線を1安打に抑えた。「竹内が良いピッチングをしていた。でも、正直最後のマウンドには自分が立ちたい気持ちがありました」とはにかんだ池谷。高校入学後に疲労性の腰痛を発症し、投げられない時期が長かったが、「自分達の代になったときに投げられるようになれば良いと監督から言われてました」と我慢して、今秋に初のベンチ入りを掴んだ。

 池谷、竹内の二枚看板になりつつある静岡。「2年前のチームでできなかった神宮大会1勝」と選手たちは次の目標を話す。その神宮大会では初戦で東京大会優勝校(11月3日決勝)と対戦することが決まっている。日大三早稲田実業はともに強打者が多いチーム。「どちらが来ても対戦が楽しみ」と池谷は神宮のマウンドに胸を躍らせていた。

 一方、準優勝に終わった至学館。麻王 義之監督は、「左投手(池谷)がくると思って準備した。私の読み違いだった」。打線を左投手用に組み替えたが、静岡は右の竹内を立ててきた。結果的には戦略が失敗した形だ。
ただ、12安打浴びながら、タイムリーは3本だけ。守りのミスがなければ、もう少し失点を少なくできた展開で、川口 龍一(2年)と新美 涼介(2年)の二枚看板は良く投げた印象だ。

 準決勝の中京大中京戦では2点をリードされた9回二死走者なしから逆転サヨナラ勝ち。さらに愛知大会では愛工大名電東邦、享栄の3校をいずれもサヨナラ勝ちで破っている。いわゆる『愛知私学4強を』全てサヨナラで破った粘り強さが持ち味。来年、どんなチームに成長しているかが楽しみである。

注目記事
・2016年秋季大会特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
市立校とは思えない充実ぶり!市立沼津に迫る! 【ニュース - コラム】
第18回 初動負荷など充実の施設、メソッド揃う市立校・市立沼津【冬が僕らを強くする2021】
新鋭・JPアセット証券の採用選手から見えた傾向とは 【ニュース - 高校野球関連】
第1032回 3強は藤枝明誠・加藤学園・常葉菊川か 東海地区の2021年高校野球を占う!【静岡編】【大会展望・総括コラム】
第1031回 昭和の名門・県岐阜商の復権。東海地区の2021年高校野球を占う【岐阜、三重編】【大会展望・総括コラム】
第1026回 中京大中京の強さが新チームでも光る!この夏愛知で存在感を発揮したチームは?【後編】【大会展望・総括コラム】
第160回 中京大中京が連覇を成し遂げた「群雄割拠」東海地区の3大ニュースを振り返る【高校野球コラム】
中京大中京vs至学館【愛知県 2020年秋の大会 第73回愛知県高校野球選手権大会】
至学館vs成章【愛知県 2020年秋の大会 第73回愛知県高校野球選手権大会】
三島南vs静岡【静岡県 2020年秋の大会 秋季東海地区高校野球静岡県大会】
至学館vs愛工大名電【愛知県 2020年 夏季愛知県高等学校野球大会】
東海大静岡翔洋vs科学技術【静岡県 2020年夏の大会 夏季静岡県高校野球大会】
第955回 「アイツがいれば勝てる」と仲間から思ってもらえるような投手に!山田紘太郎(西尾東)【前編】 【2019年インタビュー】
第862回 東海地区屈指のスラッガー・石川昂弥(東邦)が目指すのは「甲子園」と「世界」での活躍! 【2019年インタビュー】
第426回 県立静岡高等学校  鈴木将平選手 「18選手の中で最も名を上げるかもしれない逸材」  【2016年インタビュー】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
至学館 【高校別データ】
静岡 【高校別データ】
第69回秋季東海地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る