2016年10月22日 清水庵原球場

至学館vs菰野

2016年秋の大会 第69回秋季東海地区高等学校野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

強烈な先制攻撃、至学館「思惑以上の出来」で快勝

初回に得点を重ねて笑顔の至学館

 この秋の東海地区大会としては、1回戦の中では一番の好カードかと思われた。ところが、思わぬ展開の試合となってしまった。

 至学館は初回、一死から藤原 連太郎君が四球で出ると、この日は「一番シュアな鎌倉に最初の回に打席に入ってほしい」という麻王 義之監督の思いもあって、県大会の4番から3番に入っていた鎌倉君が鋭い打球で左中間を破る三塁打で先制。さらに、4番井口君がスクイズを決めて2対0。手堅く得点をしたのだが、この後が凄まじかった。

 続く三浦君が右前打すると、吉見君の打球は遊撃と二塁手の間にふらふらと上がっていき、どちらも躊躇する形となって落球。結果、二死二三塁となる。ここで7番木村君はライナーで左中間を破り2者を迎え入れる。さらに、四球後、藤原 大介君が三遊間を破り、1番に戻ると定塚君も左前打して2点を追加する。続く藤原 連太郎君も三塁前バント安打とし、送球の間に好走した藤原大介君が生還して、この回だけで驚きの7点目が入ってしまった。この間、20分近くを要した。
やっと攻撃に入れた菰野だったが、その裏の攻撃がわずか3分。

 至学館は2回にも先頭の4番井口君が安打で出る。盗塁失敗で走者がなくなっても、三浦君がライナーで左翼手頭上を破る二塁打で出塁し、二死から木村君が失策で出ると、これこそが持ち味と、策を練っていたというディレードダブルスチールを仕掛けて、これがものの見事に成功して8点目。さらに、川口君のバント安打も決まり9点となった。まだ2回なのだが、この段階で思わぬ大差がついてしまった。

 その後は、菰野の村上君もすっかり立直って、本来の力のある投球が蘇ってきて、ここまでの試合とは全く違う展開になっていった。左腕からの力強い投球で、176cm78kgという体格から、力のある重そうなストレートが、力強く捕手の元山君のミットを叩いていた。こうなると、さすがに至学館打線も初回や2回のようにはいかない。3~6回までは1安打のみだった。さらに、7回は左翼手からリリーフした岡林君が3人で抑えていただけに、あまりにも序盤の失点が大きかった。

【次のページ】 至学館vs菰野(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
竜の未来背負うドラ1根尾&石川 【ニュース - 高校野球関連】
中日紅白戦は根尾、石川、石垣とワクワクする若手逸材が続々登場! 【ニュース - 高校野球関連】
第1026回 中京大中京の強さが新チームでも光る!この夏愛知で存在感を発揮したチームは?【後編】【大会展望・総括コラム】
第1025回 中京大中京が公式戦無敗で終わった愛知の2020年を総括【前編】【大会展望・総括コラム】
中京大中京vs至学館【愛知県 2020年秋の大会 第73回愛知県高校野球選手権大会】
至学館vs成章【愛知県 2020年秋の大会 第73回愛知県高校野球選手権大会】
至学館vs愛工大名電【愛知県 2020年 夏季愛知県高等学校野球大会】
第1010回 夏季愛知県大会展望 抜けて強い中京大中京に対して至学館、享栄、愛工大名電などがどこまで抵抗するか【大会展望・総括コラム】
第6回 愛知県注目の公立高校!愛知私学4強にも負けない魅力があった!【愛知の高校野球】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第1048回 コントロール重視の投球フォームが生んだ「153キロ」。 岡林勇希(菰野)【後編】 【2019年インタビュー】
第1048回 探究心豊かな速球派右腕・岡林勇希(菰野)。153キロを投げるのは必然だった【前編】 【2019年インタビュー】
安城南vs至学館【愛知県 2019年秋の大会 第72回愛知県高校野球選手権大会】
桜丘vs至学館【愛知県 2019年夏の大会 第101回選手権愛知大会】
第955回 「アイツがいれば勝てる」と仲間から思ってもらえるような投手に!山田紘太郎(西尾東)【前編】 【2019年インタビュー】
第631回 田中 法彦(菰野2年・投手)「心・技・体」備えた、世代NO1投手へ 【2017年インタビュー】
第299回 オリックス・バファローズ 西 勇輝投手 「『ミスターコントロール』の細やかな気配り」 【2015年インタビュー】
菰野 【高校別データ】
至学館 【高校別データ】
第69回秋季東海地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る