2016年10月22日 清水庵原球場

藤枝明誠vs美濃加茂

2016年秋の大会 第69回秋季東海地区高等学校野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

藤枝明誠、野手がしっかりと守って悲願の東海大会初勝利

藤枝明誠・久保田君

 今大会に17年ぶり7度目の東海大会出場を果たした美濃加茂、今年は春季大会にも出場を果たしている。高橋陽一監督としても、東海大会での実績も作っていきたいところであろう。一方は静岡県大会準優勝で、2年連続2度目の秋季東海大会進出となった藤枝明誠。「去年は、出るだけの東海大会でしたが、今年は勝つことを意識して臨みたい」と、静岡県大会準決勝を勝って出場を決めた際に、光岡 孝監督はそう言っていた。その思いは選手たちにももちろん伝わっている。
そんな両校の対戦、秋晴の好天に恵まれた清水庵原球場での試合となった。

 藤枝明誠の久保田君は右サイドで身体を逆「く」の字のように折ってから、スイっと投げ込んでくる。スライダーにチェンジアップなどを使い分けながらの、緩急が持ち味とも言えよう。これに対して美濃加茂の池戸君は、左腕から力強く投げ込んでくる。スピードもあるが、やや制球に不安がある。

 美濃加茂はその心配がいきなり初回に出てしまった。藤枝明誠は先頭打者の常盤君を四球で出すとバントで送るなどで二死二塁とすると、4番清水君が右前打して走者を帰して先制点を奪う。さらに、藤枝明誠は5回にも、1番からの好打順を生かす。

 この回先頭の常盤君が中前打で出ると、初回と同様に松村君がバントできっちり進める。3番中田君は右前打して一三塁とすると、ここで清水君が右前打して三塁走者を帰す。さらに、一死一三塁となり、高田君の内野ゴロの間に、この回2点目が入った。これで試合の主導権は、藤枝明誠が握った形になった。

 しかし、美濃加茂もそのままではなかった。

【次のページ】 藤枝明誠vs美濃加茂(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
【静岡】プロ注投手擁する静岡の初戦は?2地区で春の組み合わせが決定 【ニュース - 高校野球関連】
【選手名鑑】190センチ右腕や甲子園経験捕手など!静岡にいる逸材11名をピックアップ! 【ニュース - 高校野球関連】
第1032回 3強は藤枝明誠・加藤学園・常葉菊川か 東海地区の2021年高校野球を占う!【静岡編】【大会展望・総括コラム】
第1020回 今年の東海大会は中京大中京、県岐阜商、藤枝明誠が中心か?各校、戦力が充実【大会展望・総括コラム】
藤枝明誠vs常葉大橘【静岡県 2020年秋の大会 秋季東海地区高校野球静岡県大会】
聖隷クリストファーvs藤枝明誠【静岡県 2020年夏の大会 夏季静岡県高校野球大会】
第1007回 加藤学園に追いつけ、追い越せ!好投手・高田琢登擁する静岡商ら、躍進の期待がかかる注目校【春季静岡県大会 展望】【大会展望・総括コラム】
第3回 記念すべき年となった2019年愛知の高校野球!1年を総括する漢字は『誉』しかない!【愛知の高校野球】
第989回 【秋季静岡県大会】藤枝明誠や加藤学園などフレッシュな顔ぶれの来春以降の成長に注目!【大会展望・総括コラム】
中京大中京vs藤枝明誠【2019年秋の大会 第72回秋季東海地区高等学校野球大会】
藤枝明誠vs加藤学園【静岡県 2019年秋の大会 秋季東海地区高校野球静岡県大会】
第714回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)高校通算46発の多くは逆方向「逆方向本塁打の極意」【前編】 【2018年インタビュー】
津田学園vs藤枝明誠【第99回全国高等学校野球選手権大会】
藤枝明誠 【高校別データ】
美濃加茂 【高校別データ】
第69回秋季東海地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る